情報統制への布石?「情報発信の在り方を考えていきたい」秋篠宮邸改修費増に側近幹部が所感 宮内庁長官の説明受け


秋篠宮さまのお住まいの改修工事の経緯などについて、宮内庁長官が今月22日説明したことを受け、ご夫妻の側近幹部が24日の定例会見で「色々な情報発信をしていくべきだと改めて感じた」と述べた。

これは、宮内庁長官が22日の定例会見で、およそ30億円をかけて去年改修が終了した「秋篠宮邸」について、「工事の経緯が十分に伝わっていなかった」と述べたもの。工事の大半が公的スペースであったことやコロナ禍の影響で改修費が結果的に高額になり、「少しでも工事費を抑えたい」というご夫妻の意向に添えず「宮内庁として大変心苦しく感じている」と説明していた。

秋篠宮さまの誕生日を来週11月30日に控えての発言で、これを受けご一家の側近トップの加地隆治・皇嗣職大夫は24日の定例会見で、ご夫妻には「特に感想は伺っていない」とした上で「色々な情報発信をしていくべきだと改めて感じた」「これまでの色々な経験を踏まえつつ情報発信の在り方を考えていきたい」と述べた。

フジテレビ,社会部

情報発信の在り方ではなく皇族としての在り方だと思う。

正確でタイムリーな発信、、弟宮さまがお誕生日会見で仰ってましたね。けれど、そもそも、その正確でタイムリーな意味が弟宮さまと一国民とでは隔たりがあるのだと思います。弟宮様ご一家のその時思い立ったことを正確に。

その都度、タイムリーに、そのまま単に思いついたことを発表されても、そこの前後に整合性がなければ正確ではないのです。ある時は屋根にはお金をかけてもチタンに。違う時には節約をしております。ある時にはもっと便利に建物間に渡り廊下を。

違うときには節約を心配だ。周囲の人間ではなくて、ご自分たちで一度はじめから振り返る作業をなさった方がよろしいと思います。

元々皇族の邸宅は「国の施設」、代がかわればそこに誰が住むかわからない。現仙洞御所が老朽化していれば、現秋篠宮邸が「東宮御所」となる。場合によっては愛子様が皇太子となって住む可能性だってある。

秋篠宮邸改修費用に30数億円掛かっていますが、それでも改修工事費を抑える為に秋篠宮ご夫妻の意向で佳子さまの私室を作らなかったとは云え、現実に佳子さまは10億円もの豪邸に一人暮らしをされており、敢えて佳子さまの私室を設けなかったことは真逆に余計な経費が掛かっており“本末転倒“ではなかったのかと思います。

更に秋篠宮邸と佳子さまの専用通路敷設に2億円もの予算が計上されていることには驚くと共に唖然と致します。いくら秋篠宮家が皇嗣家であってもあまりにも税金の無駄遣いではないかと思います。

3件のコメント

>「少しでも工事費を抑えたい」というご夫妻の意向に添えず「宮内庁として大変心苦しく感じている」

「もっと金を❗️」「イタリア製の大理石をふんだんに使って❗️」
改修工事現場にヘルメットを被ったキコサマが指示したという記事を読みました。

「経費節約の為に、いずれ嫁に行く娘の部屋は用意しなかった」
新築ではなく改修工事。元々あった宮邸を 広く豪華に改修したんですよね。
そこには、家族5人で住んでいたのだから、娘2人の部屋はあったはず。
用意しなかった…というより、あった部屋を潰したということでしょうか⁉️

以前より広くなった秋篠邸には、3人で住んでいます。
これのどこが工事費を抑える事に繋がるのでしょうか⁉️

で、御仮寓所は、佳子宮邸に。まだ建築して5年も経たないのに、次々と改修工事予算が計上され、専用入口、各部屋佳子仕様に。
それに、本邸に行くための50mに通路を創り、その費用2億円❗️
10m4000万円、かなりの豪邸が建つ❗️

事務所にするはずの御仮寓所が、事務所として使えなくなったからと、仮事務所を建て、新しく事務所棟を5億円ほど掛けて造るのて、仮に建てた事務所は4700万円掛けて解体処分❗️

アレもコレもソレも、加地大夫・西村長官が「秋篠宮様、ごめんなさい」で済ませる事なんだろうか⁉️

いただき女子◯◯ちやんっていたけど
これではまるで、税金いただき秋篠宮家。

10

旧東宮御所が建築されたのは1960年、前天皇とその妃が新築で入居。
旧秩父宮邸が建築されたのは1972年。

今回秋篠宮邸の大改修の理由に築50年経ったことを挙げていますが、今上陛下が皇太子時代に旧東宮御所を大改修した年は2008年と東宮御所建築から48年経った時で、今の秋篠宮家の事情と殆ど変わリません。

それどころか、私邸部分は、宮邸の中でも一番新しい。
それなのに改修費用は陛下の時の5倍以上に膨らんでいます。
広さや設備の違いは多少あれど矢張これは異常なことだと思いますよ。

テレ東Bizの発表では、当初は 本邸と赤坂東邸(宮家共有邸のはずでした)と御仮寓所を繋ぐ邸宅を建て、今の皇居より広い豪華な御殿にする予定だったそうです。
その計画は、バレて取り止めになったそうですが、結局 赤坂東邸は秋篠家専有邸にしています。

改修工事の目的は、古くなったから皇嗣家として相応しくという事でしたが、その割に 旧秩父宮邸だった部分は畳さえそのまま。
もちろん、宮邸なので一般住宅と違って高級素材で創られているはずだし、メンテナンスだって出来得る限りわ尽くしているはず。

平成時代より、毎年改修工事が行われていて、2人の姉妹の為の教育棟、長男の為の療育棟の建築費は含まれていません…というか、建設された事さえ隠蔽しています。
たしか、どちらも、プレハブ工式(一般的な木造住宅より強度がある本格的な建築)で7800~9800万円だと聞いています。

東京のど真ん中、しかも緑に囲まれた一等地でありながら、土地代は必要ないのに、一坪当り建築費は250万円以上。異常❗️
帝国ホテルでも、坪単価はそれほど掛けていません。

どこの業者が請け負ったのか…も明らかにすべきだし、プライベートな部分でもある程度は公開すべきではないでしょうか⁉️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です