紀子さま“愕然” 悠仁さま「小室圭さんは素敵な人、皇室出禁とは何事か!」発言で波紋


眞子さまの結婚問題に大きな注目が寄せられる

眞子さまの「お気持ち」公表が波紋を呼んでいる。今月13日、長きにわたる沈黙を破り、眞子さまが小室圭さんとの結婚について現在のお気持ちを文書にて公表された。眞子さまは小室圭さんという存在を「幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在」とされ、「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択」と熱く語られた。一方で、多くの国民が関心を寄せ、解決を待っている小室家のトラブルについては、だんまりを決め込まれた。

「眞子さまの考える小室家の本質と、国民のそれの間には大きな違いがあるように思います。眞子さまにとって母の佳代さんは、女手一つで圭さんを育て上げた、豪快で愛情豊かな理想の母親として映っており、その途中で様々な人から支援を受けていたことは、美談となっているのかもしれません。小室母子の“母子密着”についても、強くたくましい義母と、それを支える母思いの愛情豊かな息子、素晴らしい家族像として映っているのでしょう。きっと義母の佳代さんのように、圭さんに大切にしてもらえる、そう信じていらっしゃるのかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

仲睦まじい母と息子。小室母子は眞子さまを幸せにできるのか?

しかし実際には、小室圭さんは問題が発覚してすぐ単身で米国に旅立ち、以後国民に「借金の件は解決済みです」との文書を公表して以降、ひたすら雲隠れを続けている。眞子さまを隠れ蓑にしながら、虎視眈々と自分の目的達成のみに動いている。これは、立派な皇室利用と言えるだろう。

「仮に、金銭トラブルが“返済”というきれいな形で解決したとしても、国民の溜飲が下がることは無いでしょう。今後もし小室さんが眞子さまと結婚され、“将来の天皇の義兄”、“準皇族”という立場となれば、ますますその動きは国民から見えづらくなります。小室母子は“皇室の親戚”という立場を謳い、様々な利益を享受するようになるでしょう。眞子さまはこの本質を理解されているのでしょうか」(同前)

紀子さま検討する小室圭“出禁”

このような懸念を受けて、秋篠宮ご夫妻は現在この件をどのようにお考えなのだろうか。秋篠宮家のオクに通じる関係者は次のように話す。

「両殿下共に、眞子さまと小室圭さんの“自由恋愛”を許容してきたことを悔やんでいらっしゃるようにお見受けします。眞子さまにも説得の限りを尽くされましたが、既に白旗を挙げられています。秋篠宮家の課題は今、“金銭トラブルの解決”を飛び越えて、どのように国民感情を静め、結婚を許してもらうかの模索に移っています。

紀子さまの最大のご目的は、悠仁さまを多くの国民から愛される親王に育て上げることです。いくら可愛い娘でも、悠仁さまの存在と天秤にかければ、どちらを優先するかは明白。多くの国民が、もし結婚するにしても、税金から捻出される婚姻一時金の辞退はあって然るべきと考えています。これを紀子さまも貴重な意見だとして検討されているようです。また、小室圭さんが悠仁さまと接近することを最も懸念されているご様子。黒田清子さんや守谷絢子さんなどのように、臣籍降嫁した女性皇族の夫も皇室の祝賀行事などに出席するのが通例ですが、小室夫妻には遠慮してもらうなどの方向性を模索されています」(秋篠宮家のオクに通じる関係者、以下同)

悠仁さまを守りながら国民感情をなだめ、結婚に納得してもらう―。この難題をクリアするために、紀子さまは小室圭さんに“皇室出禁”というご慈愛を下されようとしている。

悠仁さまと小室圭さんの熱い友情

ところが、紀子さまの最大のネックは、悠仁さまと小室圭さんの関係性であるという。

「眞子さまは、小室圭さんとの交際を始められた2011年頃、かなり初期から小室さんを赤坂御用地に出入りさせていました。皇族が外でデートを重ねるのはリスキーですから、秋篠宮ご夫妻もこれを快諾され、眞子さま、小室さんカップルが多忙なご夫妻に代わり、悠仁さまのシッター役として活躍していました。紀子さまは当時、小室圭さんに感謝すら寄せておられました」

まだ幼かった悠仁さまにとって、小室圭さんという存在は“優しくて面白い、頼りになるお兄ちゃん”だったという。

「悠仁さまは、皇族慣れしていないお茶の水に通われていたことから、当時はなかなか環境に馴染めず、仲の良い御学友を作るのに苦労されていました。そんな悠仁さまにとって小室圭さんは、いつも楽しい遊びを教えてくれて、優しく接してくれる親友のような存在だったのです。紀子さまは小室家の事が取り沙汰されて以降、悠仁さまに『小室圭さんを忘れなさい』と伝えてこられましたが、これに悠仁さまは強烈に反発されてきたそうです

先日、紀子さまが恐れていた事態が起きたという。

「悠仁さまが紀子さまに『お母様、圭くんを皇室出禁にするとは本当ですか?』とお尋ねになりました。紀子さまにとっては、ついにこの事を言われてしまったというご心境だったに違いありません。意を決したように、『悠仁、皇族とはそういうものです。邪魔モノを切り捨てる勇気も時には必要となるのです。圭お兄さんは、悠仁にとってそういう存在です。その事をどうか理解して欲しいの』とお伝えになりました」

ところが、紀子さまのあまりのお言葉に、悠仁さまも驚きと悲しみの表情を浮かべられたという。

『それならば僕は皇族などやめてしまいたい! 圭兄さんをいじめないで!』とおっしゃりました。紀子さまは悠仁さまに、人を思いやること、人との関係性を大事にすること、と教え、お育てになりました。その教育の成果として、悠仁さまが小室圭さんに助け舟を出されるとは皮肉なものです」

すでに悠仁さまと小室さんは固い友情で結ばれているようだ。この事実に、紀子さまも「今すぐ発狂したい!」という思いに違いない。

1件のコメント

>小室圭さんは問題が発覚してすぐ単身で米国に旅立ち、以後国民に「借金の件は解決済みです」との文書を公表して以降、ひたすら雲隠れを続けている。

秋篠家が金を出して、コムロ圭を留学させたんだよね。
「しばらく米国に雲隠れしておくれ」
「その間に、うまく誤魔化しておくから」
「あの件は黙っておいてくれ」

フォーダム大は、コムロ圭が入った年に寄附金が増えた。それも日本の三菱東京UFJからの寄附金。
篠原常一郎氏が調査してYouTubeで配信していた。

フォーダム大は、法学部を出た学生が行く所。しかも、コムロ圭が留学した時は既に入学願書申込み期限を過ぎてからの留学。

しかも。その上。それだけでなく……そういう異例特例ばかり。

コムロ母子に掴まれた秋篠家の秘密・JKGの悪行は、コムロ圭がNYにトンズラしてから、次々とバレてしまった。

秋篠家・JKGは、いろんな学者・ジャーナリスト・識者…を使って、捏造したニュースをどんどん出して、嘘がどんどん暴露されて、結局 世論は二分され、ヤフコメは炎上。

そうなると、今度は弾圧や報道規制が酷くなった。
それでも、秋篠家の子ども達のズル進学や不正は酷くなり、マコムロは結婚強行…
米国の領事館や外務省まで巻き込んで……

立皇嗣の礼も強行、伊勢神宮参拝も強行、皇嗣家改修工事も強行、、、

批判が強くなると、何故か秋信者が騒ぐ、秋篠家応援のジャーナリストがYahooNewsを出す、パワーゲームはパワーの有る者が始めパワーを出し尽くすまで続ける、それが今の異常事態❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です