雅子さま「愛子に天皇は難しい…」 紀子さまは安倍首相と“共闘”「悠仁こそ天皇に相応しい!」


女性天皇と愛子天皇

いよいよ始まる皇室典範改正の議論に向け、その裏側で様々な策動がうごめきつつある。

国民世論のおよそ8割は女性天皇を容認しているのが現状だ。5月3日の毎日新聞調査では79.6%が、同月13日の日経新聞調査では76%が、 同月14日に産経新聞調査では78.3%が女性天皇の実現に賛同している。このような高い支持は、ここ30年間、およそ一世代にわたって続いている。

日本国憲法第一条には天皇地位は国民の総意に基づくあり、これに従うならば女性天皇の実現に障害はほとんどない。しかし当事者たちの思惑は様々なようだ。特に当事者である雅子さまと紀子さまの母としての思いは複雑だ。

雅子さま「愛子に天皇をさせたくない」

女性天皇の実現は必ずしも愛子天皇の誕生を意味しない。安倍首相も、この秋から皇室典範改正の議論に入るものの、現在の①秋篠宮殿下、②悠仁さま、③常陸宮殿下という皇位継承順位を維持することを確認したのちに、女性天皇や女系天皇の検討に入る見込みだ。

この場合、たとえ女性天皇が容認されたとしても、事実上、悠仁さまの次の代からの適用になるため愛子天皇の誕生はあり得ない。

もちろんこのような二段構えの議論をする背景には、安倍首相が男系男子論者であることや、愛子さまvs悠仁さまの対立を避ける目的があることは明白だ。だがそれ以上に安倍首相は、雅子さまのお気持ちを“忖度”しているのだという。自民党の関係者は次のように語る。

「愛子天皇への期待が高まっていることは関係各位だれしもが十分理解しています。ですが、当の天皇家が、愛子さまの即位に積極的ではないと安倍総理は判断しています。特に雅子さまは、ご自身が受けたバッシングの記憶も未だ鮮明です。愛子さまが自分の同じ目になるのではないか、と不安を感じておられるのも無理はないでしょう」(自民党関係者)

また、宮内庁関係者も次のように語る。

「上皇陛下と美智子さまは、愛子さまの女性天皇に賛同の立場を示され、その点でも安倍首相とは反目しあっていました。一方、天皇陛下と雅子さまは、愛子さまの今後について積極的に語ろうとはしません。

しかし安倍首相が、天皇陛下との関係に自信を覗かせていることからも解るように、皇位継承のあり方についても“天皇皇后両陛下は安倍首相の決定に積極的に反対することはないだろう”というのが大方の見込みです」(宮内庁関係者)

紀子さまは歓喜

一方、秋篠宮家は、悠仁さまの即位に大手をかけた状態だ。

悠仁を天皇に――。その強い思いが紀子さまを突き動かしてきたことは周知のとおりである。しかし小室圭さんの一件が明らかになり秋篠宮家の人気は凋落、いまや国民の間では「悠仁さまを天皇に」よりも「愛子さまを天皇に」の声が圧倒的に多い。この状態で皇位継承議論に入れば、悠仁さま不利は否めなかったが、ここにきて紀子さまに思わぬ味方・安倍首相が現れた形だ。

これについて先の宮内庁関係者は次のように語る。

「悠仁さまを天皇にしたいという紀子さまの気持ちと、皇統を男系男子で紡ぎたいという安倍首相の考えが合致した形です。これまで安倍首相は、政治的発言や軽はずみな言動の多い秋篠宮家と折り合いが悪く、その距離感を掴めずじまいにいました。

しかし“悠仁さまを天皇に”というスローガンのもと、両者は急速に接近しています。 期せずして紀子さまと安倍首相は共闘状態になったといえるでしょう(同上)

秋篠宮家と安倍政権の共闘は果たして現実のものなのか? これを裏付けるように『女性セブン』(2019.8.22・29号)では、欠員が出ていた秋篠宮家付き職員に安倍政権お墨付きの官僚が配属されていたことが明らかになった。すでに水面下では悠仁天皇を実現させ、愛子天皇待望論を潰す策動が始まっているようだ。

今後の見通しは誰にもわからない

皇位継承問題をめぐる議論は、今後よりいっそう活発化していくことが予想される。

この問題に詳しい皇室ジャーナリストは今後の予想を次のように語る。

「愛子天皇の可能性を芽のうちに摘んでおきたいというのが紀子さまと政府側の強い意向です。しかし、国民の支持が極めて高い愛子天皇の議論は避けて通れません。世論の成り行き次第となりますが、愛子天皇の可能性は残されていると思います。

ここにきて愛子さま待望論が公然と唱えられるようになりました。おそらく、それに最も当惑していらっしゃるのは雅子さまでしょう。悠仁さまがお生まれになって、女性天皇の議論はいったん終わったはずでした。

しかし、ここのところの秋篠宮家界隈の騒動、そして天皇家ご一家の活躍ぶりを見ると、愛子さまに期待を寄せてしまうのは当然のことでしょう」(皇室ジャーナリスト)

具体的な有識者会議などはこの秋から始まる見込みだ。今後も皇位継承問題の推移を見守っていきたい。

8件のコメント

「愛子に天皇は難しい」と本当に皇后が言ったのか?
 なぜ? 理由は? 愛子さんもバッシングされるかも知れないから? 女性天皇にはできない神事でもあるのか? 愛子さんの心身が天皇の公務を果たせそうにないからか?
 読者は勝手に想像してろということか?
読者が納得いくような記事を書いて欲しい。

  

16

雅子様はそんなこと仰らないと思います。
すでにそういう平民のような欲を持とうとか我を通そうとか考えもしないと思う。
いつも天皇御一家は 上に立つ高貴な者として、国民の手本になれるよう律しながら生きておられるように思います。

3
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。