小室佳代さんインタビューで大ウソ発覚「私はアダルトチルドレン」発言の衝撃


小室佳代さんの大噓

二年ほど前には周りの人たちに『さようなら』と別れを告げて、いなくなろうとしていたんです。中には『ちょっと待ちなさい! 悔しくないの⁉』と励ましてくださる方もいました。でも『一生このまま状況が変わらないなら、もういいかな』って考えるようになってしまって」  

「週刊文春WOMAN」(2021年夏号)

先月6月に「週刊文春WOMAN」が小室佳代さんへの独占インタビューの記事を掲載したが、どうやら、この小室佳代さんの発言のほとんどは、周囲の客観的な視点からは嘘だらけだったようだ。

「週刊文春WOMANが掲載したインタビュー記事ですが、小室佳代さんの主張だけが一方的に書かれ、あたかも小室佳代さんが多くの国民から不当な非難を受ける被害者であるかのような世論誘導のような記事でした。

小室佳代さんが過去に過ごした日々があたかも美談のように書き立てられ、ネット上では、“紀子さまが小室家の印象を少しでも良くするために文春に圧力をかけたのでは?“などという噂が立てられるほどに偏向した内容でしたね」(皇室ジャーナリスト)

このように偏向した内容となった小室佳代さんのインタビュー記事だが、小室佳代さんの知人からすると、偏向というより、「真っ赤な嘘だらけ」というのが実際のようだ。

「週刊女性」(2021年7月27日号)は、小室家の行きつけだった飲食店のオーナーに行ったインタビューを掲載している。

小室佳代さんは、先の「文春WOMAN」のインタビューの中で、

「息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました」

「“マザコン”“教育ママ”だなんて書かれたりもしましたよね。五十年生きてきて、初めて言われました。どこかの記事には私が“うちの息子はバイオリンの天才です”と吹聴していたなんて書かれていましたけど、あの子、全然下手ですからね(笑)」

と答えているが、「週刊女性」のインタビューに答えた飲食店オーナーは、こうした発言には、強い違和感を覚える、として、次のように語っている。

「いやいや、圭くんは佳代さんの“言いなり”でしたよ」(中略)

「お店に来ると、佳代さんが旦那さんと圭くんの食べ物や飲み物のメニューを全部勝手に決めちゃうんです。圭くんはもちろん、旦那さんも何も言わない。というか、旦那さんの声を聞いたことがないと思うほど、佳代さんが主導権を握っている家族でした。」(中略)

「バイオリン教室の先生から“圭が天才だとほめられた”と佳代さんは舞い上がっていましたよ。典型的な“親バカ”に見えました。そのときは、うちのホールケーキを買って先生のところに持って行ったはずでしたが……」(同・飲食店オーナー)

「週刊女性」(2021年7月27日号)

なぜ小室佳代さんは、嘘をつくのか

なぜ小室佳代さんは、こんなバレバレな嘘をいくつもつくのか?先の皇室ジャーナリストは次のように語る。

「考えられる可能性としては二つですね。一つは、結婚が実現されるかどうかの瀬戸際ともいえるこのタイミングでこうしたインタビュー記事を文春WOMANに掲載させることで、少しでも小室圭さんのイメージアップを図ろうとしたか。

あるいは、別の可能性としては、単純に小室佳代さんの一種の虚言癖が、このインタビューの中で出てしまったということも考えられます。

どうも、小室佳代さんは、口から出まかせを喋っては、いつの間にか、自分でついた嘘を自分自身で真に受けてしまうという、厄介な癖があるようなのです。

もしかしたら、最初は小室圭さんのイメージアップを目的に嘘をついていたのが、いつの間にか、自分自身がその嘘を信じてしまい、どんどんヒートアップしていったという可能性もあります」(前出の皇室ジャーナリスト)

数少ない本心

とはいえ、こうした嘘だらけのインタビューの中にも、少しは、本心も含まれていたようだ。小室佳代さんは、眞子さまのことを“同じ女性として大尊敬しています”と述べているが、この点に関しては率直な本心なのではないかと小室佳代さんの知人の一人は語っている。

眞子さまのことを“同じ女性として大尊敬しています”という発言は、佳代さんが自立した女性に憧れているからだと思いました。

 というのも、ご自身で“私はアダルトチルドレンだから”とお話ししていたことがあったからです。意見を周囲にしっかり伝えることのできる、自分にないものを持っている方に尊敬の念を抱いているのだと思います」(佳代さんの知人・Cさん)

「週刊女性」(2021年7月27日号)

嘘だらけの小室佳代さんインタビューだか、こうした眞子さまへの敬意だけは本物であると信じたい。

3件のコメント

尊敬する「自立した女性」を義理の娘として迎えることが出来たことで、佳代さんの妄想は果てしなく膨らんでしまうのではなかろうか?それに伴い国税浪費も果てしなく。。。

>小室佳代さんの主張だけが一方的に書かれ、あたかも小室佳代さんが多くの国民から不当な非難を受ける被害者であるかのような世論誘導

>小室佳代さんは、口から出まかせを喋っては、いつの間にか、自分でついた嘘を自分自身で真に受けてしまうという、厄介な癖があるよう

>自分自身がその嘘を信じてしまい、どんどんヒートアップしていった

一方的な眞子さんの結婚会見の汚言葉を思い出した。
「謂れの無い物語で苦しめられた(謂れのない美談を自分達で作り上げた❗️)」

「国民からの誹謗中傷で複雑性PTSDになった」
この発表をしたNTT病院の秋山剛医師は結婚発表当日(10月1日)に、日本人初の国際精神病理学会の会長になった。
複雑性PTSDは短期間の誹謗中傷で起こるものではないと他の精神科医が反論すると、中学生の頃から「税金泥棒と言われてきた」事に原因が┅と変わった。

それでも、留学先の英国にコムロ圭を呼んで蜜月を過ごしたり、6000万円婚前旅行に行ったり、入籍後 複雑性PTSDではパスポートが取れないはずが 3ヵ月間だけ調査無しになってパスポートが取れたり┅。

「コムロさんは皇室利用していません」⁉️
「コムロさんと私は、生きていくための必要な選択は『皇室利用』です」に聞こえた❗️

結局、秋篠家もコムロ母子も悪事を生業とする同じ仲間なんだよね。

その秋篠家やコムロ母子、コムロ夫妻を断固護る宮内庁や秋信者も❗️

「国民からの誹謗中傷で複雑性PTSDになった」

この発表をしたNTT病院の秋山剛医師は結婚発表当日(10月1日)に、日本人初の国際精神病理学会の会長になった。
複雑性PTSDは短期間の誹謗中傷で起こるものではないと他の精神科医が反論すると、

中学生の頃から「税金泥棒と言われてきた」事に原因が┅と変わった。

≫すごい力ですね。
 この力を佳代さんも使いたかつたんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です