眞子さん&圭さん「贅沢三昧」と海外から揶揄


英デイリー・メールによると、14日に現地のケネディ国際空港に到着した2人が向かった先は、マンハッタンの「ヘルズ・キッチン」とよばれる地区にある2017年築のマンションだ。公式サイトでは「LUXURY LIVING(ぜいたくな暮らし)」とうたわれており、全392戸の豪華物件。ヨガスタジオ、映写室、図書室、ビリヤードルームのほか、バーベキューができる屋上デッキもある。

ロビーには24時間体制でドアマンが配置されているといい、セキュリティー面の不安も、ある程度は解消されそう。ただ心配なのは、月55万円という家賃だ。当初は月80万円とも言われ、そこからは減額となったものの、1年で660万円が家賃として支出される計算。小室さんは来年2月のニューヨーク州弁護士試験に合格しなければ、年収600万円台のロークラーク(法務助手)として働くことになり「赤字」が濃厚。おしゃれ地区での新婚生活を満喫する一方で、貯金を切り崩さざるを得ない状況に見舞われそうだ。

スポニチ

法律事務所の同期は、みんな試験に合格し弁護士になっている。


その同期たちはこんな豪華マンションに住んでいるのだろうか?


入社早々長期のお休み、試験に落ちた、しかしマンションは豪華。
事務所でも浮きまくるだろうな。


そんな状況にも耐えられるメンタル、どうなっているのだろう。

>法律事務所の同期は、みんな試験に合格し弁護士になっている。
その同期たちはこんな豪華マンションに住んでいるのだろうか?

時たま 資産家の令嬢が御熱を上げて出来の良くない婿の面倒まで
嫁親が面倒みるのは聞いた事も有るし。

そのパターンなら 有り得る。

しかし 
M子さんは 資産家、財閥、大富豪の令嬢では
無いですよね?

なんか 勘違いされてますよね。

普通の人は、ロースクールの莫大な学費の返済、帰る暇もない程忙しいので高い近隣物件の家賃で、弁護士になっても数年は金回りに余裕はないでしょうね。
そもそもお金を使う暇もないので関係ないかもしれないけど。

アメリカでファストフードが発達したのは、食べる時間もなく、片手で摘まめるからだ。エリート層は日本人の比ではないくらい猛烈に働いてる。

日本でも外資系投資銀行、コンサルファームなんてそんなもんでしょう。日本人のメンタルでは長く働けるもんではない。

そもそも、何の為に物価が高くて治安も日本より悪いNYに住むのか?
単純に贅沢したいだけにしか見えないけどな。

弁護士の資格もなく、アメリカにゆかりがあるわけでもない。
しかも、贅沢の原資が日本国民の税金である事は明らか。

眞子さんは小室圭では無く私が頼んだと
堂々と言ってたが、なんか自分が偉いと勘違いしてないか?

皇室って天照大神の子孫で日本神道の祭祀だから尊敬しないといけないという建前なのに、基督教の大学出てアメリカ暮らし。意味が分からない。

これが許されるんじゃ、もう天皇制なんてやめたらいいよ。前提からおかしいもん。

月50万円×12ヶ月=年収600万円の書類整理係のKくんが、家賃が月55万円は明らかに背伸びし過ぎ。母親の借金400万円も留学時借金の1000万円も日々の生活費も眞子さん頼みなのかしら?

家賃、生活費、などなど、眞子さんの貯金から出るのでしょうね。


それは、べつに悪いことではありませんが、
貯金が底をついたときに、
ロイヤルパワーやロイヤルATMを使うのは反則ですよ。


望みに望んだ一般人なのですから、自分たちの力だけで生きて行ってください。
司法試験に合格すれば良いですね。

支給された皇族費は各人のお小遣いではありません。
本来なら余剰金は天皇家のように返還されるのが筋ではないかなと思います。

そのために婚姻に伴う一時金が、降嫁後に品位を保つ費用として支給されている。
なので、マコさんは定職につかれている誠実な男性と結婚し、通常通り一時金を受けて降嫁すればよかっただけの話。

ま、一時金なんて受け取らなくてもその為に数年かけて準備したのですし、貯金は1億2億なんて額ではないですから。
今後もおばあさまやヒゲ一家からいろいろ援助あるでしょうし。

どんなに豪華な暮らしであろうが、
この旦那さんは、情け無くしか見えないのはなぜかな。
振り返れば、
この人は何一つ自力で成功していないからかな。
私には、バイトしながら、食費を削ってでも
目標に向かって学んでいる学生さん達の方が
素敵に映ります。

小室夫婦が観ているであろう、綺麗な景色は
国民から もぎ取ったものです。
あんたらの力ではない。

他人事ながら気になることがある この部屋の 掃除 洗濯 炊事誰がする 荷物の整理・・さぞや豪華なものばかり・・国民からふんだくった高級品を顎で誰かをこき使い あちらへ置け こちらへ置け コーヒーでも飲んで優雅に傲慢にしてるんだろうな~~~!

眞子はロイヤルマネーのうちでの小槌を持っているので問題ないでしょう。
メトロポリタン美術館に就職出来るし。
悔しいけどメディアで騒ぐぐらいしかできないないかと。
勉強でなく、毎日子作りに専念して、おふくろ、爺さんもNY別宅用意で暮らすはずです。

5件のコメント

眞子さんは、結婚前に2ヶ国から勲章と副賞(1億五千万)✖️2で3億!一時金の倍と公務の謝礼金とで5億は持っていたのでは?加えて皿婆さんからの祝い金(永遠に続く支援金)お金に不自由してないので整形や脂肪吸引を繰り返すアホ家のアホ娘夫婦!身の丈に合う仕事を見つけて国民の目が届かない処へGO!試験を受ける資格もないので前回に引き続き試験会場の前をウロウロして帰るだけなのでは?間違って合格したらロイヤル忖度したものと認識します‼️

29

皇室遅報にしては 珍しく「速報」

ただし、英デイリーメールは、宮内庁・秋篠家から依頼されて、「コムロ夫妻はNYで経済的に自立し、地味に慎ましく暮らしている」という捏造ニュースを定期的に配信しているそうだ。

だから、絶対ダメ‼️のはずの写真も 掲載出来るんだね。

ということは、2人の住まい:豪華設備のヘルズキッチンで借りているという1LDK月50万円とかの家賃? ← これだって、眉唾物だよ。

ワンフロア借りで、侍従や外務省派遣職員も側で「お仕え」して 家事一切を代行しているってYouTubeもあったし❗️

昨日もその目眩まし隠蔽ニュースが、日刊スポーツから配信された。「慎ましく仲睦まじく」と‼️❗️

ポストセブン配信のコムロ夫妻のニュースは、絶対にヤフーには掲載させないからね、そりゃ、そこっちの方が真実味があるよ。

だけど、ポストセブンも ちょっと勢いを失くしてきたね。
圧力が厳しくなったのかな❓️

22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。