小室佳代さん「圭は眞子をしゃぶり尽くす」とニヤリ 緊急帰国で両家が会議へ!


めでたい“立皇嗣の礼”と、めでたくない“誕生日会見”

11月8日に無事執り行われた「立皇嗣の礼」。秋篠宮殿下が皇嗣(皇位継承権一位)となったことを国内外に宣明する儀式であり、「立太子の礼」に準じて執り行われる。秋篠宮殿下にとっては一世一代のめでたい晴れ舞台だった。現在のような神前での立太子礼(立皇嗣礼)は、大正5年(1916)の11月3日、裕仁親王(16歳)のために初めて執り行われたものであり、必ずしも古い伝統に根ざした儀式ではない。明治42年(1909)に制定された「立儲令」に基づいたものである。

だが、皇太子の証である壺切御剣は、平安時代前期の醍醐天皇(敦仁親王)が宇多天皇から拝受されて以来、代々の皇太子に相伝されてきたものである。天皇に三種の神器(草薙剣・八咫鏡・八尺瓊勾玉)があるように、皇太子にも壺切御剣がレガリアとしてある。尤も「受け取る」といっても儀礼的なもので、儀式で使わないとき壺切御剣は皇居内に造成された山里御文庫の一角にある御剣庫に収納される。

このように“立皇嗣の礼”はあくまで儀礼的なものであり、秋篠宮殿下の法律上の地位は昨年5月1日の時点で既に「皇嗣」だ。だが“立皇嗣の礼”を経なければ、宮中での扱いはまだ「暫定的」なものにとどまる。この“立皇嗣の礼”へ経てようやく宮中三殿に昇ることが叶い、陛下の傍らで儀式の奥義を継承していくことが許されるのだ。

晴れやかな“立皇嗣の礼”が終わるとともに待ち受けていたのは、眞子さまの“お気持ち”公表だった。11月13日の定例記者会見で、眞子さまは

小室圭さん緊急帰国へ

このように“立皇嗣の礼”は極めて重要な儀式である。昨年から続く御代替わりに伴う一連の儀式の最後を飾る国事行為となる。コロナ禍が収まりきらない状況での挙行となるため、参列者は350人から50人に絞り、祝宴は取りやめとなった。これなら安心無事に行える——と思いきや「招かれざる客」に秋篠宮家はおびえているという。さる秋篠宮家付き職員に話を伺った。

「小室圭さんが、緊急帰国して“立皇嗣の礼”に飛び入り参加するのではないかと囁かれています。というのも、11月8日の“立皇嗣の礼”の前に、眞子さまのお誕生日が10月23日に控えています。この2週間弱のあいだに、眞子さまと小室圭さんが『結婚します!』と記者会見し、“立皇嗣の礼”で眞子さまの引導役になり、国内外に『女性宮家ができれば自分も皇族になるよ』と宣明するという筋書きです」(秋篠宮家付き職員)

これまで世間を仰天させてきた小室家だ。今さら何が起きても驚かない——という空気が宮内庁には漂っているらしい。一方、元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように述べる。

「“立皇嗣の礼”は基本的に職員と、招待状をもった賓客しか参列できません。いくら小室圭さんが眞子さまの結婚相手であるとしても、国事行為に撮りび入り参加は難しいでしょう。もっとも眞子さまの付き人として、式典外で何らかのサポートをするという名目でメディアのカメラの前に出ることは可能かもしれませんが」(小内誠一さん)

過去に眞子さまは、小室圭さんを“随行臨時職員”として欧州旅行を敢行、総額4000万円ほど浪費された経験をお持ちだ(『テーミス』2019年04月号)。今回は果たして——。

美しく清楚な眞子さま。妹の佳子さまと「美人過ぎる皇族姉妹」として平成時代を駆け抜けた。

無敵の小室圭さん

現在小室圭さんはフォーダム大学に留学中。卒業は来年の9月であり、結婚はそれ以降であると見られている。事実、小室家の代理人を務める上芝直史弁護士も「小室圭さんととして今すぐ結婚したいというお気持ちが強い。眞子さまも同様だと私は認識しています。ですが、まだまだ学生の身分ですし、環境が整ってからということになると思います」と軽快な口調で語ってくれた。

全て想定の範囲内、計画通り——。国民の想いはよそに、事態は小室家に有利に進んでいるようだ。小室佳代さんと親しい仲にあるという知人女性も次のように語ってくれた。

「佳代さんは元気そのもの。前まで勤めていたケーキ屋のバイトも辞めてしまったようですが、生活資金は闞沢にあるのでしょう。余裕綽々ですね。この前、銀行のATMで記帳して、思わず独り高笑いしていたと聞きます。

この前、近くの喫茶店でお茶させていただいた時も、『圭は決して眞子さまのヒモになんかなりません』ときっぱり仰っていました。さすがだなと思いましたよ。また『圭の本職は竿師、眞子さまもゾッコンの竿師ですの。圭は眞子をしゃぶり尽くしますの』とも。圭くんが釣り具に興味があったとは初耳で驚きました。海の王子もしていましたし、竿師になって生計を立てていくのかもしれませんね」(小室佳代さん知人)

竿師には裏の意味もある。眞子さまもゾッコンになるほどの小室圭さんの竿師技術に、国民もお手上げ状態だ。

5件のコメント

霊能者の方が的確にお話しされていましたね。

ハイザーkは結婚までは秋や真子のいいなりに素直をしたがっていたのは目的が結婚。

それからの目標は何も考えていない。真子がいるかぎりなんでも手にはいると思っている。

ポンコツ。秋たちが甘やかしすぎたから・・・

だけどアメリカは甘くないし、外務省がいくらお膳建てしても認める訳がない。

こんな事したら日本の国は世界の笑いものになる。

第一、小室圭は訴えられてもし仕方ない事をもうやらかしているはんざいがある。アメリカが認める訳がないと。

日本にも外国人のジャーナリストは一杯いるから内容はすでにアメリカにも届いてる。

母の犯罪、圭の嘘。

なんても出来るとおもっているのが・・・ポンコツのポンコツたる所以ですね。

40

小室親子が如何であれ
経済力の無い男性に
娘を嫁にやる親は居ない
秋篠宮夫妻此の縁談何故壊せ無かったか?
半社がかりの弱み❓
裏入学には億単位のお金が有るなら
立ち向かうべきだね
随行者に成リ欧州旅行
秋篠紀子2人共最低
ヒモ親子に貢ぐ血税は無い
皇室離脱願いたい
ヒットラーなみのお髭でポーランドに
訪問 レッドカーペットの外での記念写真
人としての恥が理解されて無い
DNAうんぬん待たずに
自発降下するべし❗️

39

真子どんのPTSDが15歳からと言ってたよ。

という事は弟が15歳だから・・そのころ。

何もいらない真子の卵子を・・これってあの脚広げて取り出されたとしたら・・・PTSDになります。違ってるかもしれないけど、そうかもしれない。

噂では卵は姉で精〇は・・・・ただし秋さんはY染色体がないとネットに出ていたので・・さてだれのでしょうか???

ミステリー 真実はわらないのでそれを証明するにはⅮ検査しかない。

12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。