美智子さま「雅子さんが見舞いに来ないから、調子が悪くなった」の慈悲 仰天“自愛”に紀子さま「もうムリ」の優しさ


外出自粛でストレスたまる美智子さま

コロナ禍が収まりつつあり皇室にも日常が戻りつつある。4月19日に予定されていた“立皇嗣の礼”も、11月中旬に執り行われる運びとなった。眞子さまは9月16日に「第67回日本伝統工芸展」に出席、佳子さまは27日に「手話甲子園」にオンライン出場された手話のパフォーマンスを披露された。9月22日には「秋季皇霊祭の儀・秋季神殿祭の儀」が予定通り挙行され、天皇陛下や雅子さまら皇族方が久方ぶりに一堂に会した。

一方で、気になる報道も続いている。宮内庁は9月28日に、肺炎で聖路加国際病院(東京都中央区)に入院されれていた三笠宮家百合子さまが、心不全のため入院を延長すると発表した。百合子さまは御年97歳と高齢であるが、幸いにも食欲もあり2週間程度の入院んで住む見通しであるという。

また上皇后・美智子さまは、定期健診以外は私的外出すら控える徹底的な外出自粛をされているが、これがストレスとなり、体調不良が続いているという。

「もともと活動的な美智子さまにとって、外に出れないことは非日常です。『女性自身』7月3日号では、美智子さまと電話されたご友人が「お声に張りがなかった」と証言されました。また『女性セブン』10月8日号では、趣味の音楽の演奏もままならず体調を崩されていることが報じられました。

平成の時代を休みなく駆け抜けた美智子さまにとって、自宅での休養は逆に気疲れしてしまうようです。はやくコロナ禍が過ぎ去り、美智子さまの素敵なお手振りが見られる日を心待ちにしています」(皇室ジャーナリスト)

敬老の日に騒動が

このように家で静養されることが逆にストレスになる美智子さま。そんな美智子さまが激怒される事件が9月21日「敬老の日」に起きたという。仙洞仮御所に務めるさる上皇職は次のように回顧する。

「毎年、敬老の日には皇族の皆様は上皇陛下と美智子さまに何らかのご挨拶をなされます。ですが、今年は新型コロナの影響もあり、代理人による略式での挨拶が交わされるにとどまりました。どうやらこれが美智子さまのお気に召さなかったようです。

『雅子さんは何故、お見舞いに来ないのですか? おかげで調子が悪くなりました』『上皇后を敬うのが下皇后の務めではなくて?』とブツブツと…。すかさずお付の者が『この状況下では厳しいかと。ですが雅子さまも紀子さまも、お優しき上皇后さまのことを心から尊敬申し上げているものと拝察いたします』とフォローしたのですが、これが逆に起爆剤になってしまいました。『私は体調が優れません!ここ見て!ここ!見て!ほら!ほら!週刊誌にも“体調が優れない”って書いてあるじゃない。どうして誰もお見舞いに来ないのからしら』と女性週刊誌を片手に持ち、もう片手で記事を指さしながら何度も何度も大きな声で仰いました。

あまりのお労しい姿に、職員一同の涙を誘いました」(上皇職)

この上皇職の見解は、赤坂御所のさる職員は次のように弁明する。

「いえいえ、天皇皇后両陛下ともしっかりとご挨拶をなさり、体調も気遣われています。また雅子さまは女性週刊誌をお読みにならないので、美智子さまも体調不良については詳しく存じ上げなかったのかもしれません」(赤坂御所付き職員)

週刊誌を介して情報のやり取りをしているとは驚きだが、それだけ嫁姑の関係は複雑なのかもしれない。先の赤坂御所の関係者も「雅子さまはオープンなのですが、美智子さまが…」と語る。

紀子さまに電凸するも

嫁姑のコミュニケーションは世間一般でも難しい。香淳皇后との嫁姑関係で苦労させた美智子さまならば、猶更のことだろう。だが転んでもただは起きぬのが女帝・美智子さまの凄さだ。なんと敬老の日の夜に、紀子さまに電話をしたのだという。

「美智子さまは夜8時ごろ、紀子さまに直通電話を掛けられました。曰く『今から雅子さんを連れて、挨拶に来い』というのです。さすがの紀子さまも仰天され『今日はこれから予定がありますので…。皇后陛下もお忙しいかと』と咄嗟に答えたのですが、美智子さまは『私よりも大切なものがあるのかしら? 雅子さんが“ご多忙”なわけないでしょご静養のプロなのに!』と大変大きな声で。

これにはさすがの紀子さまも反論できず、かといって雅子さまにご迷惑をかけることもできませんから、独り高輪皇族邸にご挨拶に行ったそうです。ご帰宅後に紀子さまは『もうムリ』と俯きながら呟かれたとか…。お優しき皇嗣妃としてどうぞ健康に気を付けていただきたく思います」(秋篠宮家付き職員)

紀子さまと美智子さまが交わされた会話の内容を知る人物に巡り合うことはできなかった。美智子さまの健康状態は大丈夫なのだろうか? 美智子さまのお傍で仕えたこともある小内誠一さんに話を伺った。

「いやいやこれは平常運転。とてもお元気な証拠です。これから紀子さまは大変かもしれませんが、平成時代に甘い汁を吸い続けた結果ででしょう。いずれせよ、はやく美智子さまの元気なお姿が国民の前に出てくることを期待しています」(小内誠一さん)

美智子さまの慈悲・慈愛に満ちたお姿を国民が拝する日も近いようだ。

お元気な美智子さま。実際には体調も良好だという

13件のコメント

両陛下へ。
余りにもぐだぐだぐだぐだとミテコが五月蝿く言うのなら、思いっきりミテコの胸ぐら掴んで「てめえはぐだぐだ言わず黙って引っ込んでろボケェ!」と言ってあげれば良いんです。

65

 そんなぁ~ お下品なことぉ
お上品でお優しい天皇皇后両陛下ができるわけないではありませんかぁ~
 しかし天皇皇后両陛下、やらんかい‼️
 

43
2

国民は、すべてを知り、皇室のあり方を、考える時、血税が湯水の如く使い、政府の責任は大きく、長期政権腐敗構造になる事国民は、改めるべきだろう、このままだと、日本は崩壊に向かっている。

60

あのキコさまがマサコさまをかばっていることからも、やはり天皇家と秋篠宮家の縁組のうわさは本当なのかもしれないンだっぱ

3
41

 皿かっぱ  え~っと 建前はイトコ同士の結婚、真実の血縁はどうなるンだっぱ?
 ややこしいから下げポチ‼️

ミテコは雅子様の悪口が楽しくて仕方ないから、呼び出して嫌みを言ってストレス解消したかったんじゃないの?
それしか趣味が無いもんだからどんどん嫌な人相になってる。

55

香淳皇太后さまになられてからの11年。
その間、敬老の日や折々のお見舞いはどうされていたのでしょうか、御嫁さんら?

37

つうか、上皇はどうしてんの? 令和の一般参賀の時、ニコニコしながら、天皇陛下をじっと見ている様子は、だいぶボケが来てると思った。
ミテコのストレス解消のため、いじめられてないか、ちょっと心配。自ら蒔いた種とはいってもミテコは陰湿だからね。

31

上皇后さま、あなたの「ご英断」で、敬宮愛子内親王を皇太子になされば、国民はあなたのことを「さすが」と見直し、ご万歳後も「皇室に真の改革をもたらした人」と称賛されるでしょう。いつまでもアノ次男坊に執着していては、ともに晩節を汚してしまいます。どうか、ご決心を。

32

ミテコの鶴の一声で皇位継承が決まったらそれこそおかしくありませんか。あの人には、そんな権限ありません。

20
2

香淳皇后との嫁姑関係に苦労されたとあるが、どのような内容だったのか、皆目存じません。
どなたか教えて下さい。

20

昭和天皇が御存命中から勝手を通して
いた婆が、苦労した筈がありません。

嫌がらせどころではない仕打ちを被っ
て居られたのは香潤皇太后陛下です。

此の一点だけに於いても、万死に値す
る○チガイです。

ミテコの人間性は若い頃から同じだと思う。自愛を慈愛の演技で長年国民を騙してきたけど、今は演技も必須でなくなったので本音がバレ出しただけ。年取って醜くなったのは本性が剥き出しになったからでしょうね。持って生まれた善人なら人は年を重ねると綺麗な優しい顔や性格になるではないですか?

23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。