紀子さま「眞子と小室圭はそっくり」 奔放に振る舞う長女に“皇室追放宣言”も


秋の大祭を迎える

シルバーウィークも終わり、いよいよ秋本番を迎えている日本。10月17日には、今年収穫された新穀を最初に天照大御神にささげて、その御恵みに感謝する大祭「神嘗祭」を迎える。また11月23日には、天皇陛下が皇居・神嘉殿で皇祖はじめ神々に新穀をお供えになり神恩に感謝の奉告をする、宮中恒例祭典の中の最も重要な「新嘗祭」も執り行われる。日本人にとってこの期間、豊かな一年の実りに感謝を持って過ごすことが大切な文化となってきた。

15日、皇居の水田で稲刈をされた陛下

一方、昨年の即位礼正殿の儀から1年が経過しようという中、4月19日から延期されていた「立皇嗣の礼」にも動きが。

「日本経済新聞の9月24日朝刊によれば、政府が儀式を今秋開催の方向で調整に入っているということです。感染者のピークは脱したものの、まだまだ予断を許さない状況にある中、儀式の規模や形式をどのようにしていくのかに関心が高まっています」(皇室ジャーナリスト)

皇位継承議論も進展

また政府は、儀式が終わればいよいよ皇位継承に関する議論にも着手する方向で検討を始めているという。皇室典範により、男系男子による皇位継承に限るとされている我が国。現在の皇位継承順は一位の秋篠宮さま、二位の悠仁さま、三位の常陸宮さまとなっているが、皇族の高齢化、減少は待ったなしの状況となっており、「女性宮家の創設」や「旧宮家の皇籍復帰」などを軸に検討が進められていくと思われる。

一方、国民の間では「女性・女系天皇容認」への期待感も依然として高く、愛子さまがご生誕以来、容認派は世論の8割前後と高い水準を保っている。いずれにしても、政府にはその場しのぎの議論ではなく、抜本的な改革を推し進めることが期待されている。

このような状況の中、注目を集めるのが秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約延期問題だ。2018年2月6日に加地隆治皇嗣職大夫から発表されたこの件だが、「お代替わりに伴う儀式が落ち着き次第、何らかの発表を」とされていた。また眞子さまは今年始め頃、宮内庁の重鎮らを個別に呼び出し、小室圭さんとの結婚について「結婚宣言書」なる文書も認められ、「立皇嗣の礼」後に発表する準備を進められているという。(『週刊朝日』5月1日号)。

ある宮内庁関係者はこう話す。

「眞子さまの結婚が皇位継承議論後に正式に決まり、女性宮家の創設も決まるとすれば、眞子さまが皇室に残り宮家当主となり、夫となる小室圭さんが皇族となる可能性も。眞子さまは上皇陛下と美智子さまにとって初めての孫で、またご公務には非常に熱心に取り組まれてきたため、皇室に残られる事自体は関係者の間でも歓迎されているのですが…。小室圭さんには未だ不可解な点も多く、こちらが大きな懸念となっています」(宮内庁関係者)

眞子さまにぞんざいなおことばを投げかける場面も

この件について、当事者である眞子さまや、母である紀子さまはどのようにお考えになっているのだろうか? ある秋篠宮家の関係者はこう話す。

「紀子さまは、9月11日に発表されたお誕生日文書で『娘の意思を最大限に尊重したい』と、一人の母としての愛情を滲ませました。ですがその実、すでに2年半以上の説得をもってしても動かなかった眞子さまに対する諦めの心境という部分もあるようです。結婚一時金の辞退なしでは国民の祝福を得ることは困難な状況の中、紀子さまは眞子さまの結婚後の生活資金について懸念されているのですが…」(秋篠宮家関係者)

一方、当の眞子さまは非常に楽観的なお考えをお持ちであるという。16日には約8ヶ月ぶりの外出公務として「日本伝統工芸展」をご鑑賞され、前向きにご公務に取り組まれている。

「ご公務再開は、結婚後の資金作りに励んでいるものと見て間違いないでしょう。また紀子さまのご心配を意に介さずといった感じで、相変わらず小室さんとは頻繁にやり取りをされていて、非常に上機嫌でいらっしゃいます。紀子さまは、多くの批判を集めながらも国民の前に立ち続ける眞子さまの強かさに驚く一方で、『眞子と小室圭は面の皮の厚さがそっくりですね』などとおっしゃることもございます。

眞子さまの本当の幸せを考えた時に、小室さんが相手では心配が尽きないと、紀子さまはそのようにお感じになっています。ですが本人には取り付く島もない…。そのような中での“お二人はそっくり”発言には、紀子さまの破れかぶれなご心境が滲んでいます。時折、眞子さまに『サクッと稼いで潔く皇室を去ったらどうですか?』とぞんざいにおっしゃることもあるほどです。事実上の皇室追放宣言といえるでしょう」(秋篠宮家関係者)

紀子さまのお気持ちを汲み、眞子さまが翻意されることを祈りたい。

22件のコメント

秋篠宮のDNA鑑定と会計検査が絶対必要な案件、岸田総理仕事して下さい。貧困な子供達が沢山居る。国会議員も多過ぎ!

148

国会議員が高級取りだから、変な人間が私利私欲のために国会議員になろうとする。国会議員の給料をボランティア程度にしたら、本当に国のために活動したい人だけが議員になるだろうよ。

93
1

KEIとヒステリーバラックがそっくり
経歴偽り人の金で生きている。
自己中で話を聞かない、理解できない。
日本語が不自由で暴言、虐めしかしていない。
勘違いがひどく自分が偉いと思い込んでいる。
日本の害でしかない。

108

天皇陛下は本当に皇后陛下を一生懸命守っていらっしゃるけれど、妻を病気にさせたものに対して、もっと怒るべきです。このままでは、皇后陛下はじわりじわりと殺されてしまいますよ。 皇室では珍しくないことです。

89

最近の末期高齢者の方の写真を拝見すると、骨粗鬆症が進行しているようで、腰が曲がり全体的にかなり縮んだご様子。存在自体がずいぶん軽くなったと、その方から発するモノ(!)をそのようにとらえました。

一方、敬宮さまの存在感がましてきました。両陛下の後ろ盾になるほどの重さを感じます。とは言え、内部はまだかなり柔らかく、デリケートで傷つきやすいようです。もう少しの時間が必要なのですね。

42

私も最近、同じように思えてきました。
皇后陛下だけが上から下から嫌がらせを受ける、こんな事が皇室の皇族ともあろう方々が平気でやってる。陛下は温厚で心根が優しいお方だとは思ってますが、仏の顔も三度まで!と言うことわざがあるように、一度、言葉は悪いがブチ切れてもいいのだと思います。

弟のお子さんも忖度で高校に行くような宮家からの天皇は絶対に許せません。
例のお一人が風になれば事態は動くと思うけど…

68

天皇陛下は一生懸命新嘗祭を行ってくださっているが、政府の米政策は。。。海外依存度の高い日本の食料事情。農家は高齢化。

そんな中でこのような人たちを皇族として尊敬するなんてとても出来ません。1日も早い皇籍離脱を希望します。

71
1

無能なくせに上から目線で国民を馬鹿にし、税金を湯水のように使いまくるところもそっくりな小室夫婦。

93

義父殿下が念願叶ってオレの母ちゃんと再婚したら、義母さまは皇室を去らねばならない
ご自分の心配もなさった方がいいンだわ

25
5

コムロコム
鯰との再婚話が実現したら、コムロコムの母ちゃんが皇后になる可能性があるンだっぱ
ア、ア、ア、アルマゲドンだっぱ
((((;゜Д゜)))

 歴史は人を、変えてしまいました。
正田美智子様の、父君は皇室への結婚を、強く辞退された方でした。
天皇家の遺伝子を、受け継ぐ子孫を残す事が、求められ、体調、メンタル両側から、ストレスを受けられたと、思います。 高度な医療で授かつた子供さんに関して、一番苦しんで居る方は、美智子様だと思います。
お気の毒ですが、半社の方が親戚に成る皇室は、世界に胸張れません。
ご苦労に反して、残念な事ばかりです。

6
12

  19:27さま
 あなたのようなコメントは初めて読みました。
私も、そう思います。
 徳仁さまを産んだ後か、第二子を流産した後か記憶は定かではありませんが、病人のようにやつれたお顔に驚いた記憶があります。
 それでも公務されていたのです。 責任を負わされ気力をふりしぼって頑張っていらしたのでしょう。 自分と同じ立場の雅子さまに対する思いも厳しいものがあると察せられます。 紀子さまとは違って当然です。
 秋篠宮さまも美智子さまの親戚からの養子だとすれば、皇室の犠牲者です。 皇室から追い払ったら何を言いふらすかわかりません。
 美智子さまは、親戚も犠牲にし皇室に貢献してると思ってるかもです。 秋篠宮家をかばいたくなる気持ちもわかる気がします。
 しかし、限度を超えていることを批判します。
 

1
24

>自分と同じ立場の雅子さまに対する思いも厳しいものがあると察せられます。

厳しさと、虐めは全く別のもの
美化し過ぎ

>それでも公務されていたのです。 責任を負わされ気力をふりしぼって頑張っていらしたのでしょう。

本当に体調が悪ければ、公務は周りから止められていたし、できなかったはず
毎年8~9桁の高額納税をしている身としては、テレビの皇室アルバムを見ているようで、おめでたいコメだなと思う
いっそブログ立てたら?

10

 あなたのコメはピントが外れてますよ。
納税額を自慢してるのですか?笑えますよ
卑しい根性はやめなさい。

2
1

ネットだから言える事実がある。実生活で実際の納税額言うほどアホじゃない。少しでも漏らそうものなら、あんたのように自慢だなんだと言うやつが殆どだ。
必死コいて働いて納めた税金が、自作自演でうっとりしている元皇后の婆さんのお衣装代になったいるのが腹立つってことだ。
オレの周りの金持っているやつ、みんな同じだ。必死に働いているやつこそ、怒りは大だ。
あんたのように短絡的な思考なやつがいるから、ミテコは増長した。ピントがずれまくりなのは、妬み深いミテコの女官だからだな。

7
1

天道に反するものが帝位につけば、国は乱れます。平成の二つの大災害は、その警告だったのでしょうか?

15
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です