なぜ紀子さまの「笑顔」は“作り物”に見えるのか? 担任教師、指導教授の「証言」から真相に迫る


秋篠宮殿下を支えた内助の功

新型コロナウイルスも収束傾向にあり、いよいよ10月か11月に立皇嗣の礼を控えた秋篠宮殿下。

必ずしも天皇に即位する前提で生まれたわけではなかった秋篠宮殿下だが、平成の時代に筆頭宮家として公務に専念され、兄である令和の天皇を弟宮として立派に支える姿勢を常に行動であらわされてきたことは周知のとおりだ。

そして、秋篠宮殿下の頑張りを支えたのがお妃の紀子さまであることは言うまでもない。

ハーバード卒の元外交官という皇后陛下のような華々しいキャリアではなかった紀子さまだが、そのお人柄と才能を証しする証言は枚挙にいとまがない。今回は紀子さまの学生時代を振り返り、少女時代からの紀子さまのお人柄を紹介したい。

これによって、ネットで囁かれる「希代の悪女説」の真偽も併せて明らかになるだろう。令和となり秋篠宮家にはかつてない向かい風が吹いている。だが思い出して欲しい。平成時代、多くの国民は「紀子さまの優しい微笑み」に癒されてきたではにか。どうして令和になったとたん「紀子さまも笑顔は作り物」とでも言わんばかりの論調になるのだろうか?

「紀子様は人柄も良く、頭脳明晰で、立派なご家族」

学習院初等科で小学4年生と5年生の紀子さまを担任した上野修示さんはこう語る。

日本のお嬢さんにはなかなか集団に打ちとけない子がいますが、紀子さんは外国で暮らしていたためか、たったひとりでクラスに入ってきて、すぐに打ち解けていました。かえって、クラスの子たちが紀子さんの奪い合いというか、お友達になりたがっていました。

(当時の週刊誌報道:上野修示)

さらに上野氏は、紀子さまは人柄も良く、頭脳明晰で、立派なご家族だったと証言する。

成績はオール5に近いものでした。どの科目も良くできる中で、特に作文が上手でしたね。作文ができると言うことは、頭がいい、本を読んでいる、この2点があげられると思います。人柄がよくあらわれた良い文章を書きました。(中略)

一番僕が感動したのは、紀子さん一家が海外へ行くことになった時。お父様がわざわざお礼とあいさつに初等科までお見えになったことです。転勤で非常に忙しい最中、そんなときに時間を割くのは大変なことです。立派なお父様であると、よく覚えています

(当時の週刊誌報道:上野修示)
(当時の週刊誌報道:上野修示)

そして、上野氏は「今回のご結婚については、いまにして思うと、紀子さんはうまれながらにしてそういう力を備えられていたのではないか、それを見抜いた礼宮さまは偉いと思います」と言葉を締める。

小学校の頃から紀子さまが優秀でしっかりした家庭で育ってきたことが分かるだろう。

篠沢秀夫も太鼓判「紀子さんなら大丈夫!」

また、学習院大学教授でフランス文学者の篠沢秀夫氏(瑞宝中綬章叙勲)はこう語る。

この結婚は初めからうまくいくようになっていたのかもしれません。(中略)

キャンパスでアウトいつもあのスマイルであいさつしまうね。紀子さんは今の若い人には珍しいとおっしゃいますが、あの3LDKのアパートには3万5千坪の庭が広がっているんですから。こんなに豊かな緑の中で生活されていれば、立ち居振る舞いが自然に穏やかになるのではないでしょうか。

(当時の週刊誌報道:篠沢秀夫)

豊かな自然の中であっても、3LDKのアパートで慎ましく、そして朗らかにお育ちになった紀子さまのお人柄がうかがえる。

(当時の週刊誌報道:篠沢秀夫)

そして、「そんな紀子さんなら大丈夫!」と篠沢秀夫氏は宮妃に相応しいと太鼓判を押す。

これからは紀子さんも皇族という定年なしの24時間勤務を成されるわけですが、きちんとした教育を受けていらっしゃる紀子さんなら大丈夫です。

(当時の週刊誌報道:篠沢秀夫)

いかがだろうか?

このような小学校時代と大学時代を身近で知る人物からの証言は重要である。

紀子さまの笑顔は国民を癒す

巷では、秋篠宮家は「ご難場」と報道されているが、上野氏や篠沢教授のこのような証言に接してみると、その「ご難場さ」は紀子さまや秋篠宮殿下の性格の問題では決してなく、むしろ、実質上の皇太子になったにも関わらず、人員配置が充実しない宮内庁の制度的な機能不全であると言えるだろう。

令和の御代になり、秋篠宮家への報道は厳しさを増している。

これは平成の御代に皇太子家へのバッシングが激しかったのと軌を一にする現象だ。きっと、人間はナンバー2の座にある人をナンバー1の威を借りて貶めたい欲求が本能的にあるのかもしれない、とふと思う。秋篠宮殿下や悠仁さまが即位されれば、その時には今の嵐がピタリと収まり、紀子さまの笑顔によって国民は再び癒されるようになるのだろう。「笑顔」が作り物のはずがないのだ。

とすると、秋篠宮バッシングという現象自体が秋篠宮の正統性を証明するものとなるだろう。激しい秋篠宮バッシングも、それが秋篠宮殿下の正統性の証であり、「天皇になるための試練だ」と言うのなら、仕方ないのかもしれない。

だが元宮内庁職員の小内誠一さんは次のようにも語る。

「秋篠宮家の評判が再び上がるようなことは本当に起こるでしょうか? 小室圭さんの一件は、秋篠宮ご夫妻の『威厳のなさ』を国民に知らしめました。もし眞子さまと小室さんが本当に結婚すれば、ご夫妻の『監督責任』を問う国民の声は一層強まるでしょう」(小内誠一さん)

14件のコメント

イモっぽい服を着た婚約会見のぶりっ子なお姿からわざとらしい、あざといと感じていました。

108
1

20代にもなって喪中にバカリボンして会見とか背筋も凍る場違いさですけどね。
ネチャネチャとまぁ二人とも気持ちの悪い喋り方!

篠沢教授曰く「今思うと美智子様と川嶋先生がよくお話しされていたんですよね。」

≫紀元前6世紀のペルシャ(現在のイラン)が起源でありイギリスのポロとは同源であると言われる大変珍しい「打毬」の観戦をしつつ、ミチコカワタツは何を語り合っていたのであろうか?

貴重な記事を掲載してくださり誠にありがとうございます。

過去の記事・投稿より
◀篠沢教授「川島の野郎、昔は女作って女房泣かせてたのに海外から戻ったらシレっとジェントルマンのふりしやがって!」

川嶋教授や紀子様の事を「大したことない」と言い放った篠沢教授は 奥さんひき逃げされて、犯人見つからず、急遽路線変更した▶

最今のコメントより
◀プーチンのやること、独裁的で脅迫的。平べったい顔に 意地悪そうなひきつった笑顔。
某ミヤ家のキーコ婢そっくり❗️

74
1

学習院の大変立派でかつ世間に棲む魔物の恐ろしさをご存じない先生方の目を欺く力を小学生時代からお持ちだったと言うことでしようか。

56
1

 誰に対してもそうだが評価、感想は、人それぞれの真実だろう。 しかし事実ではないかも知れない危うさを含んでいる。 上げる記事下げる記事があってもおかしくない。 むしろ上げっぱなし、下げっぱなしのほうに意図を感じる。

 秋篠宮の出自が問題になっているが、小内誠一さんはこの問題に対して記事を書いているのか?
 馬鹿馬鹿しくて書かないのか? それとも皇室に忖度して書かないのか? 知りたい。

27
3

秋篠宮家の皆さんに言いたい!自分たちがシロならば尚更、国民に証拠を提示すると共に説明責任を果たすべきでは?
あまりにもおかしな事が続くから国民は疑ってしまうのです。

28
2

「今回のご結婚については、いまにして思うと、紀子さんはうまれながらにしてそういう力を備えられていたのではないか、それを見抜いた礼宮さまは偉いと思います」
学習院初等科で小学4年生と5年生の紀子さまを担任した上野修示さん。

「この結婚は初めからうまくいくようになっていたのかもしれません。」
学習院大学フランス文学教授篠沢秀夫さん。

≫「爺さんころがし」と言う言葉が頭を過ぎってしまった

34

コムロシも自ら「年上が得意」と言っているように美智子を始めとした婆さんころがしの達人ですよね。

30
1

紀子さんの生まれた場所は静岡市内の、とある寂れた一角で、廃材を拾ってきては増築を繰り返したようなバラック住宅でした。信子さまが「納屋のような所」と形容されたほどにみすぼらしい家というか、家畜小屋のような生家。

川島家が結婚に際して公表した写真にも、そのバラックの前で、祖母に抱かれる紀子さんの写真がありました。

結婚が内定するや、マスコミ発表前に、お金がない按摩の祖父に代わって、なんと自衛隊がバラックの外装だけを見違えるようにリフォームしてくれた有名な話があります。

キコが、婚約内定した後、カワタツが大声で、 皆さん娘が皇室にお嫁に行きますから、ご寄付をお願いしま~す❗とか何とか ご近所に向けて叫んでいるのが、テレビ放送で流された時は、お爺様のバラック 玄関インタビュー同様驚きで、耳を疑い目が点になりました。

これは、当時の記事や投稿です。
いつの間に、素晴らしいお嬢様になったのでしょうか⁉️

不思議でたまりません。

42
1

婚約当初からA宮を狙ってたとか子供を堕ろしたとか不穏な噂が飛んでて、個人的には笑顔の裏の姿に疑いを持ってました。

33
1

ネットもない時代、関西の方でもそんな噂が聞こえてきました。
友達の叔父様が学習院にお勤めで、自分はその繋がりで聞いたのですが。
一般的に、取材されたなら表立ってネガティブなことは言えませんよね。
でもあのお顔を見れば、どんな方なのか伝わってきます。年齢を重ねれば重ねるほど、どれだけ取り繕っても内面が滲み出てきますもの。

雅子さまのように教養も品位もないからです。
「人品が卑しい」とはまさに紀子のような女を指す。
婚約会見のときの色目ときたら、ぞっとさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。