悠仁さま、進学先に異変 美智子さま「愛子とは出来が違う」のご慈愛に、紀子さま“ニッコリ”


悠仁さま、14歳に

今年9月6日、秋篠宮家の長男・悠仁さまは14歳のお誕生日を迎えられた。現在悠仁さまは中学2年生。通学するお茶の水女子大学附属中学校は新型コロナウイルスの影響により2月下旬から長期に渡り休校が続いていた。悠仁さまはこの間、宮邸で熱心に課題やオンライン授業に取り組まれていたという。

お誕生日に際してのご近影(赤坂御用地にて)

昨年末は、新年における皇室の伝統的な寄植え盆栽「春飾り」の制作に励まれるなど、多彩さを遺憾なく発揮された悠仁さま。今年の春飾りには悠仁さまのお手伝いがなかったものの、関係者によれば「悠仁さまは大変お忙しくあられ、今年は春飾りに携われなかったことを大変残念に思われている」とのことだ。

来年は受験生

ここで、悠仁さまのご経歴を振り返ると、以下の通りとなっている。

  • 2010年4月 お茶の水女子大学附属幼稚園に入園
  • 2013年4月 お茶の水女子大学附属小学校へご入学
  • 2019年4月 お茶の水女子大学附属中学校に入学

ちなみに、悠仁さまの同校附属幼稚園へのご入園を巡っては、「皇族への特別待遇ではないか」と少々物議を醸した経緯がある。

「紀子さまは日本学術振興会が設けた制度を利用して、2009年から『名誉特別研究員』として同大学で研究活動を開始されました。悠仁さまは、同大学が独自に創設した、“女性研究者を支援するための特別入園制度”で同校への入園の道を開かれたのですが、この制度を利用したのは現在でも悠仁さまのみとなっており、同校関係者からは『悠仁さまのために作られた特別制度だ』との不満も上がっていたとか」(皇室ジャーナリスト)

ただ、ある秋篠宮家の関係者はこう反論する。

「昔は、皇族はお受験とは無縁でした。皇族はみな、学習院大学附属に初等科から学ばれ、小中高大と、内部進学さるのが伝統であったためです。しかしここ数年でその伝統も変わりつつあります。

例えば、秋篠宮家の長女・眞子さまは2009年11月、国際基督教大学のAO入試に合格、4年間教養学部で学ばれ、2014年にご卒業されました。

妹の佳子さまも1度学習院大学の新設学部だった文学部教育学科に進まれたものの、2年次の8月末に退学。翌年に眞子さまと同じくAO入試を経てICUに転入されています。

また、高円宮家の長女・承子さまは早稲田大学を、三女の守谷絢子さんは城西国際大学をご卒業と、皇室の進学先も多様化が進んでいます。

秋篠宮ご夫妻は、皇族も小さいうちから自由に学校を選ぶ権利があるとのお考えをお持ちです。皇室に新しい風を吹き込もうと、先陣を切って学習院幼稚園にとらわれない道を探られただけであり、悠仁さまのご入園を叶えるために、紀子さまがお茶の水側に強く迫られたなどという事実はございません!」(秋篠宮家の職員)

悠仁さまのご進学先はあの超名門

紆余曲折がありつつも、来年は受験生となり、2022年4月には高校生となられる悠仁さま。悠仁さまのご進学先がどこになるのかは、ここ数年国民の大きな関心事となっている。注目の進学先について、ある学習院関係者はこう話す。

「進学先は、筑波大学附属高校となる可能性が濃厚だそうです。我が校でも引き続き、両殿下にご説明の機会をいただこうと打診しておりますが、長期間ご接見が叶っていないとかで、学長も肩を落としています。

筑波大学附属とお茶の水附属の間では、2018年度から提携校進学制度が設置され、通常の入学試験を経ずとも学校間での進学が可能となっています。この制度は“ひとまず5年間実施”と最初に取り決めが交わされており、悠仁さまの高校進学時にも有効となっています。おそらくこの制度を利用されて…ということでしょう」(学習院関係者)

この制度に関する両校のコメントは以下の通り。

国立大学法人筑波大学と国立大学法人お茶の水女子大学は両大学間の連携及び研究に関する協定に基づき、両大学附属学校間においてもお互いの機能強化の一層の充実を図るための連携協力の一環として、提携校進学制度を設置することとしました。

特定の生徒のための制度ではありません。

募集人員については平成29年9月に配布予定の平成30年度生徒募集要項に記載する事項となっておりますが、現時点では昨年度と同様の募集人員を予定しております。

この提携校進学は、両大学間の協定の期間を踏まえ、まずは5年間実施する予定としています

筑波大学とお茶の水女子大学との大学間、大学附属学校間連携について 両校からのコメント(平成28年9月1日)

この件について、皇室ジャーナリストの佐藤公子氏はこう話す。

「仮にこれが事実であれば、かなりの勉強量を積んできた精鋭の学生たちが、悠仁さまのご入学の経緯をどう考えられるでしょうか? 紀子さまが関係する先々に、こういった特例が生まれるのも…。紀子さまは、雅子さまへの強い羨望と対抗心から、こういった嗜好をお持ちになったのでしょう。

雅子さまはハーバード大学をご卒業後、東大に入学されたものの、超難関である外交官に一発合格され、しかも陛下の熱烈なプロポーズを受けて入内をされています。

紀子さまとは全く別の経歴をお持ちで、雅子さまに強く憧れられるのも無理はありません。紀子さまは、悠仁さまにだけは雅子さまに勝ってほしい…そのような思いを抱かれているのではないでしょうか? 日頃から何かとご優秀である愛子さまが、学習院大学進学という皇女として完璧な王道を選ばれたものの、紀子さまの雅子さまへの対抗心は燃え盛り続けているのかもしれません」(佐藤公子氏)

また、ある仙洞仮御所関係者はこう話す。

「悠仁さまのお誕生日に際し、美智子さまと紀子さまはお電話でのやり取りを交わされました。美智子さまは『悠仁は公務も学業もこなし大変優秀』との賛辞を送られたそうです。上皇后の愛のあるお言葉に、紀子さまも思わずニッコリなさったことでしょう。

日頃から美智子さまは『愛子は控えめ。悠仁とは大違いです』と、秋篠宮家の方々の強かさや上昇志向を評価されています。美智子さまの応援を受けて、紀子さまもますます教育熱を燃やされているのではないでしょうか」(仙洞仮御所付き職員)

6件のコメント

お茶中の頃から筑附へ入学する工作をしていた女性が、秋家長男の特権入学を機に辞めました。秋家長男さんは、色んな意味で筑附で問題を起こし母親が職員室に怒鳴り込む❗️の繰り返し!優秀な子は剽窃等しないし、特権を使わない❗️部活も意にならないと母親が、第二バトミントン部を作ろうとする(秋家長男が部長で)部員は、集まらないそう?父も学習院で同好会を作り女子生を勧誘してハーレム状態だったね。学校は、学ぶ所!女子生徒がPTSDにならないか心配!

52
1

人造人間ズルヒトが東大に入学するまでの三年間、ケダモノ収容施設となったわけです。

40

世紀の出来損ない一家のズルボン。通常の上流家庭育ちの人間とは比べ物にならないクズ。どんなに上辺だけ取り繕うとも中身は誤魔化せない。月とすっぽん。そもそも天皇家と張り合うなどムダ、出来も育ちも何もかも違いすぎる。天皇→国民の代表としての象徴。オータム一家→日本の恥部、ゴミ、地下1000メートルに埋めたいリスト第一位。

30

秋家の空中写真でみると悠仁誕生直後に建てられた8000万円かけたプレハブ建物の存在がわかります。
これが世に「悠仁療育棟」と呼ばれる特殊離れで、二階建てです。
プレハブで8000万なんてかかるわけもないのに、予算取りされているので、療育費も中抜きで賄おうという算段だったのでしょう。

悠仁誕生直後から、看護婦が三交代で泊まり込み、首の据わらない子であり、ミツ○○の子への授乳に四苦八苦していたそうで、専門家の何人もが激務の余り倒れるほどだったとか。この時期の悠仁はものすごい寝禿げをつくってもいましたね。

母屋から離した「離れ」にしたのは、聴覚に難があり「あわあわ」と奇声を上げ続ける悠仁に夫婦が安眠を妨害されたくないとの身勝手な要求からだったようで、ここで隔離されたまま、看護婦任せの幼少期を過ごすことになります。いうなれば、幼児期からの豪華8000万座敷牢暮らしとでもいえましょうか。

母親の愛情をあまり受けることなく、ただ皇位継承レースの手駒としてだけ扱われ、やがて過保護に変わる屈折した子育てを母親の愛情をあまり受けることなく、ただ皇位継承レースの手駒としてだけ扱われ、やがて過保護に変わる屈折した子育てを受け、母親の口汚い会話ばかりを刷り込まれて、同じ台詞を同級生に浴びせかけては、完全に浮いた存在へとなっていきます。

療育開始時期と療育法に失敗し、悠仁が難聴で、手話を教えられているらしいとの情報から、一枚のスクープ写真を女性誌カメラマンがものにします。
幼稚園の校門前で、悠仁とマカトン法のサイン手話で紀子と会話しあうシーンが、向かいのマンション屋上から激写され、これを見た紀子が激怒し、警察署長に厳重警護を直電で要求したのです。
ここからは、誰からもみても、あきらかに障碍隠し目的の報道言論弾圧だとわかる流れに変わっていきました。

33

あれあれ
「愛子は私に似て優勝と」言ってたよね
それを読んだ時、あの愛子さまが、あんた如きに似てるわけないでしょ
と憤慨しましたが
悠仁は「愛子とは出来が違う」と聞いて安心しましたよ
出来が違いすぎて比べるのも失礼というもの
愛子さまは、美智子にも没たまにもイチミクロも似ても似つかない程
性格も勉学も立派な方です

25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。