紀子さま「博士論文」、専門家が「ウィキペディアレベル」と辛口評価!


文/宮本タケロウ

紀子さまの博士論文

かつて、紀子さまの博士論文を検証する記事を2本執筆したことがある。

その記事では「’’名誉博士号’’ではなく、’’論文博士’’をあえて取りに行ったのは、『学歴コンプレックス』ではないか?」という研究者の声を紹介したが、今回は心理学の視点から論文の中身をアカデミックに批評してみたい。

東京都郊外にある私立大学で臨床心理学を専門に教える心理学者A氏に話を伺った。

よくまとまった’’ウィキペディア’’…

「なんの論文ですか、これは…?」(心理学者A氏、以下同)

開口一番、心理学者のA氏が述べたのは’’否定’’の2文字だった。

ーある人が書いた心理学の博士論文なのですが…?

「博士…論文… 博論の中間発表をまとめたような出来ですね。『一応、言われた通りにやりました』的な論文に見えます。正直なところ模範解答的な文章であまり面白くありません。私が指導教授なら一度突き返して『あなたは何を新しく発見したのですか?』と問います。

もちろん、まとめ方は教科書通りというか、普通の出来ですよ。ただ、博士論文には’’学術的価値’’や’’社会的な意義’’が求められます。心理学のような臨床の学問ではなおさらです。一言でいうと、この論文は’’上手くまとまったウィキペディア’’でしょうか(笑) 正直なところ誰でも書けるというか、教科書通りでつまらない。体裁は博士論文に値するかもしれませんが、内容はハッキリ言って修士論文レベルでしょう」

修士論文…とは手厳しい意見だ。筆者は専門は心理学ではないが、形としてはそこそこのものだと思っていたが、専門家がみると内容は「薄い」らしい。

「薄いですね…はい…薄い…仮に私のゼミ生がこの内容の論文を出して来たら、博士号は通さないと思います。課程博士だったらまだ分かりますが、論文博士は純粋に’’論文の出来’’だけで判断しますので、これではムリです」

専門家が言うには「博士号は出さない」らしい…あまりの酷評にさすがの私も開いた口が塞がらなくなってしまった。

「紀子さま」の名を聞き、怯える心理学者

しかし、ここで私はあることに気づいた。この心理学者A氏に対して、論文の執筆者が誰かと言うことを伝えていなかったのである。

ー先生、あの…実を言うと、これは紀子さまが書いた論文なのですが…

論文をめくる心理学者の手が止まった。

「キコさま…って、何のキコさま?」

私は静かな声ではっきりとかみしめるように伝えた。

ー秋篠宮さまのお妃の紀子さまです。

すると、心理学者は明らかに動揺しているそぶりを見せ 「んーっと、一回簡単に読んだだけなので、少し厳しめに言いすぎたかもれません。あまり気にしないでください」とブツブツ言い訳染みた話をし始めた。そして、こう言う。

「今日、ゆっくり読んでみますので、明日お話しましょう。あらためて電話をください。ま、私は何でも’’否定’’から入るんですよ…(笑) それでゼミ生からも嫌われているんですよねー アハハハ(笑)」

手の平を返す心理学者A氏

仕方ないので論文のコピーを渡し、翌日になって心理学者A氏に改めて電話をした。話を内容はこのようなものだった。

「いやぁ、宮本さん、しっかり読みましたよぉ。なかなか繊細できっちりした論文でしたねー」

繊細」というのは昨日話した「薄い」を言い換えたのだろうか…?あの「修士論文レベル」という酷評は何だったのだろう。

「えーっと、昨日のことは忘れてください(笑)。私は何でも否定から入るタイプですし、よく考えたら’’結核予防’’という健康心理学ではマイナーな領域を1000人以上のアンケートで探っている、学術的な意義が高い内容でした」

ーでは、博士論文レベルということですね?

「もちろんです!昨日は『教科書通りでつまらない』と言ってしまいましたが、やはり’’博士論文’’にはそれなりの教科書的な作法が求められます。

その点、この論文は素晴らしい!ウチの学生にも模範的な論文だとして配ろうと思っているくらいですから(笑)。いやぁ、さすが紀子さまだナァ…!」

ー分かりました。どうもありがとうございます。

A氏に手渡した論文のコピーは後で郵送してもらうことにして、私は早々と電話を切った。

’’忖度’’は一歩間違えれば逆にアカハラ

こんな明け透けな「手のひら返し」を読者の皆様はどう思うだろうか。こんな人物が指導教授になってしまっては、学生も大変だ。一歩間違えればただの’’アカハラ’’だろう。

日本の知性の底の浅さを垣間見た気がした取材だった。

15件のコメント

どうした、タケロウ

秋篠宮家への忖度記事書くのやめたんか?
秋家お取り潰しの情報でも掴んだ?

149

キコさん見栄を張らないでも良いでしょう。
出さなければ、それで済んだ事では。

あなたに一番必要なのは、優しい母として、子供達に対する態度と、優しい思いやりが必要だったのでしょう。

宮妃としての目立ちたさと、見栄っ張りで、家庭崩壊だったのでしょう、だからこんな娘が出来て、国民から非難され、皇籍離脱せよとまで言われる、それもこれも、キコさんあなたがしてきた事。

130

大学が心理学なのに博士論文は結核のアンケートとは、畑違いね。ブンジンも大学は経済なのに博士は理系って2人とも自分でしてないよね。悠仁の切り絵や信号機、昔の家の工作と同じくみんな他人にやらせて自分のだと嘘捏造する。いやな人達。きこが描いたとしている鶏の絵も他人が描いたよね。皇族はなにしても逮捕されないのなら国民も同じ事して「国民の象徴となる皇族がしているから見本にして我々がして何が悪い?」と色々悪さする人だらけになるよ。

116
1

思慮が浅いから、複雑性PTSDと被害者ぶった戦略で、
火に油を注いでる。
きっとミテコがアドバイスし、秋篠が職員に指示し、
それを発表しているだけ。

これまでの対応を見ていると、職員も表向きは慇懃にかしずきながら、
裏では舌を出していることがよく分かる。

上級国民になれるほどの知性の持ち主たちが、
これほど無様な対処をするわけがない。

秋篠負債のあまりの無能ぶりに、笑えるわ!

126

一般人にはおよそ考えられないレベルで憲法をも凌駕しあらゆる無理難題が日本の権威ある人々の忖度で叶えられてしまう。心理学博士号もよく審査もされないまま授与されてしまう。

お若い頃からなんちゃってノーパン心理学を多用した結果、愛するご令嬢のお気持ちを混乱させてしまう結果になったのでは?

87

入籍予定の10月26日は、
明治時代に伊藤博文が〇国人に暗殺された日だとか。

宮内庁職員はきっとご存じですよね。
でも何も言えないのですね。

3度目の投稿。今度は反映されるかな?

87

やっぱりそっちですよね。
キーコもそっちだし。
運命感じるわけですわ。
ヤバいと思うよ。
日本を揺るがすことに発展しそう。
よからぬ輩も集まるでしょうし。

芽は小さいうちに詰むもの。
なんとか警察動けないもんかね。

62

とうとう札束がもらえなくなったか?
その腹いせでイヤミを書き始めたか?
テノヒラ返しはお前もだ。

51

眞子さん持参金辞退で、佳与、圭に責められ、病気はより重くなり、ニューヨークへ行っても、圭は仕事で帰れない、また病気は重くなり、佳与が駆けつけ、より重体で、ジ・エンド。

竹田さん、宮家を離れた一般人は、皇室から金もらえませんよね。
金ズルから金が出ないと、佳与親子どうやって生活していくんでしょうね。
いよいよ暴露。

41

この一家の学歴は皇室特権を使用した偽学歴!この一家、みんな知的発達に障害があるのに、何が博士号?悠仁も同じ・・・
頭遅れているのにへんにプライドだけ高いというのか、ただ単に雅子様にライバル意識感じているのかもしれないけど、やることが本当に稚拙で自ら墓穴掘りまくり・・・・それでもわからず今度は悠を一流高校に入学させ後は東大??行動的な馬鹿ほど怖いものはない!を地でいってる
ちなみに川島爺さんの東大卒も怪しい、講師だったのがきこの結婚で急に教授になったけど、講師どころか用務員だったという話もある・・もちろん弟の舟もしかり・・
麻布大学から東大大学院で、いまは農大教授?皇室特権乱用、いい加減にしろ!
あ、小室の馬鹿もフォーダム卒業も疑わしい、弁護士試験もやばそうだからその前に急いでまこと結婚させようとしている?

57

政権交代し、皇室改革して、今までの、会計検査、血液検査クリアに、長期政権は腐敗し、平和ボケしないでほしい。特に若者達が、政治に目を向けてくれる事を願う。

44

こんな精神性低い輩を日本の象徴だなんてとんでもない。
秋家の皇籍離脱を求める。
その利にぶら下がってる関係者も一掃してほしい。

国民もバカではない。

皇室存続の道はそれしかないと思う。

42

暴力や性虐待による中学生からのPTSDの責任は取らずに、本人の意思尊重の形を取りつつ犯罪家庭の一員にさせようとしているように見える。
本気で反対なら、ヤフコメの青ポチバイトを雇う前に、カウンセラーや催眠療法、もっとまともなホストでも雇って目を覚まさせるだろう。
修士以上の心理学のエキスパートであっても、普段から手っ取り早い金と性での解決方法しかしてこなければ、それが通じない相手、娘の生死に関わる事や国民感情に対処できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。