眞子さまの結婚は、なぜ許されないのか? 皇室典範の立法者意思は明確である


文/小内誠一

眞子さまの自由意思はどこまで許されるのか?

秋篠宮家の長女・眞子さまが「結婚は生きていくうえで必要な選択です」と語った昨年11月13日。それから一週間後の20日は、秋篠宮殿下が誕生日会見に臨まれ「二人の結婚を認める」と正式にこれを認めた。というのも「憲法には、婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」と書いてあるからだという。

憲法が認めるから、眞子さまと小室圭さんの結婚を認める——言い換えれば「憲法の建前がなければ二人の結婚は認めない」——そう秋篠宮殿下は仰ったことになる。事実、殿下は「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」と述べた。この発言は2018年の誕生日会見で「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちはいわゆる婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」と仰ったことが背景にある。

つまり秋篠宮殿下は「憲法を建前に結婚は認めざるを得ないが、イエとして執り行う婚約(納采の儀)はできない」という見解を述べたということになる。

憲法第24条には「婚姻の自由」が定義され、戦前のように家長の許可がなくても二人の合意さえあれば結婚はできる。慣習として結婚にはイエとイエのお付き合いという側面が色濃く残っているものの、結納や結婚式、披露宴といった婚姻行事を行わずに結婚する人も多くなっている。もちろん格式の高いイエになればなるほど結納など婚姻儀式を欠かさず執り行う傾向がある。日本最高の格式(?)を誇る皇室が、婚約(納采の儀)を執り行わないとなれば、まさに前代未聞の事態になるだろう。

笑顔麗しい眞子さま。自信満々なお姿に国民は大喜びだ——ならよいのだが。

納采の儀はハウスルールだが、法的根拠がある

一部週刊誌(週刊文春2020年12月10日号)などで「結婚は両性の自由、婚約にあたる“納采の儀”は法的根拠を持たない“慣習”にすぎないので執り行う必要はない」という論調を見かけるが、これは半分正解で、半分間違っている。“納采の儀”を執り行う必要は必ずしもないが、これを行うことは婚約決定したことが法的に認められることになる。

いわゆる“納采の儀”(結納)は「結納等の法的性質は婚約の成立を確証し、あわせて婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(福岡地裁小倉支部、昭和48年2月26日)や「婚姻の成立を確証し、あわせて、婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(最高裁、昭和39年9月4日判決)と法的根拠を持つ。

つまり“納采の儀”(婚約決定)を執り行った後に、皇室側から“破談”を宣告すれば小室圭さんに「賠償請求権」が生じることが確実になる。(もっとも、ここまで大体的に広報してしまっていれば、“納采の儀”をしていなくても婚約決定として認められるそうであるが…渡邉アーク総合法律事務所・渡邉正昭弁護士談)。

自民党議員の提言

伊吹文明さん

ところで秋篠宮殿下の誕生日会見が公表された4日後の12月3日、自民党二階派の最高顧問を務める伊吹文明元衆議院議長が、眞子さまと小室圭さんの結婚に苦言を呈し、「国民の要件を定めている法律からすると、皇族方は、人間であられて、そして、大和民族・日本民族の1人であられて、さらに、日本国と日本国民の統合の象徴というお立場であるが、法律的には日本国民ではあられない。眞子さまと小室圭さんの結婚等について、結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとかいうことをマスコミがいろいろ書いているが、法的にはちょっと違う」と述べた。

つまり眞子さまは法律的には日本国民ではなく、基本的人権が制限されるのだから「結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとか」は適用されない、と言いたいのだ。だがこれはミスリードがある。

男性皇族の婚姻には皇室会議を経る必要があり「両性の合意」だけで結婚できるわけではないが、女性皇族については「両性の合意」だけで結婚できる——というのが正しい理解である。皇室典範の立法者意思を見てみよう。

皇族の結婚には自由が制限される

皇室典範の制定を主導した金森徳次郎

たしかに天皇・皇族の婚姻は“両性の合意”だけではなく、皇室会議の承認を経る必要がある。このことは皇室典範制定時の議論でも取り上げられている。

殿田孝次議員 また天皇及び皇族は自由意思によって結婚ができない、それと同時にまた離婚もできない、〔中略〕これは全部新憲法によって保障された所の、人間の基本的人権に対する極端な制限であると私は考えます。

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第三回 第六類第一号(昭和21年12月9日)

ではなぜ、天皇・皇族の結婚は制限されるのかと言えば、それは皇位継承を守るためであるという。

金森国務大臣 憲法は一般原則及び特別原則を含んでおるものと信じます、従って婚姻につきましては両性の同意を唯一の要件とするといふ規定は、一般的の規定としてもとより尊重し、効力をもっておるものであることは疑いがございません、しかし特別なる規定をも含んでおるものであり、すなわち皇室典範というものが、第二条において予想せられておりまして、皇位継承ということと組合わさるる関係におきまして、ここに何等か特別なる規定が生じ来ることをも是認しておるものであろうと存じます

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第四回 第六類第一号(昭和21年12月11日)

もちろん皇位継承は男系に限られるため、婚姻に「両性の合意」を唯一の要件にしないのは、皇族男子だけに限られるという。

金森徳次郎国務大臣 特にここに皇族男子という項を抑えまして、皇族女子の婚姻のことをここに書きませんのは、皇位継承ということとの関係から、男系ということとの結びつきでできておるのでありますが、さような意味におきまして、婚姻自身はなるほど自由でなければならぬ、しかし皇位継承という面から来るやむを得ざる特例というものは、これに加えられてよいのではなかろうかというふうに考えて来ます

衆議院皇室典範案委員会議録(速記)第四回 第六類第一号(昭和21年12月11日)

以上の金森国務大臣の発言から「男系の皇統を維持するために男性皇族の結婚については“両性の合意”以外にも条件が求められるが、皇位継承の外側にある女性皇族については“両性の合意”だけで結婚できる」というのが皇室典範の立法者意思であると確認できる——なのだが、実際には「皇統問題にかかわる婚姻の場合、その結婚が公共の福祉に反するならば、“両性の合意”があったとしても破談にできる」というのがホンネとしての立法者意思である。詳細は以下の記事に書いた。

18件のコメント

肉欲に溺れたバカな皇族。
親との会話?できないでしょ、ご夫婦が昔そうだったんだから、説得なんてもっとできない。
眞子さん追放だけじゃ済まない問題。
とりあえず、結婚となったら皇嗣辞退してくださいよ、そのあとは早急に愛子さまの立太子実行!

295

まさに、その通りです。

若い頃は、皇族辞めると言っていたのに、甘い汁を吸いまくったら居座っている。
尤も、今は恐妻に何が何でも辞めさせないと発破かけられていそうですね?

252

>> 詳細は以下の記事に書いた。

最後のこの一文の意味がわからん。リンクの貼り忘れか?

68

 治外法権地帯の秋篠宮家が、憲法を持ち出した時点で、苦し紛れの言い訳だと思ってましたが、やはり立場もわきまえず浅はかな逃げ道作りでしたね。
 あなた方皇族は、国民に寄り添うのが仕事ですから国民のお手本、象徴でなければ血税で養ってやる意味がありません。 都合よく治外法権と国民のための憲法を使い分け、良いとこ取りは困ります。
 皇室の神聖な権威を汚す行為をしたがため、たかだか小室母子に振り回され、ドロドロのチタン屋敷一家になりましたね。
 眞子さん一人を切り捨てても無駄です。 浅ましい根性は捨て、天皇の血筋どころか皇族の血筋でもない現実を自覚し、平民の親の元にお帰り下さい‼️

211
1

治外法権なんて本当に恐ろしいです。だから秋篠家の職員さんは黙っているのかも。
【秋篠家は日本で何をしても捕まらない】、そんな現実を毎日そばで見たら、逆らうのも恐ろしいでしょう。

国民が真実を知り、秋篠家の力はどんどん弱まってます。長男の学校もまだ決まりません。秋篠家と利権関係者は近いうちに滅ぶと思います。

186

小室佳代の元婚約者の方の一言で 誰もが予想だにしなかった
秋篠宮や上皇后の闇が ここ迄暴かれる事となったのですから

元 秋篠宮家で不条理な思いをなさり退職なさった方々が お一人でも
(小内誠一様とまではゆかなくとも)
勇気を持って一言、秋篠宮家の悪の実態を一言 暴露して頂ければ
秋篠宮一族を追放(皇籍剥奪)に追い込めるのではないかと思われます。

敬宮愛子内親王殿下に立太子して頂く為には
もうあまり時間の余裕が有りません。

秋篠宮家に皇統が移れば 報道規制は疎(オロ)か、
秋篠宮一族全員が税(贅)をむさぼり、
言論統制など当たり前の国と化すと思うと
考えるだけでも恐ろしい事です。

そうなってしまう前に、間に合う内に秋篠宮家の元 職員の方々
どうか 紀子の悪行の実態を訴えかけて下さいます様に!

101
1

ここの宮家って
今ある決まりだとできないことを
強い気持ちを発動させて 決まりを変えさせて 叶えていく宮家なんですね
眞子さん佳子さんのI C U 入学は 規則に抵触気味で 進め
悠仁さんの御茶ノ水入園は規則を変えて 研究者枠など作り 入ってますし
で 高校もし 筑波入学されれば
お茶と 筑波の交換制度 これは悠人さんのために作られたとか 利用ですし
小室さんのフオーダム入学も 2年勉学した後に入る一年のコース先に入ってから 2年コースに入られてますし 2年のコースに入る資格が 小室さんになかったからこのような裏技を使ったとか どこかに書き込まれてありましたが 一年コースに入る資格もどうだったのか怪しそうだし
このように 今回の眞子さんの結婚は降嫁するわけなので小室さんへの 皇室会議の審査なしですが
万が一 女性宮家などを作り皇室に戻すとなったら 小室さんの審査なしで 皇室に戻るのかと思うと
もうやめてよと 思ってしまいます
ここ数年皇室見てきて
皇室の方々やその縁者の方々って
罪を免れるようなので だとしたら 皇室と縁者になられる方には 強い倫理感を持っていただかなければ この世は闇となりませんか それは やめてほしいので
この宮家や周辺の方々のこと 友人 家族に 語り続けています

183

バックに高輪婆がついていますからね、怖いものなしなんでしょう。
しかし、悪の栄えた験し無し。
時間差があっても 今までしてきた非道なことはすべて本人に返りますよ。
前天皇妻と秋篠一家を「皇族」と言いたくないですね。
天皇家と三宮家(秋篠以外)の皆様に失礼ではないでしょうか。

159

憲法持ち出したなら、早く平民になって納税しろ納税!
消費税じゃないぞ!
納税せずに贅沢に暮らし、しかもあんなのと結婚したい、は通じないんだよ!
義務を果たすから権利を主張出来るんだぞ!

しっかし、アホなだけで何も知らず分からず、分かろうともしないくせに、発言したこと全て周りに理解しようとしてもらえて、いい身分だね~!
この一家、生活保護の不正需給と変わらないよね、ぶっちゃけ。

160

そうです。
労働と納税の義務があるんですよ。
マコカコさん達 知っていますか?

132

「納税の義務ってなぁ~に?私たち、国民じゃないから分かんな~い」って言いそうな、馬鹿子姉妹ですよ。
父親も都合のいい時だけ憲法を持ち出してくるから、子供たちも同じようなお馬鹿さです。

93

鹿さん!私も消費税くらい払ってま~すとキレてましたね!留学してもこの程度の頭です

76

もしも女性宮家創設となれば、結婚する際に両性の合意のみだけでなく条件がつくということになるのでしょうか。そうすると、M子内親王が結婚前に女性宮家となれば、K氏との結婚は実質無理ということに?

22

小室圭の母親の遺族年金の不正受給が騒がれないのは、宮内庁が法務大臣に頼んで、検察指揮権を発動させ、東京地検特捜部と警察庁に指示して全ての証拠を破棄させたからだと思います。自分の行動一つで内乱を引き起こしかねない皇族の影響力を自覚して頂きたいです。また、秋篠宮家の事ですから、米国の捜査が及ばないように、小室圭を外務省の官費留学生(外交官)と言う形にしていると思います。弁護士資格取得後は、法務大臣か警察庁に頼んで警察官又は検事に任用して帰国させ、宮内庁の厳重な監視下に置くと思います。

16

いつのことだったか、定かでないのですが、天皇陛下がまだ独身だったころです。記者たちに取り囲まれて、質問にお答えになっていました。記者の一人が、「天皇制については、どう思われますか?」と質問しました。すると、徳仁親王殿下は、「それは、私の方から、国民の皆さまにお尋ねしたいです。皆さまはどう思われるのですか? 私は、国民の皆さまによって存在しているのですよ。」というような意味のご返答でした。(私の記憶ではです)
私の記憶の中では、天皇陛下は、ご自分がどんなに不自由な身であろうとも、国民の総意に従うお覚悟をお若いころからお持ちなのだなと感じました。きっと敬宮愛子内親王殿下にも、そのようなご教育をされておられるのだろうと思います。
しかし、今や皇室は、皿前皇后とA宮家によって、マネーロンダリングの巣窟になり、そして、現政権は、それを正すどころか、隠蔽にやっきになっています。同じ穴のムジナなのでしょう。
敬宮さまの即位を実現するためには、日本国の大掃除を日本人の手でやらなければなりません。今ここで大掃除しなければ、日本人は、反社勢力のために辛酸をなめることになるでしょう。それでは、これから、この日本に生まれてくる子供たちがかわいそうです。申し訳ないと思います。

なぜ、現在、国会に男系男子派議員があんなにのさばっているのでしょうか。それは、男系男子に固執する有権者は、必ず選挙に行って、男系男子派の議員、政党に投票するからです。一票の力を彼らの方が、良くわかっている。

わからないのは、なぜ、日本のマスコミ・ジャーナリストは、こんなにも臆病なのかということです。なぜ、今もって、皿前とA宮家に忖度の記事を書くのかということです。昔、某出版社社長宅に銃弾が撃ち込まれたとき、私は、単に右翼の仕業だと思いました。しかし、今、同じ事したら、100%皿前・A宮家の仕業だと思うでしょう。もう恐れる必要ないじゃないですが。マコの証人喚問渡米の詳報を堂々と報じて欲しいものです。真実を報道すれば、国民が味方に付きます。

皇室典範の制定を主導した金森徳次郎氏は、初代国立国会図書館長です。国立国会図書館には、金森氏の筆によって「真理がわれらを自由にする」という銘が掲げられています。
真実がわかれば、日本人は目覚め、自分の力に気づきます。
日本のマスコミ・ジャーナリストのみなさん、頑張ってください。

17

00:58 様
ここに集う方達は皆 思いを同じくしておられると思います。
本当に切実に そう願って居ります。

「天皇」とは何なのか…
浩宮徳仁天皇は 御幼少の頃から 将来の天皇となられるべく
ご努力をなさり、人徳をも備えて居られました。

50歳を過ぎても 兄君の所作を見なければ儀式も行えない様な文仁や
人の心を持たない紀子が製造した、国民にも見せられない怪しげな悠仁が
将来の天皇になるなど許せるものではありません。

これからも 秋篠宮に皇統が移る事だけはさせない様に
声を挙げ続けてゆきたいと思います。

17

小内さま

以前、この記事に付けた私のコメントが消えたので再投稿しようと何度もトライしたのですが、アップされません。どれがNGワードなのかわかりません。
復活していただけたら、嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。