小室圭さん「結婚できなかったら俺は死ぬしかない!」最愛の恋人を救う眞子さまのご決断


文/木下聡

宮内庁も肝を冷やす

今年4月13日、秋篠宮家の長女眞子さまは、現在延期状態となっている小室圭さんとの結婚に関するお気持ちを文書にて表明した。そしていよいよこの結婚が年内にも「成就」を迎えるとの見方が強い。

「紀子さまは9月11日の誕生日文書で、眞子さまの結婚を正式に認められ、11月30日の秋篠宮殿下の誕生日会見の後に詳細が発表されると見込まれます。年内結婚が本当に可能なのかどうかは不透明ですが、眞子さまの結婚の意思が強い以上、どうしようもありません」(皇嗣職)

眞子さまの強いお気持ち——4月に発表された文書では、「何が何でも小室圭さんを結婚する」という眞子さまの強いお気持ちが表明されている。

様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。

しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

眞子さま 小室圭さんとの結婚についてのお気持ち より

こうした文言からは、眞子さまの「結婚できなければ、生きていけない」という悲痛な想いが伝わってくる。

また、眞子さまは、なんと天皇皇后両陛下も今回のご結婚に関して理解を示されているとして次のようにも述べられている。

この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました。

天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております。

同前

以前から、眞子さまが結婚に関するお気持ちを発表されることは決まっていた。とはいえ、これほど強い表現にてお気持ちを示されたことに関して、宮内庁の職員らは大いに困惑しているようだ。

宮内庁の困惑ぶりは、文書を報道陣に配布した13日の宮内記者会の会見での様子からも伺い知ることができる。『週刊新潮』では、この時の様子を次のように報じている。

「会見では“両陛下や上皇ご夫妻は(結婚を)進めることに理解を示されたのか”“前回の延期は足踏みで、今回はGOサインが出たのか”といった質問が飛びましたが、皇嗣職大夫は、“お二人の気持ちを尊重されたということ”“文章を読んでもらえれば分かります”などと要領を得ない回答を繰り返すばかりでした」

「眞子さま」結婚宣言で「小室圭さん」圧勝 『週刊新潮』(2020年11月26日)

今回の文書を書き上げる際に、眞子さまは、宮内庁の重鎮らを呼び出し、相談した上でその文言について考えられたという。

しかし、最終的に公表された文書は、相談を受けた重鎮らの予想をはるかに上回る内容であったようだ。

「文中に書かれている“この結婚について否定的に考えている方”というのは、マスコミや国民のみならず、結婚に反対する宮内庁の幹部らのことも念頭に置かれているのでしょう。

眞子さまが相談された宮内庁重鎮らの中には、結婚に反対し、諦めて破談とするよう助言する者もいたようですから、こうした文言はそうした反対派の重鎮らを牽制する目的もあるようです。

実際、宮内庁重鎮らも、天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻が結婚を許可されたとあっては、これ以上反対を続けることはできません。

天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻は、皇室にとって絶対的な存在ですから、両陛下や上皇ご夫妻の意向に反して眞子さまに結婚を破談とするよう迫ることは、宮内庁の幹部や重鎮らにもおおよそ不可能なことなのです」(宮内庁幹部)

婚約内定会見にて幸せそうな様子で互いを見つめ合う眞子さまと小室圭さん
お二人が互いを深く愛する気持ちが伝わってくるようだ

小室圭さんに洗脳される眞子さま

先の『週刊新潮』の記事では、今回の文書について、精神科医の片山珠美氏の「眞子さまは小室圭さんに“隷属”させられている」とする次のようなコメントも紹介されている。

文書は眞子さまが書かれたものとされていますが、作成にあたっては小室さんも一枚噛んでいるのではないか。私にはそう読めました。

大前提として、今の眞子さまは「惚れ込み」の状態にあると考えられます。(中略)つまりは自分自身の自主性が相手にすべて吸収された状態です。眞子さまは、小室さんに「こう書いて欲しい」と頼まれたら従う関係にあります。

同前

片山珠美氏は“隷属”や“惚れ込み”といった比較的穏当な表現を用いている。しかし、これは事実上の洗脳状態であり、眞子さまの精神状態が極めて危険な状態にあることを意味している。

これまで、週刊誌等の記事にて、眞子さまがご両親の反対に全く耳を貸さない状態にあることが繰り返し報じられてきたが、もはや眞子さまは、小室圭さんの操り人形のような状況にあると言っても過言ではない。

小室圭さんの命を救う眞子さまのご決断

このように眞子さまの精神の健康状態が憂慮される状態であるが、同時に小室圭さんも危機的な状況にあるようだ。眞子さまと小室圭さんのご結婚問題に関して詳しいあるジャーナリストは次のように語る。

「小室圭さんは、母親の佳代さんの借金問題の関係で国民から激しいバッシングを受ける中、なんとか秋篠宮ご夫妻や国民に結婚を認めてもらおうと、愛する眞子さまを日本に残し、一人アメリカへの留学を決意します。

しかし、実際には、こうした行動は国民からのバッシングに関して火に油を注ぐ結果となりました。

さらに、小室圭さんは、現在、フォーダム大学の授業料やニューヨーク州での滞在費などの大部分を借金で賄っている状態です。

おそらくは、眞子さまと結婚した際に入ってくる1億円の結婚一時金をあてにして多額の借金をしたのでしょう。

眞子さまは“結婚は生きていくために必要”と述べられましたが、このように多額の借金を抱える小室圭さんにとって、一時金の獲得はまさに死活問題といえます」(全国紙社会部記者)

また、小室圭さんは、こうした窮状に関して、しばしば眞子さまに知らせ、助けを求めてもいるようだ。

「毎晩のようにLINEやスカイプなどの通話アプリを使用して会話をしているお二人ですが、時には廊下まで眞子さまが“圭君どうか死なないで!必ず結婚を実現して私があなたを救ってあげるから”と涙ながらに叫ばれている声が漏れてくることもあります。

おそらくは、小室圭さんが、“結婚できなければ俺は死ぬしかない”など言いながら、眞子さまに結婚を迫っているのでしょう」(前出の宮内庁幹部)

ほとんど洗脳状態にある眞子さまが、こうした小室圭さんの頼みを断ることができるはずもない。かくして、今回、このように非常に強いお気持ちが表明されることとなったようだ。

20件のコメント

秋篠宮家を取り巻く野心家達の欲望がさまざまなドラマを作り出している。眞子さまが最愛の小室と結婚してはたして幸せになるかどうかは誰にもわからないが眞子さま自身の気持ちは落ち着くかも知れない。状況が変われば心も変化したりするが、眞子さまも自分でいろいろ経験して見たいのだろう。今まで守られ過ぎて不自由さしか感じて無かったようだから普通に生きて見たいのだろう。
結婚生活がうまく行き、小室の仕事が一年間無事に勤まればその後、帰国して日本で仕事が出来るように法改正をして着々と将来の計画を立てているようだし、野心家達は野望を叶える為に余念が無いようだ。

159
4

小室圭さん「結婚できなかったら俺は死ぬしかない!」

国民「タヒんでください。」

59

秋篠家は自由に法律を変えるところまで来ているらしい。すでに教育関係は忖度まみれ。

政治家、メディア、警察、年金機構、地方自治体の長、学校・・、秋篠側にいることを隠さなくなってきた。堂々と忖度している。

日本は民主国家G7より、G8を追放になった独裁ロシアに近いのか?

245

安西家の息子じゃないかってのにね。
庶民に皇統移そうなんて、なに考えてんだ。
自民党はダメね。
女性蔑視発言の森さん表彰なんてね。
深々と頭下げる議員みたら吐き気しました。

83

コメント掲載されず、完結にして再度の投稿。

ロシアと云うより北の国よりかも。
先日、ニュースで北の国の生活と云うものを読んだ。

音楽もラジオで流される「自国を褒め称える歌」以外は聴けず
車は政治家及び軍隊の上層部以外は持つ事を許されず

インターネットは禁止され、国が管理した情報のみ提供され
秘密でインターネットを見た人は◯刑になるとの事。

日本も 今でさえ 秋篠一族の言いなりでKUROいものでもと報道し
悠仁には報道規制を敷き、娘の結婚では マスコミ操作をしている

もし秋篠に皇統が移れば、報道規制やコメント検閲は当たり前になる。
今こそ 秋篠宮を皇籍追放に出来ないものだろうか !?

160

何故ここまで、秋篠宮家がもてはやされるのか分からない。

悠仁さんを産んだから?

165

50億円と言われている住まいや、数々の我が儘したい放題が許されるのは
(裏◯入学や川島一族の皇居内居住も含まれるのか?)
全てはキコが男児を制作したご褒美だそうだ。

139

眞子も小室親子同様に詐◯の資質十分にあり!
(他にも秋篠や宮内庁の事をいろいろ書いたら)
コメント反映されず、4度目の投稿です。)

201

恐れ多くも天皇陛下がまるで眞子の結婚を認めるような嘘の文章を発表したり
小室圭の釈明文章発表時も文章の作成に関わったり、

眞子も小室親子同等にSAGIの資質充分に有り!
宮内庁も 如何にも困惑しているように見せかけいながら
これらを許しているろ云う事は影でKA担しているからに他ならない。

ただひたすら 秋篠宮一族の皇籍剥奪を願って止まない!

269

もう弁護士資格とったんだから、死ななくても年収2000万から分割で借金返せばいいだけでしょ。
眞子と結婚するより、独身のほうが生活費が節約できて返しやすいと思いますがね。
そのうち他の金持ちの娘を見つけたらいいだけじゃん。ニューヨークだったら途轍もない金持ちもいくらでも居ると思うよ。

159

kk親子にそういう普通に借金を返すような発想や誠実さがあればまだマシだったのに。
恋は盲目のマコは愛の世界を求めているようだけど現実はどうなるのか?
天皇陛下も大変激怒しているとの記事も見かけるけど、何か行動を起こすことは有るのだろうか?

147

アホの娘。貢ぎ豚。国民を見ると虫酸が走るとか言ったよな!そのままお返しします。NYに行ったら二度と帰って来るな!日本の地盤が沈むからよ!

153
1

NYで1年間弁護士を経験し、日本で引き継ぎ弁護士活動をしたら云々……だから、2人のNY生活は1年間だけと聞いた。ならば、なぜもう一年待てないのか? 30歳までとは、あまりにも少女じみた言動。

12月1日には、愛子内親王が20歳の誕生日を迎えられる。それまでに、A宮家一派は眞子さまを結婚させ、早く子供をつくろうとしているのではないか?悠仁さまの次を担保する子供が、必要と考えているのではないか?
愛子内親王が旧皇族男性と結婚、男子出産の事態を恐れているのではないか? 

今、A宮家一派は非常に焦っているようだ。

85

KKはニューヨークでの生活1年もつのか?
かつてUFJ、奥野法律事務所、一橋大などすべて何一つ続かなかった。
たとえ大手の法律事務所でもない所でも仕えなかったら即首ですから。
M子様と一緒に生活しても寝ずに仕事しないと年間700万ももらえませんから。
KK母と祖父も一緒だと余計息苦しいでしょうから、即帰ってくると思ってます。
でもM子様、帰る家はないんですよね。コッソリしばらく秋家で面倒みるんでしょうか?
こんな妄想しました(笑)

34

諸悪の根源は
元祖KKを皇室に潜り込ませる諸因をこさえた
呆レしのみや のせい。

下半身がユルくて どーしょもない。
虎視眈々と狙ってくる下衆どもに
容易に つけ入る隙を与える。

身分不相応でありながら
カネと権力に群がる、恥知らずな
下衆連中は
したたかで、あさましく、とことん しゃぶり尽くす。

下劣で、賤しく、さもしい卑劣漢ども。

川「島」だの、角田だの、下衆の程度が同等。

国民が汗水たらして納めている血税が
皇室という媒介を通して
川「島」、角田、郎党に 骨の髄まで しゃぶり尽くされている。

35

こんなに嫌われてるんだから、いっそのこと失楽園の最後のようにすればいいんじゃないですかぁ?
二人の世界でやりたいだけやってからはいさようなら。あー気持ち悪い。国民は誰も悲しみませんよ。
子供に罪はなくとも、子供が生まれたら重い重い十字架を背負わせることになることを予告します。
自分たちの悪行を呪うがいい。自業自得だ。

14

死ぬしかない?そんなことありませんよ。
公金詐取で親子で刑務所で暮らせますよ。
そこで今までのママとの悪行を猛省することができますよ。
まだ若いんだからしっかり罪を償って出直せばいい。

眞子と小室の連絡手段を絶って、精神病棟に隔離するしかないのではないでしょうか?
しばらく連絡を途絶えさせれば洗脳も解けるのでは??

これは確実に誰の目から見ても洗脳に他ならないですよね。

親も子供を大切に思うなら、まずはいうことを聞くのではなく、心の状態を正常に戻してあげるべきです。
変な見栄を張らず隠さず、子供のために動いて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。