天皇ご一家に“中国資本”のホテルで「税金の乱用」か 保守派「秋篠宮さまこそ天皇に相応しい」


Contents

水間政憲氏「天皇陛下が中国資本の…」

立皇嗣の礼を明日に控えた11月7日、インターネット上に衝撃の動画が挙がっている。

近現代史研究家の水間政憲氏がやっている「水間条項TV 国益最前線」というYouTube動画である。

水間氏は動画の中で、「公より私を優先する皇太子殿下(現陛下)は天皇に相応しくない。秋篠宮殿下が相応しい」と主張し、その根拠の一つをこう述べるのである。

2007年(平成19年)以降、皇太子ご一家が「スキーバカンス」にご利用されている「ホテルグランフェニックス奥志賀」は中国資本のホテルです

天皇になっても中国企業のホテルに行くんですかね?

と。

YouTubeでこのような動画が出ているものだから、「天皇陛下は中国資本のホテルで税金を浪費している」という噂がインターネット上で絶えない。

噂に尾ひれがついて、「天皇皇后両陛下が中国資本のホテルをわざわざ選んで税金で豪遊している」という話にまで発展することもある。

皇室にまつわる様々なデマや噂を検証してきた筆者だが、今回は、この天皇陛下と雅子さまはわざわざ中国資本のホテルを選んで税金を浪費しているという話題を考察していきたい。

「グランフェニックス奥志賀」とは?

まず、グランフェニックス奥志賀とはどんな企業か。

グランフェニックス奥志賀はKAPPAやスキーウェアのphenixなどを手掛けるスポーツブランドの(株)フェニックスが1994年に開業したリゾートホテルである。

グランフェニックス奥志賀の親会社である(株)フェニックスは1953年に創業した日本企業で、バブル以降のスキーブームと相まって、94年にスキーリゾートホテル・グランフェニックス奥志賀を建設するまでに至ったが、2000年代になってスキーウェアなどの主力商品の低迷により業績が悪化。

2004年にオリックスが完全子会社化し、産業再生機構の支援を受けるものの、経営立て直しは不可能で、2008年になんとたった「1円」でオリックスから中国資本「中国動向有限公司」に売られて今に至っている。

((株)フェニックスの会社概要)

 

つまり、(株)フェニックスは2008年から中国企業であることは間違いない。

両陛下は中国資本のホテルに通っているのか?

しかし、「では両陛下は中国企業のホテルに毎年通っているのは本当ではないか…?」というと、そうではない。

実は、2004年、(株)フェニックスが中国資本に売られる4年も前に、グランフェニックス奥志賀は(株)フェニックスから独立しているのである。

2004年に(株)フェニックスを子会社化したオリックスは、グランフェニックス奥志賀をフェニックスの元社長である田島和彦氏が設立した(株)ズイカインターナショナルという会社に売ったのだ。

((株)ズイカインターナショナル会社概要)

 

つまり、田島和彦氏の経営となって3年後の2007年から現両陛下がグランフェニックス奥志賀に通い始めたということだ。

そして、グランフェニックス奥志賀を手放した(株)フェニックスが中国資本に売られたのが2008年で、今に至っている…

という流れだ。

図にするとこうなる。

グランフェニックス奥志賀を巡る関係史

 

これを見れば、冒頭にあげた水間政憲氏の主張は事実に即していないデマゴギーであることが、一目瞭然だ。

なお、倒産しかけの(株)フェニックスから田島和彦氏がグランフェニックス奥志賀を買い戻す経緯は、同ホテルのホームページを見れば事細かく載っているので、参考にしてほしい。

 フェニックスから完全に手を引いた後、まず始めたのはホテルグランフェニックス奥志賀を買い戻すための資金調達だった。

 グランフェニックスは、私たち家族に深い縁のある志賀高原に建てたもので、私にとっては思い入れがあるホテルだ。そもそもはスキー用品を扱う企業としてのCIの意味で建てたホテルだったが、その後も理想的なリゾートホテルをつくろうと心血を注いだ場所であり、なんとしても買い戻したいと動き始めたのだ…

ホテルグランフェニックス奥志賀ができるまで《田島和彦自伝》

田島和彦氏という一起業家が一流リゾートホテルに情熱を注いで作り上げる男一代記が載っている。

倒産しかけた会社から、旬の過ぎたスキーリゾートホテルを買い戻し、天皇陛下が泊まるホテルにまで成長させた、結果として中国企業から日本の一流高原リゾートを救った田島氏の努力と情熱には感服するほかないだろう。

「天皇陛下が中国資本のホテル…」を論破

さて、今回の記事にて、

「『天皇皇后両陛下が中国資本のホテルをわざわざ選んで税金で豪遊している』というのはまったく事実無根の恥ずかしいデマ」

ということが分かったと思う。

今後、読者諸賢にあっては、上記のデマに接した際、本記事のリンクを紹介して、両陛下への心ない中傷の是正に努めてもらいたい

2件のコメント

初めて読む記事びっくり。

近現代史研究家の水間政憲氏…この人物も、秋篠家・JKGの手先⁉️

新しく?どんどん秋シンジャーが増えていくのは何故❓️

一応 秋シンジャー著名人 お復習
#林義博 山階鳥類研究所元所長
家禽鳥類研究者 悠仁の蜻蛉研究裏支援

♯羽入佐和子(1948年生 お茶の水女子大学卒)
悠仁様を お茶の水大学附属幼稚園に受入れ、小中と進学させた。2021年には瑞宝重光章受章

♯佐々木泰子元附属小校長
羽入佐和子氏の後を継ぎ、ヒサくんを付属小に受け入れたもう1人の立役者。
2021年より お茶の水女子大学学長
祖父は代々木ゼミナール創始者
お茶の水女子大は、戸籍上の女子だけでなく、性自認上の女子(トランスジェンダー)も受け入れる事を決定した

♯森美樹夫氏2022年NY総領事長、礼宮の友人 小室夫妻を支援

♯関東学院大の君塚直隆教授(有識者会議)

♯清家篤、慶應義塾 一橋大の有識者会議、皇統問題の有識者会議を経て日本赤十字社の社長

♯ エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子(「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす)

♯倉山満、元木昌彦、八幡和郎、森暢平、朝日新聞(岩井克己・永井貴子、矢部万紀子、太田裕子、玉川弁護士)……

中でも 最近 連続して墓穴掘りの河西秀哉准教授。「お皿様」を「お皿婆様」に格上げし、明仁氏を「爺」と定着させた。
佳子さんにも然り。「皇族故に叩かれる」として、敬愛される皇族との違い(佳子さんの低俗さ)を知らしめた。

江森啓二に至っては、佳子さんの御仮寓所占拠は自立した女性だからとし、両親.弟とは親密だとの記事を書くが、以後のYahooNewsでは江森氏の記事は無かったかのように「不仲」を強調。江森説 撃沈⤵️。

14

秋篠宮邸改修工事が、滅茶苦茶高額になった事を「申し訳ない」って謝罪していました。
何に申し訳ない❓️ 殿下はアレヤコレヤと遠慮して質素にと願ってたのに、高額になって申し訳ないって⁉️

秋夫妻は「贅沢じゃ無いです」「私が悪いんです」という庇い様。

それって、おかしくないですか⁉️

最初に住んだ上皇の姉和子様(礼宮が結婚して住む所は?というタイミングで病死の不思議‼️)のお住まいから、改修工事スタート。
眞子佳子様用の2階建て教育棟・長男の為の療育棟…その後も令和の大改修までに 既に20数億円描けているのは 何故か ヒ ミ ツ。

令和初の秋の園遊会。11月2日に決定。
11月1日は、月初めの宮中祭祀。11月3日は文化の日で、文化勲章式典。天皇陛下のお忙しい中日に決める不思議。
しかも、敬宮さまの卒論締切日に合わせて。人気の高い敬宮さまがご出席出来ないのが分かっていての11月2日。
その上、天候不順の場合は園遊会中止だって❗️ 雨天なら、赤坂東邸や迎賓館を使うという気配りはしない 不思議。

秋篠家次女は、11月1日から10日までペルー遊行。「ペルー政府からの招待」という大義名分を立てるけど、実は日系人主催の「国交樹立150周年切手発売記念式典」

参加者60名は、日系人協会のメンバーだ、式典後は 次女より先に会場を出た…という 不思議。

訪問先は、日系人関連ばかり、高齢者施設 難聴児用特別支援学校、バックの壁のポスターの絵は チマチョゴリを着た女性でした。

後は観光。マチュ・ピチュでは「「おおっという感じがすごくします。何か こう すてきな空気を感じます」と稚拙な感想。
連日の実況放送のような報道で、園遊会の報道はほとんどありませんでした。

何の為の訪問❓️とヤフコメで批判が集まると、3週間後に 長い感想文発表。
これも 幾つもの報道機関。ウンザリ

宮内庁が、どれだけ秋篠家ファーストなのか、よく分かりました。

10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です