美智子さま、退位後の静けさに「強いストレス」か 雅子さまに引越しを手伝って欲しいとも


即位関連行事で多忙な両陛下

御代替わりにともなう即位礼も恙無く終わった。即位礼直前まで、ご公務やご執務など多忙な日々を過ごされてきた両陛下。そんな中でも、時間を何とか見つけて職員とのお打ち合わせやリハーサルを重ねられていたそうだ。

「お忙しい中1年以上に渡り、心を込めてご準備に当たられていらっしゃいました。両陛下のお覚悟に感涙いたします。一部報じられていた皇后さまのご体調面につきましても、不安な点は全くございませんでした」(宮内庁関係者)

台風19号の影響で延期となった「祝賀御列の儀」についても、雅子さまの「ご体力面の不安」をあげつらい、「皮肉にも余裕ができた」と報じたメディアもあった。しかし一連の行事での輝かしい両陛下のお姿に、虚しくもかき消された。

“現役”にこだわる美智子さま

さて、着々と令和の天皇、皇后両陛下としての道を歩まれるお姿に不満を漏らされているのは、他ならぬ美智子さまだ。

「美智子さまは『宮中茶会』でのご自身のご活躍があまり報じられなかったことにいささか不満げなご様子も見せられました。ご体力面の不安で生前退位という特例を作りご退位なされたはずですが、やはり第一線でのご公務に少し名残惜しい面もおありなのかもしれません。

まだまだ現役ですよ!公務もできますよ!』『台風被害で、首里城火災で、国民が泣いているではありませんか!なぜ雅子さんは行かないの!雅子さんには国民の悲しみの声が聞こえないのですか!』と繰り返しおっしゃるので、仕事とは言えども、上皇職の方々も少々手をこまねいているようです。『両陛下は即位行事で大変お忙しくされています。滞りなく終わり次第、必ず被災地訪問に行きたいと仰っています』と申し上げても『それでは遅すぎるのです!』と一喝されてしまうようで…」(同前・宮内庁関係者)

ここのところ、あまりにもアグレッシブな美智子さまのお姿に辟易する者も多く、天皇皇后両陛下をそばで支える側近らの間では、「報道関係も、皇后さまのご体力面を心配する前に、昨年9月に乳がんの摘出手術を受けられたばかりの美智子さまのご体調を心配するべきでは?」と皮肉交じりに口にするものもいるという。

引っ越しも手伝って欲しい…

雅子さまに対する“苦言”を連発される美智子さま。お引越しも遅々として進まない中、その件についても雅子さまへの不満を漏らされているという。上皇関係者は以下のように最近の美智子さまのご様子を語る。

「美智子さまは120トンにも及ぶお荷物を片付けることに非常にお疲れを見せておられます。勿論、職員らもお手伝いを申し出ますが、『ここはわたくしでなければわかりませんので』と止められてしまいます。

先日は、『こんなにも頑張っているわたくしの姿に、雅子さんも心が痛むはずよ』とおっしゃり、即位行事が終わったら、雅子さまに何としても手伝っていただきたいという旨を言付かりました。

恐らくですが、現在お忙しくされている雅子さまが、最盛期の美智子さまご自身のお姿と重なり、どこか物寂しいというお気持ちを抱えておられるのかもしれません。その裏返しで、雅子さまに対する難癖とも取れるご発言を繰り返しておられるのでしょう」(上皇関係者)

30年に渡り、皇后陛下として国内外で愛されてきた美智子さま。現在の静かな生活は、退位を決められた時に思い描いていたよりも、ずっと寂しく感じられるものなのかもしれない。

12件のコメント

>美智子さまは120トンにも及ぶお荷物を片付けることに非常にお疲れを見せておられます

まぁ、お可哀想な美智子サマ

120トンのゴミに幾ら税金をつぎ込んだんでしょうね。記憶も計算もしない❗️ 出来るのは 贅沢三昧と出来の良い嫁いびり❗️❗️

後は、日清製粉グループ・昭和電工グループ・森コンツェルンにお任せすれば❗️

税金は遣わないで❗️
日赤から掠めとった200億円 返して❗️

12

平民はいつまでたっても逝かない正田美智子に「強いストレス」を感じておるのだ

10

雅子様が手伝いされたら、無知子さんはそれこそいちゃもんのオンパレードとなることでしょう。

14

 この記事が事実なら、天皇皇后の公務のありかたに対して上皇后が不満を持つのは自然だと思う。
 愛子さんの成人会見前夜、大地震があった。
成人会見の日、報道のセッティングは整っていたのだから愛子さんの会見前に天皇皇后が被災地のお見舞いの会見をすべきだったのではないかと思う。
 私は、その後もモニター会見、ましてや被災地お見舞いをされたという記憶はない。 
 被災地は混乱してるから天皇皇后が行くとかえって迷惑、でしゃばるなと思う人もいるだろうが、それ以上に被災者の心に沁みるものがあるのではないか? 令和天皇皇后には、それが理解できないのではないか? コロナ禍だからというのであれば、愛子さんの成人会見前に一言でもお見舞い会見ができなかったか? 被災地が会場をセッティングできなくても、いずれテレビで見れるだろう。
 いち早くお見舞いの言動をする気持ちが、国民に寄り添うということではないか?
 皇后は、愛子さんが心配で隣の部屋に待機してたらしいではないか。
 被災者に寄り添うより娘の成人会見が大切な天皇皇后に、日本国象徴は務まらない!

1
23

天災のニュースが流れると、美智子さまは「被災地に行かなければなりませんね!」と生き生きとされる。

時の天皇陛下(現、上皇)が「そんなにはしゃいでは誤解されますよ」とたしなめるほどだ。
私にはその光景が、あたかも「火事場にむらがる野次馬」と同じに見えてしまった。

東日本大震災の時の思い出を語りたい。
震災のニュースが流れた後、被災地訪問の日程などを調整する会議があった。

現場からは「復興作業中であり、その邪魔にならぬようもう少し経ってから短期間の訪問が望ましい」と要望があったが、「美智子さまは一刻も早い訪問を希望されている」との意向が伝えられ、一月も経たぬうちに被災地への慰安ツアーを開始した。

しかもそのツアーは七週間にもわたり、現地にかなり多大な負担をかけてしまった。

15

高価な衣装を新調できる、自愛の女優魂を満足させられる、地図にピンを刺して明仁とニタニタできる。

16

発展途上国で、寄ってくる子供にモノをあげようとすると「彼らのためにならないから止めてほしい」と言われるそうだ。

120トンもの荷物をかかえ込む美智子さんが日本の象徴だった平成時代とはいったい何だったのだろうか?

10

ケダモノ正田ヤンキー美智子がボンクラ明仁の肘を掴んで、自由気ままに国内外を徘徊しまくった時代でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。