悠仁さまの「極秘・誕生資料」 雅子さまから「国家的マタハラ」は本当だった


秋篠宮家へのバッシング

コロナ禍が落ち着きを見せる中で、皇室にもかつての活気が戻ってきた。さる10月28日、天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻は、鎮座百年祭を迎えた明治神宮を参拝された。皇族方が一堂に会するのは、今年一月の新年祝賀・一般参賀以来となった。美智子さまは大型マスクにサングラス姿という驚くべき姿で前に現われ、国民の度肝を抜いた。

美しすぎる美智子さま。

そしていよいよ御代替わりの最後を飾る“立皇嗣の礼”が11月8日に迫っている。だがネット上の世論は芳しくなく、本サイトの読者の多くも、秋篠宮家に対して疑問を抱いていることだろう。秋篠宮殿下ご本人のみならず、紀子さまや眞子さま佳子さまへの批判が激しいが、さすがにまだ中学生の悠仁さまを苛烈にバッシングするには至っていない。

「未成年をむやみに批判しない」という人として最低限の節度を保っている状況には筆者も取りあえずはほっとしている。しかしネット上では悠仁さまについて「試験管ベイビー」「産み分け」など状況証拠に基づく「噂」が流布していることも事実だ。前回の記事でこれの「噂」を科学的に否定しようとしたが、うまいかなかった。ですが「噂」は「噂」にすぎない。小室圭さんが握るとされる「悠仁さまの秘密を録音したテープ」というのも、『週刊文春』2019年6月27日号などが騒いでいるだけのものだ。

今回は14年前に悠仁さまがご誕生したときの極秘ともいえる感動物語を振り返ってみたいと思う。

悠仁さまのご誕生を振り返ろう

まず、サイト読者が悠仁さま誕生時の以下のような思い出を聞かせてくれた。

「本当にうれしかったですね、40年ぶり(※正しくは約41年ぶり)の男性皇族の誕生でしたから。当時はロボット工学の専門家が座長を務める有識者会議が、『女系容認』という皇統の断絶が目されていたときでしたので、紀子さまのご懐妊に『神の意思』を見た気がしたものです」(サイト読者、30代女性)

確かに、皇位が男系で繋がれてきたのが日本の皇室の過去であり、女系天皇は皇統の断絶に他ならない。それが「土壇場で継がれた!」という「安心感」は非常に多くの人々に共通する感動だったことだろう。

「私にとって、2006年当時の悠仁さまご誕生は皇統を救ってくださる希望の星として映りました。

動物を見て可愛らしく微笑む悠仁さま、 ブータン王子と並んで交流される悠仁さま、 宮内庁の文化祭に出品される悠仁さま、田んぼの写真をお撮りになる悠仁さま…

すくすく成長される悠仁さまの姿を見るたびに、ああ、これで皇室は安泰だな、日本は大丈夫だ。ぜったい大丈夫!…と思いを新たにするんですよ」(サイト読者、30代女性)

皇室のメンバーに若い男の子がいらっしゃる、両陛下に可愛い甥がいるということは、いわゆる「愛子天皇派」の人達にとっても嬉しいことであろう。

敬宮さまにとっても悠仁さまは、可愛らしい年下の従兄弟である。可愛い従兄弟の成長は、敬宮さまにとってもまるで実の弟のように喜ばしいはずだ。

紀子さまに対するバッシング…

さて、いわゆる「愛子天皇派」は、悠仁さまのご誕生を「兄一家である天皇皇后両陛下を秋篠宮が出し抜いた」と捉えるが、少し違った認識をする人もいる。

「実は、秋篠宮家は平成の一桁台には、実は壮絶なバッシングを受けていたんですよ」

そう語るのは、皇室ジャーナリストのI氏だ。

「秋篠宮は兄である陛下に先んじて結婚され、お子様を二人も先にお持ちになりました。第二子を妊娠された当時、紀子さまは周囲から『皇太子夫妻に子供がいないのに、もう第二子を作るのか』と批判されたのです。

佳子さま誕生後、『皇太子殿下がまだだから、もう二人も生まれたことだし、遠慮しよう』と12年間もずっと遠慮されてきたのが秋篠宮両殿下なのです。それを悠仁さまの出生で『出し抜いた』だなんて…本当に酷いデマだと思います」( 皇室ジャーナリストI氏、以下同)

確かに、I氏の言う通り、悠仁さまご懐妊時には週刊誌がこのように報道している。

1994年12月29日、第2子で次女の佳子内親王が誕生したとき、「(いまだに子女が誕生していなかった)兄宮・徳仁親王および同妃雅子に遠慮すべき」とのバッシングや批判があり、秋篠宮ご夫妻は以降は長らく子供をもうけなかった。

『週刊文春』2006年2月23日号:内容抜粋

兄の皇太子(現天皇陛下)に遠慮し続けて、12年…

遠慮に遠慮が重なって、気が付いたらいつしか「皇統の危機」が叫ばれるようになっていた。

「佳子さま誕生が1994年で悠仁さま誕生が2006年です。この12年間、出産適齢期の28歳から39歳までずっと遠慮され続けてきたのが紀子さまと秋篠宮さまなのですよ…

その12年間は、皇太子殿下と雅子さま(現・両陛下)には『子ども産めプレッシャー』がかかり、秋篠宮殿下には『子ども産むなプレッシャー』がかかっていた。

つまり、国家的マタハラが行われていた期間だったのです。考えてみてください、12年間というのは、3人くらい子供が生まれていてもおかしくない期間でしょう?『出し抜いた』…だなんて笑止千万!むしろ、『雅子さまさえいなければ全く問題なかった。秋篠宮ご夫妻が遠慮さえしなければ…』と歯がゆく思う方も多いでしょう」

紀子さまに対する壮絶な国家的マタハラ

なるほど、確かに、この期間に秋篠宮さまが『遠慮』さえしなければ…紀子さまに男のお子様が何人か生まれて、悠仁さまにお兄様が何人かいた可能性も大きい。

つまり、悠仁さまはただの分家の分家であった可能性もあるのだ…

I氏はこう言って話を終えた。

「雅子さまのご存在に配慮した結果、紀子さまに対する12年間に及ぶ国家的マタハラの末に、『このままでは皇室が終わってしまう』と、(当時の)天皇陛下と上皇陛下の了承を得て、ようやくお生まれになったのが悠仁さまなのですよ。悠仁さまの健やかな成長を見守ること、これが令和の国民の義務ではないでしょうか」

国民一同、悠仁さまの健やかな成長を見守りたい。

26件のコメント

雅子さまから「国家的マタハラ」って・・・・・・。
雅子さまから直接マタハラをされた訳では無いでしょう!
まぎらわしいタイトルつけるんじゃない!

269
1

明治神宮のあの姿は本当にインパクトあったわぁ・・・
頭の中に蛆虫が湧いているとしか思えなかった・・・

139

悠仁さまの姉夫婦の小室家が何不自由なく暮らせるようにするのもまた国民の義務なンだわ。

14
109

>青山オークレジデンス一棟借り上げ、1か月の家賃70部屋で約8500万円、秋篠宮家の年間歳費に匹敵する額

国民の義務、ありがたいことなンだわ。

12
59

知性と教養に欠ける義母さまではダメなので、俺がヒサくんの帝王学の先生になるンだわ。
国民の皆さんもそれを望んでいるはずなンだわ。

7
52

皇配殿下と呼んでもらってかまわないンだわ
献上品があれば遠慮しなくていいンだわ

5
68

会計検査と、DNA鑑定して、透明性のある、皇室にしないと、皇室は要らない負債をいつまで我慢するのか?ネットで暴露され、高級生活保護者、国民から、ますます批判を浴びる事、わからないのか、不思議?政府と宮内庁長官が悪い。

139
1

 天皇、皇族が賢く人徳者なら、宮内庁や政府もちゃんと応対してますって‼️

60
5

 宮本タケロウさんは、悠仁さんの出生は噂でしかないとおっしゃるのですね? でしたら、あなたの記事は全て噂でしかないと明記すべきですね。

 私は、この記事に関してはある程度納得できます。 
 秋篠宮家も跡継ぎが欲しかったでしょう。キコさんも若いうちに産みたかったでしょう。
 しかし、秋篠宮夫婦が天皇夫妻当に忖度し、出産を控えたとは思えません。
 上皇夫妻が天皇夫妻に忖度し、秋篠宮夫妻にも忖度させたのではないかと思います。
 なぜなら、プレッシャーを与えることなく今上天皇夫妻に男児をもうけてもらい、つつがなく皇統を存続し、国政にも影響を及ぼしたくなかったのではないかとも考えられます。
 今上天皇夫婦に男児がいないだけで、国民はこの騒ぎ。 天皇家は国民の家とは次元が違うのです。
 以前、菊のカーテンに寄せられたコメントに「天皇制=世襲血統主義の本質」とありました。
 雅子さんにプレッシャーがかかったのも皇室に嫁いだからでしょう。
 雅子さまは、29才で嫁がれたのでは? 若くはないから外交よりも早く跡継ぎをとせかされるのは当然とも言えます。 それぐらい覚悟の上で嫁がれたでしょう。 
 夫婦のどちらが繁殖能力が低いか、そんなこと決して記事にはならないでしょう。 私は、雅子さまがとてもお気のどくに思えます。

106
1

> (しかし、秋篠宮夫婦が天皇夫妻当に忖度し、出産を控えたとは思えません。)
 【上皇夫妻が天皇夫妻に忖度し、秋篠宮夫妻にも忖度させたのではないかと思います。】

現代では忖度で生々しい産児制限をさせるなどいう愚かな事はもう無いと思います。それに、上皇夫妻からそんな事言われたら人権侵害と川島家が騒がないはずはありません。

  キコさんは成婚時から『アタシが産む、アタシが男の子を‼︎』と 『”もの凄い勢い”だったんだから!(普段は上品な言い回しをされる東大系医師 談)』

だったということですから、
独身皇太子さま、ご成婚なさった雅子様夫婦などに遠慮などしたハズは絶対にありません。遠慮なさる方々なら、後にいくら事情が変わったとしても、後の皇位簒奪の【内診台でおパンツ履く前に国会リーク】あの確定もしない時期に発表するワケもありませんし、”イシシしてやったり!”顔も出ないはずです。佳子さん出産直後の『いったいどうしたら男子が生まれるんでしょうねぇ(第二子”まで”女で 残念である)/ ((こんなんなら産まなきゃ良かった))』発言もあり得たハズないですし。

眞子佳子のあと、不仲で産まなかった間、
雅子様はありとあらゆる、不妊にさせようというのか!というほどの嫌がらせや過労公務に、めげずに前向きに努力していらっしゃいましたが、

その間夫とも愛情薄く眞子佳子にも愛情を注いだような幸せげな写真が一枚もない紀子さん、
“ものすごい勢い”で、いったいどんな妨害工作をしたりしていたんだろう、とあのご成婚の日の蛇のように雅子様を睨みつける目つきを考えただけでもほんといに思いやられます。

あぁ、一つにはお茶会などイジメ役さんの手下としてのご活躍でしたかね。あのご出自で、旦那の宮の愛情が冷めても離婚されないのは凄いかも。あ、あの時代には、【敬◯様流産祈願スレ】をはじめ、沢山の世論操作に慈愛?のご活動が活発でしたから、子分は気に入られた嫁だったのでしょうね。あとは蓄財かな。

秋篠宮に第三子が生まれた頃は、ちょうど産み分けの専門家がタイにいて、そちらで技術が安定してきた頃、との話を聞いておりますよ。

マサコさまはマタコの別名のとおり、種さえよければたくさん産めそうだったのに残念なンだっぱ

3
74

タケロウ へ

それよりも行方不明になった悠仁さんの『出生時のカルテ』はその後どうなったの?其方をお調べ下さい!

59

昭和電工の件は?
自分で調べるって書いたんだから調べてるんだよね?
口から出まかせならタケロウの書く記事に価値はない

56

 誰がどんなに庇おうと隠しおおせない事実、秋篠宮家のズル!悠仁のズル入学とズルのパクリ作文は庇いようもない!日本の恥!こんな一家に皇統を移すウ!!世界から馬鹿にされるのは日本人全体です!「皇族なんだから何をしても認められて当然」と親から教え込まれた娘と息子の情けなさ!人を見る目も持たず出来損ない見栄っ張りのズル男と結婚した娘に今もこっそり多額の税を投入し、できの悪い息子にズル入学させるこの一家!15歳にもなってズルはいけないという事も理解できない悠仁が将来の天皇なんて酷すぎる!平成に皇位につながる3者の会談を提案し、秋篠を兄と対等と思い上がらせた美智子前の責任は重いのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。