小室圭さん “アメリカの母”立川珠里亜のもとへ逃亡 反皇室イデオローグに洗脳される眞子さまと佳子さま


文/木下聡

小室圭さん“アメリカの母”の元へ逃避行

今年5月に米フォーダム大学ロースクールを卒業した小室圭さん。これまで小室圭さんは、フォーダム大学の学生寮にて生活していたが、卒業後は、学生寮から退寮となった。

とはいえ、ニューヨークは滞在費が高く、ワンルームの家賃ですら月20万円を超えるため、現在仕事をしておらず、卒業後に日本の法律事務所からの金銭支援も打ち切られた小室圭さんがニューヨークにとどまることは難しい。

そうした事情もあり、小室圭さんは、宮内庁ですらもその所在が把握できない、ほとんど行方不明のような状況となっていた。

そのような中で、「週刊女性PRIME」(2021年7月9日配信)は、小室圭さんが、”アメリカの母”を自称する立川珠里亜氏のもとに身を寄せているのではないかと報じた。

「小室さんには“アメリカの母”といえる70代の日本人女性がいるのです。その方は小室さんと同じ『国際基督教大学(ICU)』のOG。日本語と英語と中国語を自在に操るトリリンガルで、以前からアメリカを拠点に活躍する国際弁護士のTさんです。

 Tさんはもともと、カリフォルニア州のロサンゼルスに事務所を構えていましたが、現在はマサチューセッツ州のボストンに移られたようです。

 ロースクールを卒業した小室さんは、高額の滞在費用がかさむニューヨークではなく、Tさんのいるボストンで住まいや食事などもろもろをお世話になっているのではないかと言われています」(外務省関係者)

「週刊女性PRIME」(2021年7月9日配信)

小室圭さんは、10月結婚を目指すために、6月中に日本に帰国するのではないかとも報じられていたが、多くの国民から注目を浴びずにひっそりとNY州司法試験を受験するためにも、立川珠里亜氏のもとに身をひそめるのがベストであると判断したということだろう。

立川珠里亜氏に影響受ける眞子さま

小室圭さんは、立川珠里亜氏を大変尊敬しているという。

国際弁護士として活躍するTさんを間近で見た小室さんは、深い感銘を受けて“国際弁護士になりたい”という夢を抱いたのです。

 Tさんに全幅の信頼を置く小室さんは、新卒で入行した銀行を早々に退行した後、都内にある『奥野総合法律事務所』にパラリーガルとして就職しましたが、実はTさんの紹介があったから。Tさんは眞子さまにもお会いしたことがあるほど、関係性は深いのです。

 落ちるわけにはいかない司法試験を前に、アメリカの第一線で活躍する敏腕弁護士のTさんによるサポートは“最高の追い風”になると思います」(小室さんの知人)

(同前)

しかし、この小室圭さんが心酔し、眞子さまと直接会ったこともあるという立川珠里亜氏は、皇室や皇族に対する敬意をほとんど持っていないようだ。2018年に配信された「女性自身」の記事には、次のようにある。

小室さんの“恩人”とも言える立川氏。11月30日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、電話取材に答えている。いまも小室さんからの連絡はあるのかと聞かれると「もちろんありますよ」と話す立川氏。さらに、小室さんの行動をこう評価する。

「本人はすごく優秀な人ですよ。彼は、彼女のために立派に弁護士になろうと思っているし、いい法学部に入って、頑張って勉強していると思います。人様に何も言われないように、立派に彼女を迎え入れようとしているんじゃないですか?」

しかし、秋篠宮さまが求めているのは弁護士資格の取得ではなく、“借金トラブル”への誠実な対応。しかも立川氏は内親王である眞子さまを何度も“彼女”と呼んでいた。日本の皇室の事情を十分に理解しているのだろうか。

「女性自身」(2018年12月5日配信)

なんと、立川氏は眞子さまのことを、事もなげに”彼女”と呼ぶのである。「女性自身」の記事では、こうしたことは「皇室に対する無知」故であると書かれているが、また別の見方をする者もいる。ある皇室ジャーナリストは次のように語る。

「立川珠里亜さんは、貴族や階級のない自由と公平を重んじるアメリカで長年弁護士を続けている方ですからね。自由を制限された特権階級である日本の皇室に対しては、無知というよりも敵意を抱いていると言った方が正確でしょう。

どうやら、小室圭さんに紹介され眞子さまと会った際にも、皇室の不合理性を強調し、”一人の人間である以上、身分にかかわらず、自分の好きな人と好きなように生きていくべきだ”といった話をされたようで、それに対して、眞子さまもいたく感動されていたそうですよ。

これまで、眞子さまが多くの人々から批判を受けても決して小室圭さんとの結婚を諦めなかったのは、小室圭さんへの愛ゆえでもあるのですが、同時に、このような”人は自由に生きるべきだ”という立川珠里亜さんの言葉に励まされたという面も強いようです」(皇室ジャーナリスト)

反皇室イデオローグによる洗脳

また、このように、立川珠里亜氏から、影響を受けている皇族は眞子さまだけではない、実は、妹の佳子さまも大きな影響を受けているようだ。先の皇室ジャーナリストは次のように続ける。

「佳子さまは、ICUを卒業された際に、文書にて、眞子さまの結婚に関して、”姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています””今回の件を通して、情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています”と語りメディア批判、大衆批判を展開しています。

果たして、佳子さまが直接、立川さんとお会いされたのかは分かりませんが、”皇族も一人の人間だ”という、反皇室イデオロギーの影響を受けていることは間違いないでしょう(前出の皇室ジャーナリスト)

仮に、今後、小室圭さんが眞子さまと結婚すれば、お二人を通じて、立川珠里亜氏の影響が皇室に及ぶ可能性は高い。

反皇室イデオローグである立川氏が、皇室に対してどのような影響を与えるかは分からないが、秋篠宮家はまたしても厄介な問題を抱えることとなりそうだ。

9件のコメント

木下聡様
ずっと 過去記事の再掲載には 何らかの圧力や忖度があるのでしょうか?

今、コムロシは帰国していて、今日は秋篠家との面会日ですよね。
タイムリーで無いどころか、ずれてませんか❓️ 意図的にずらしてる⁉️

コムロシは フォーダム大学の卒業名簿から名前が消えた❔ コムロシの就職先に提出した経歴に詐称がある❔ まこサマの渡米ビザは収得可能か❔

この辺りの詳細を記事にしてほしい。

107

中国では一人っ子政策により男子と女子のバランスがすごく悪い(男子が大幅に多いと聞きました。)それで中国男性は日本女性と結婚したがっているそうです。

反皇室イデオローグである立川氏が、皇室に対してどのような影響を与えるか?
考えさせらる内容の記事です。

66

反皇室イデオローグのの持ち主である立川珠里亜氏を尊敬するなら
小室圭も眞子も決して将来の天皇の義理兄等としての恩恵にあずかろう等という考えは持たず

生涯 アメリカで暮らし、日本には帰って来るな! と言いたい。

しかし小室のタカリ体質は消えるものでは無いので
現在も既にアメリカで立川氏の援助を受けて生活しているのだから、
これから先も誰かにタカって生きて行くのだろう事は安易に想像が付く最低な男に変わりは無い!

121

今は立川ジュリア氏からサポートはないと思うが・・・
日系人会からのサポートを受けているという話しが多々載っていた。
タカリ体質は変わらないね。それで生活してしまうだろうから。

あれ?L.S社から経歴書の虚偽で社長が解雇宣告したそうだという話しはどうなった?
この話しが飛んでいて、結婚話が進んでいるってなんか変。
一つ一つあら探し状態になってる?まあいいけど。
眞子様の病気が酷くならないことを祈ってます。

62

人をみる時は、その人の言葉ではなく、その人の行動を見るべし。
恩人に対して借金踏み倒し、勤めは続かず、アナウンサーや銀行マンの次は弁護士目指す。
学費や生活費はどこから。
もう30才。
まだ社会人やってません。
卒業名簿から名前が消えたのも納得。
支えてくれた人にまたお金返さないんじゃ?
変わらんなー。

92

コムケイは誠実で優秀なサラリーマンは無理だけど、ホスト的能力で眞子を虜にして更に特技の録音等で皇族A家の何かを握り支配出来た能力は秀でている。(一般人から見ると悪人だよね?)

おまけに人質の娘可愛さに親元の国民税金ATMは永遠にたれ流され、結婚大成功で笑いが止まらない。
これであとは男児出産に成功すれば野心、野望の達成なのだろう。
KKのような無職、資産無しとの名家の結婚はあまり無いと思うが、元名家や大富豪との政略結婚 等は歴史上でよくあることと思う。
昔はネット等もないし、力の有る者がやりたい放題だったんだなぁ。

50

小室圭は、男性ウケはゼロだが、
ホスト能力だけはあるようだ。
この場合、若さだけが武器となり、老いた男性となれば、誰も相手にしなくなるだろう。

37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。