「皇族はタレントではない」 秋篠宮家の“謹製ガウン”が物議


[tod]

秋篠宮謹製のガウン

連日メディアを賑わせる秋篠宮家の“手作りガウン”寄付。福井県済生会病院には5日、同団体に寄贈されたうちの7着が届けられた。

新型コロナウイルス対策に役立ててもらおうと、秋篠宮ご一家が宮内庁職員とともに手作りされた医療用ガウン五百着が、全国の済生会病院に贈られた。福井県済生会病院には五日、七着が届けられた。

県済生会病院によると、ガウンは秋篠宮ご一家の五人と宮内庁職員が、ビニールの袋を加工して作った。「大変な状況の中、日々一生懸命働いてくださり、感謝しかありません」「ご自身のお体も大事になさってください」などとの秋篠宮ご一家と職員らによる手書きのメッセージカードも添えられている。

登谷大修院長は「職員が一層頑張れると思う。お気持ちを示して頂いて本当にうれしい」と感謝。脇和枝看護部長も「新型コロナと闘う看護師らは頑張らないとと思う半面、不安もある。手作りのガウンを着ることで応援されていることを実感でき、すごく前向きになれる」と笑顔を見せた。

贈られたガウンは、第二波が到来した時、主に感染症専用の病棟で働く看護師らが使用する予定で、当面の間はメッセージとともに、職員通路に展示するという。

中日新聞 6月10日

秋篠宮殿下、悠仁さま、紀子さま、眞子さま、佳子さまと10名の職員で作られたこのガウンは、8都道府県で緊急事態宣言が継続中だった折に、紀子さまのご発案ではじめられたお取り組みだった。

5月15日に100着、続く22日には200着、さらに29日にも200着が済生会本部に届けられると、メディアはこぞってこれを取り上げ、美談として連日報じられている。

秋篠宮だけを取り上げ続けるメディア

秋篠宮家のお取り組みがメディアで大絶賛される一方で、政府、民間レベルでも医療機関向けに支援が続いている。

政府は先ごろ、新型コロナウィルス禍において逼迫する医療品の不足や医療従事者の負担などを懸念し、経済対策を打ち出している。医療機関への支援と、感染リスクを負いながらも懸命に対応を続けた医療従事者への支援が柱となる。

政府は27日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加経済対策の裏付けとなる2020年度第2次補正予算案を閣議決定した。一般会計の歳出総額は31兆9114億円で、1次補正予算(25・6兆円)を上回る。民間支出を合わせた事業規模は117・1兆円で、1次補正と合わせると233兆円に上り、過去に例のない規模となる。

(中略)

感染収束が見通せないなか、新型コロナ感染症に対する医療体制を拡充する。患者に接する医療従事者への最大20万円の慰労金のほか、都道府県向けの「新型コロナ緊急包括支援交付金」(2・2兆円)、ワクチンや治療薬の開発などの支援策(2055億円)を盛り込んだ。

毎日新聞 5月27日

YouTuberのHIKAKIN氏とYahoo!JAPANが立ち上げた「コロナ医療支援募金」は11日現在で3億5千万以上の寄付金を集めている。また、モデルでタレントの紗栄子氏は、チャリティTシャツの販売により寄付金を集め、自身が代表理事を務める社団法人「Think The DAY」で、防護服を1万5千枚を確保、順次配送を進めている。

紗栄子氏はこの取り組みに関し「この度、政府のルートに干渉することなく医療用防護マスクの手配が出来ることとなりましたので、私個人で準備していた支援金で物資を購入し、医療従事者の皆様へダイレクトにお届けすることに致しました」とコメント。称賛の声が広がっている。

「秋篠宮家のお取り組みに関しては、色々と熟慮を重ねた上で決定されたことと存じます。しかし、政府をはじめ著名人が控えめに、しかし着実に医療現場への支援を呼びかけ実行する中、メディアが秋篠宮家のお取り組みだけを取り上げ続けるのはいかがなものでしょうか。秋篠宮家としても、こうった騒がれ方は不本意かもしれません。皇族はタレントではありませんから、今一度報道機関にはこの件の取り上げ方について思案していただきたいものです」(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮家のご慈愛は、皇室の今後のご活動に思わぬ議論を呼んでしまったようだ。

6件のコメント

シール貼った雑菌だらけのゴミ袋を
ガウンと呼ばせる異常さが伝わった事件でした。
病院の業務の妨げる宮家は悪意しかないようです。

31

鬼子発案
秋篠宮家迷惑パワハラゴミガウンと名付けて、病院内からパワハラを無くすための展示にしましょう。

20

「皇族はタレントではない」平成婆さんが香淳皇后から注意された事柄でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。