紀子さま、立皇嗣の“衣装新調”に「仰天予算」が発覚!「美智子さまを超える散財癖。幾らかポケットに入っているのではないか」と関係者


Contents

“立皇嗣の礼”が無事終わる

御代替わりにともなう一連の国事行為のフィナーレを飾る“立皇嗣の礼”。秋篠宮殿下が皇位継承権一位(皇嗣)になられたことを天皇陛下が内外に宣言する儀式だ。それが11月8日にようやく無事終わった。その厳粛でありながらも荘厳な儀式に多くの国民からは「天皇陛下の威厳に感動した」「雅子さまの声が聞けて良かった」「天皇皇后陛下万歳!」と歓びの声が相次いだ。

本来ならば4月19日に執り行われる予定だった“立皇嗣の礼”。11月に入った今でも国内感染者数は抑制傾向には入っておらず、世界的に見れば増加傾向にある。イタリアでは4日夜、コンテ首相が再びいくつかの州でロックダウン(都市封鎖)を実施すると発表。また、イギリスでもイングランド全域で四週間のロックダウンを5日から実施すると発表している。

「海外王室には、このような非常事態時にもかかわらず皇室で慶事が執り行われることに『違和感』があったようです。紀子さまは欧州王室からの祝辞を心待ちにしていたのですが、期日までには届きませんでした。スペイン大使館からは『この時期に執り行うことに、国王フェリペ6世ならびにレティシア王妃ともども驚いています』と回答があったほどです。スペイン王室では、マリア・テレサ王女が新型コロナで3月26日に亡くなっています。秋篠宮家の強行は非常識に見えたのでしょう。

もともとこのような早期挙行となったのは、眞子さまの一件があったからです。2020年まで延期と発表していた眞子さまの結婚について、なんとしても年内に本人の口から“お気持ち発表”をさせる必要があり、そのために“立皇嗣の礼”を早期に挙行する必要がありました」(宮内庁職員)

コロナ禍での強行には賛否様々な声がある。秋篠宮殿下は“立皇嗣の礼”を終えると、宮内庁を通じ「現下のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響をはじめ、様々な状況にある人々や社会に思いを致しつつ、これからも、皇嗣としての務めを果たしてまいりたい」と発表したが、コロナ禍が深刻化する中での儀式挙行は歴史に残るだろう。

紀子さまの衣服が大注目、その驚きの予算

このように様々な物議を呼んだ“立皇嗣の礼”だが、儀式には古式にのっとった装束や小袿(十二単の略式代用)、そして華やかなローブ・デコルテが際立った。関係者の話によれば、紀子さまはこの日のために衣装を新調したという。

「“立皇嗣宣明の儀”と“宮中三殿参拝”でお召しになった小袖が1500万円、“朝見の儀”でお召しになったローブ・デコルテが一着500万円で計3着でしたから1500万です。あわせて3000万円の請求書が秋篠宮家から宮内庁に送られてきました。さすがに仰天予算に過ぎるものがあり驚きました。実際にはその三分の一程度しかかかっていないのではないか——という声が宮内庁内で囁かれています。つまり余った分は、紀子さまのポケットに入りポカポカ温かくしているようです。冬ですからね。

秋篠宮家は、皇嗣家になりましたが、内廷皇族ではなく宮家としての道を選ばれました。もちろんこれは公務での“お車代”を自由に使い、経済的感覚を庶民と同じにしたいという紀子さまの慈愛の賜物です。ですがコロナ禍のため公務が軒並み取りやめとなり、秋篠宮家は金欠状態です。国事行為の予算は国庫から出ますから、幾ら購入されても秋篠宮家の懐は痛みません。

ある意味で、美智子さまを超える“節約術”ならぬ“散財癖”に我々一同も驚きを隠せません。気持ちの上ではもう皇后に、いえ女帝になっているのかもしれません。今回についていえば、コロナ禍で規模が縮小して余った予算が全て紀子さまの衣装代になったということでしょうか(秋篠宮家付き職員)

美智子さまの衣装代は平成の伝説となりつつある、その伝説を紀子さまが引き継ぐというのは何の因果であろうか。

美しい紀子さまの小袿(1500万円)

 

美しい紀子さまのローブ・デコルテ(500万円×3)

唯一の救いは雅子さまの肉声

このように波乱万丈の“立皇嗣の礼”となったが「救いもあった」との声も多い。元宮内庁職員の小内誠一さんに話を伺った。

「秋篠宮家に何かを期待するというのは、難しいでしょう。眞子さまの一件が片付かないことには、何をしても『向かい風』が吹くというのは、当然のことかと思います。今回の“立皇嗣の礼”を強行したことで、日本国内だけでなく、海外王室からも…。

衣装代については皇嗣妃として品位に相応しいものをお召になる必要があることは解りますので、私は高額でもよいかなとは思います。しかし肯定的・否定的両方の声があることは当然でしょう。

今回の“立皇嗣の礼”の唯一の救いは、雅子さまの“おことば”が17年ぶりにテレビを通じ国民に流れたということでしょう。公式行事として2003年ぶりのことです。様々な苦難をのりこえ、見事に復活された雅子さまの尊いお姿に感動を禁じ得ません」(小内誠一さん)

雅子さまは「立皇嗣の礼」の最後にあたる“朝見の儀”で「この度の御儀が滞りなく行われましたことを喜ばしく思います。どうぞこれからもお健やかにお務めを果たされますように」と秋篠宮ご夫妻に声をかけた。わずかなお言葉ではあったが聞く者の心を打ち、ネットでは感動の声が相次いだ。雅子さまの美しい心が、紀子さまに染み渡ることを祈りたい。

“朝見の儀”。雅子さまの美しい姿に圧倒された。

4件のコメント

日本書紀の記述によれば、推古16年、608年、隋唐からの使者、
裴世清が来日した時に列席した皇子や諸々の豪族たち、臣たちは全員金の髻華うずと呼ばれる飾りを頭に挿し、金紫繍織及五色綾羅という豪華な布地を用いた装束を見に纏っていたそうだ。当時の先進国であった隋唐に対し国家の威信をかけて対面を装ったのだ。

裴世清が持って来たとされる書には、倭国は海の彼方にいてよく人民を治め、国内は安楽で風俗は穏やかだ。心ばえを至誠に遠く朝献上してきたねんごろな心を朕は嬉しく思う。との内容が記されているそうだ。

推古12年603年は、聖徳太子が冠位十二階と有名な和を以て尊しとなす。から始まる17条の憲法を制定した年である。

世界最古の王家に嫁いだ二人のヨメたちは多額の国税を投じて金に糸目をつげずに儀式の為に豪華絢爛に装うことが自分たちの役割だと思い込んでしまった?
キコさんのポケットに入ったお金は小室さんご夫妻に直流?

皇室典範改正され愛子様が立太子が実現しますように。

19

>美智子さまの衣装代は平成の伝説となりつつある、その伝説を紀子さまが引き継ぐというのは何の因果であろうか。

他にも「自愛の酷母」「国民の声は雑音」等も引き継いでいるようですな。

キャプションの突っ込み
>美しい紀子さまの小袿(1500万円)
>美しい紀子さまのローブ・デコルテ(500万円×3)

読点の打ち方を間違えてないかな?
>紀子さまの美しい小袿(1500万円)
>紀子さまの美しいローブ・デコルテ(500万円×3)

昨年の伊勢神宮参拝では、1度袖を通した物は着てはならないという決まりがあって、あのグレーのローブモンタントは1着2000万円。
他にもいろいろ新調したらしいが、税金散財怪物二頭、何とかしてほしいものだヽ(;´ω`)ノ

20

昨日の皇室新聞「上皇后の皇統簒奪」の記事が出た少し前に、ガルちゃんでも同じような内容があったと「高貴な日々日記」に載っていました。
       ┅ ┅ ┅
生前退位は女性宮家創設とのセットプランでした。
天皇の生前退位を本則にする予定でもありました。

長年の雅子様幽閉に成功し 当時の東宮家に国民からの支持は無きに等しいと思われていた上皇ご夫妻。一旦皇后の座を退いても、令和が総スカンされて平成再登板の声が国民の方から出るに違いないと踏んでいた模様です。

二度目の即位後、高齢を理由に皇嗣に譲位、皇嗣が体調を理由に悠仁の準備が整うまでと眞子に譲位、そして悠仁、悠仁は子を持てぬだろうという想定で眞子と小室の子が天皇に。 平成→令和→平成2→皇嗣→眞子→悠仁→眞子と小室の子 という想定で我慢して2016年に満を辞して生前退位のご意向を上皇に発表させました。

しかし当時の首相の「生前退位は一代限りの特例とする」決定で計画はいきなり崩れました。

2017年に婚約会見をさせて「皇族の数が足りない。公務の担い手が減る」と大宣伝させたのに、眞子に皇族として残ってほしい、眞子のために女性宮家を創設しようという機運も全く高まりません。
いかに政治家と結託していても、政治家の支持者からそのような声が起らなければ宮家創設などできません。
いずれ眞子を天皇にするには眞子を一般人にするわけにはいかないため、借金問題や無職であることを逆手に取り 眞子宮家ができるまでと小室圭をアメリカへ逃しました。
当初はハワイに逃げたがっていたようなので、「ニューヨークで国際弁護士資格取得の為」の筋書きは紀子さんの強要かと思います。

そして日本国中、世界中の熱狂のうちに今上天皇が即位されました。世界の要人からの祝福、国民の天皇皇后両陛下への憧憬の眼差し、令和が長く長く続きますようにという国民の願い。

「美智子ロス」なるものが起こると信じていた上皇后様の誤算が続きます。
引っ越しする間も無く再登板するはずだったので 天皇が皇居にお住まいになれない状況も続きました。
21歳位から眞子宮家拝殿下となり、いずれ天皇の義理の息子天皇の夫天皇の義兄天皇の父になるのだと生きてきた小室圭は 逃亡している間に過去が洗い出されて犯罪者同様の扱い。
テレビ局に「小室さんごめんなさい」報道をさせて忖度するよう圧をかけました。

眞子は国会に出てきてまで 首相を揺すり自分の宮家創設を30歳まで粘りましたがついに降嫁しました。

上皇后も「御心痛速報」まで流して 降嫁ではなく婿取りの路線を諦めず頑張りましたが夢破れました。

小室圭を拝殿下計画に選んだため、上皇后と秋篠宮家の実態と悪巧み、眞子佳子の本性が暴かれ、天皇皇后両陛下のこれまでのお苦しみが明らかとなりました。

そして正しくない人たちに皇統が移ることでお金儲けできると味方した渡邊みどりや橋本弁護士や竹田やデヴィに櫻井よしこ三浦瑠麗なる「アキシン」らの忖度報道も多くの国民が嫌悪するようになりました。

天皇家を支えるどころか危害を加え、犯罪者を縁者に持つ宮家に皇統を移すなどとんでもない。
天皇の子が天皇になるべきだ。
敬宮様をお世継ぎに!敬宮様立太子を!との声が高まり、日本は平和を取り戻しつつあります。

間もなく敬宮様の成人のお祝いですね。
どんな嫌がらせをされるか分かりませんから、我々国民がしっかりと上皇夫妻や秋篠宮家アメリカへ逃げた高飛び夫婦の動向を監視して盛大にお祝いしましょう。
       ┅ ┅ ┅
かなり、詳しく書かれていました。
何度も送信に失敗? して、時間が掛かりました。一旦 送信してから 続きを打ちます。

18

ガルちゃんの情報収集力や信憑性は、yoshiepen様も感服されています。

【yoshiepen’sjournal】
◈2021-03-01「秋篠宮家がメンバーに入っている皇室関連の『有識者会議』なんて茶番」

ガルちゃんから採った安西孝之氏と文仁さんの写真…他

◈2020~09-26『「ガルちゃん」検証班の能力の高さ、精確さに脱帽。その成果をご賞味ください!』

YouTube『元宮内庁職員のつぶやき』で「上皇后の皇統簒奪計画」が配信されて間も無く、佐川良子さんは 暴漢に襲われ パソコンや書類を強奪されました。
が、この事はニュースにもならず、佐川さんは長年の嫌がらせもあり、体調を崩され第一線から身を退かれました。

それから暫くして、家族の生命まで脅かされていると小内誠一さまも身を退かれました。

『高貴な日々日記』『スピ系銀河の彼方へ』が閉鎖に追い込まれ 記事さえも削除された事、唯一残った姉妹ブログ『ロイヤルブルーに花束を』が全く更新されない事、『yoshiepen’s journal』がほとんど更新されない事、「菊のカーテン」が変質者?によって荒らされている事……これらは「立皇嗣の礼」強行と 関係があると思えてなりません。

18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です