美智子さま「私の視聴率には勝てませんよ」 雅子さまとの“直接対決”まえに「武者震い」


祝賀パレード延期

10月22日に予定されていた祝賀パレード(祝賀御列の儀)が、台風19号による被害復興優先を理由に来月10日まで延期となった。「即位礼正殿の儀」は22日に予定通り行われるという。

15日政府は祝賀パレードも含め予定通り開催する旨を発表していたが、台風被害の仔細が明らかになるや、天皇陛下と雅子さまがこれに心を痛められ、宮内庁を通じ「延期」の要請をしたというのが真相とのことだ。

また美智子さまも10月20日に開催を予定していた、ご自身の誕生日関連のパーティを中止にされた。美智子さまと言えば、2004年の台風23号で95名が犠牲になっても『招待客に迷惑をかけてはいけない』として誕生日パーティを断行したが、今回は雅子さまに倣ったのだろうか、国民の悲しみに寄り添う立場を鮮明にされた。

美智子さま「対抗意識」を露に

このように今回、美智子さまは誕生日パーティを中止されたが、その目的は「国民に寄り添い」を示すことだけではないようだ。というのも、ここ最近、美智子さまは、令和の新天皇・皇后両陛下のメディア露出を気にされているようなのだ。

美智子さまに近しい関係者は次のように告白する。

「美智子さまはご自身の“人気”に絶大な自信をお持ちです。ご自身に関する書籍は、読書用・愛蔵用・観賞用・配布用とばかりに必ず複数冊購入されます。私も『美智子さまのお帽子』という写真集を、美智子さまから先にいただきました。しかも、美智子さまが仰るには、どの写真がオススメなのかご自身で選別されたそうです。

ですがここのところメディアでは美智子さまと同じくらい雅子さまの報道が目立ちます。いずれもこれを熱烈に歓迎したものです。そのたびに、ご自身と比較され『雅子さんは、ここが足りていないわね』『私の時は、こうだったの、どうして変えてしまったのかしら』『どなたか注意なさらないのかしら』と小言を漏らされます。

新皇后となられた雅子さまに、ライバル意識を感じておられるのでしょう(美智子さまに近しい関係者)

即位礼の「視聴率」合戦はどちらに軍配が

平成と令和のバトルは、美智子さまの中でぐつぐつと煮ている状況のようだ。即位パレードは来月10日に延期になったものの、明日(22日)はいよいよ即位礼が行われる。実は美智子さまはこれに大変な関心を寄せているという。

先の関係者が次のようにその様子を語ってくれた。

「美智子さまは22日の“即位礼正殿の儀”の視聴率を大変気にしています。仰るには『私の時は平均視聴率31.9%だったのよ。雅子さんの時はどれくらいになるのかしらね。パレードが中止になってしまったけれども、視聴率30%超えるといいですね』とのことです。

言葉の上では雅子さまも高視聴率になって欲しいかのような表現ですが、心中穏やかではないようです。大一番の勝負に向けて『武者震い』されておられるのでしょう」(美智子さまに近しい関係者)

美智子さまの「目立ちたがり」は何かと話題だったが、令和の時代になり、ご自身と雅子さまとの「差」が気になってしょうがないようだ。ところで、雅子さまはこの「バトル」をどのようにお考えなのだろうか? 宮内庁関係者は次のように教えてくれた。

「雅子さまは即位式の準備に向けて心身を清めてらっしゃいます。もともと雅子さまは美智子さまと異なり『目立つこと』が皇室の使命だとは感じておられません。即位式やパレードの視聴率など気にされずに、ご自身のできることに全力で取り組む所存であると思います。それこそが国民に寄り添うお姿ではないでしょうか」(宮内庁関係者)

このような雅子さまの真摯なお姿に、多くの国民が感動することだろう。

7件のコメント

雅子さまは即位式の準備に向けて心身を清めてらっしゃいます。
もともと雅子さまは美智子さまと異なり『目立つこと』が皇室の使命だとは感じておられません。
即位式やパレードの視聴率など気にされずに、ご自身のできることに全力で取り組む所存であると思います。

当然の事です。

それが分からない宮家とJKGが異常❗️
それが分からない宮家とJKGが、皇室を地に堕とし、瀆した。

A宮家とJKG 廃嫡あるのみ‼️

13

皇族はタレントじゃないです。
雅子皇后は視聴率取ろうなんて微塵も考えてないと思います。
でも、ヨーロッパの王妃達から人望ある雅子様。天皇陛下はエリザベス女王にもすかれてますね。

やっぱり、大切なのは人柄と知性です。

若い頃から負けず嫌いだった無知子さん。謙虚になって雅子様に外交上の必要事項を色々教えてもらったら良かったのに。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。