眞子さま「皇室追放劇」の全真相 秋篠宮さま“会見”に、小室圭さんが放った“衝撃の一言”


激動の11月

2020年11月は秋篠宮家にとって激動の一月なっている。11月8日には秋篠宮殿下が皇位継承権一位(皇嗣)となったことを内外に宣明する“立皇嗣の儀”が執り行われた。コロナ禍第3波の中で強行されたことに、国民からはひんしゅくの声が相次いで上がった。関係者の話によれば「眞子さまの“お気持ち”を年内に発表させるため、紀子さまが強行を熱望された」(皇嗣職)とのことだ

この眞子さまのお気持ちは、11月13日の定例記者会見で加地皇嗣職大夫からメディアに配布され、その中で眞子さまは「結婚は生きていくうえで必要な選択」と、小室圭さんへの愛を情熱的に語った。これについて精神科医の片田珠美さんは「文書は眞子さまが書かれたものとされていますが、制作にあたっては小室さんも一枚噛んでいるのではないか」「二人が一緒にならなければ心が壊され、死んでしまうとも捉えられる危うさを秘めている」と評価している(週刊新潮2020年11月26日号)。

眞子さまの愛の深さに根負けしたのであろうか、秋篠宮殿下は20日、赤坂御用地内の赤坂東邸で誕生日会見に臨み「親としてはふたりの結婚の意思を尊重する」と、お二人の結婚を容認する姿勢を示した。だがこれに続き「結婚と婚約は別問題である」とも述べている。今、この齟齬に注目が集まっている。

爽やかな笑顔が印象的なお二人。いまごろ「大勝利」という美酒に酔いしれているだろう。

秋篠宮さまの本意はどこに?

秋篠宮殿下は誕生日会見で、いわば「婚約は認めないが、結婚は認める」という、一読して矛盾する姿勢を示されたことになる。その本意はどこにあるのだろうか?

これについて旧宮家筋の血筋にある竹田恒泰さんはツイッターで「婚約なしに結婚の可能性があるとのことか。結納にあたる納采の儀は両家が行うものだが、結婚は当人同士が行うもので、個人の意思を尊重し結婚は認めざるをえない、ということと思われる」と述べている。元宮内庁職員の小内誠一さんも次のように推測する。

「秋篠宮殿下は『国民の祝福が得られない限り“納采の儀”はできない』という趣旨を2018年の誕生日会見で仰っています。ですが婚約にあたる“納采の儀”は、あくまで皇室内のハウスルールに過ぎず、法律的に定められている必須行事ではありません。

世間一般でも“結納”を経ずにカップルが結婚することはよくあります。眞子さまも”納采の儀”などの婚姻行事を経ずに結婚という道を選ばれる可能性があるということです」(小内誠一さん)

“納采の儀”を経ずに眞子さまが結婚するとなれば、歴史上初めてのことになる。さる皇嗣職は肩を落とす。

「未来の皇統を紡ぐ秋篠宮家の長女が、“納采の儀”を経ずに結婚、降嫁するなど信じられません。秋篠宮家は、日本の象徴になるという社会的責任を放棄したとした思えません」(皇嗣職)

眞子さま皇室追放へ!

美しい秋篠宮姉妹。お二人とも「はやく皇族から抜けたい」と考えられているという。

眞子さまが皇室の婚姻行事を経ずに、小室圭さんと婚姻届けを出すことになれば、それは「異例のこと」(山下晋司、元宮内庁職員)になるという。だが、その動きは既に着々と進んでいるようだ。秋篠宮家の奥に通じる職員は次のように内情を語る。

「秋篠宮殿下も紀子さまも、眞子さまの一件について基本的には反対です。ですが眞子さまが『結婚できないなら死にます』『認めてくれないなら暴露本を出版します』と強弁に言い張って押し切られたというカタチになります。しかし皇統を紡ぐ秋篠宮殿下が『“納采の儀”はできない』といったものを、『やっぱりやります』と撤回するのは難しい。

そこで苦渋の決断ではありますが、表面上『眞子さまを皇室から追放する』という体裁をとって、お二人の結婚を認めるというカタチでお認めになったものと拝察いたします。眞子さまとしては『皇族なんてこっちから願い下げっ。自由気ままに生きたい』と常々お考えだったようで、殿下のご提案に『“納采の儀”なんかどうでもいい。日本死ね』と捨て台詞を仰って了承されたそうです

いわば、小室圭さんと一緒になれるなら、国民感情などどうでもよく、“喜んで皇室追放されたい”ということです」(先とは別の皇嗣職)

思えば秋篠宮殿下は、昭和天皇の喪中に婚約内定記者会見を開くことに反対された折、「結婚できないのなら皇室を離れる。紀子を連れてイギリスで一緒に暮らす」と叫ばれたという(『川嶋紀子さんの魅力のすべて』プレーン出版)。

この親にしてこの子あり——この言葉の重みを今ほど感じることはない。河西秀哉さん(名古屋大学准教授)も、「一連の結婚問題はひとえに秋篠宮家の自主性を重んじる教育の帰結」と述べている通りだ(週刊新潮2020年11月26日号)。

小室圭さん“衝撃の一言”

カギを握る男。小室圭。その圧倒的な存在感は、歴史の教科書にいつか載るかもしれない。

このように秋篠宮殿下の誕生日会見を受け、眞子さまと小室圭さんの結婚問題は、「皇室追放」という向きに大きく舵を取った。もう一人の当事者・小室圭さんは何を思うのだろうか?

「実は小室圭さんの母・佳代さんから11月中旬に何度も宮内庁側に電話がありました。具体的には『ネットでは、先に皇籍離脱して一般人になってから結婚すべきという意見がありますが、そうなった場合でも一時金1億5000万円はもらえますよね?』という内容でした。

一時金は結婚に対して贈られるものではなく、あくまで皇籍離脱に対して贈られるものです。ですから『どのような形であれ眞子さまが皇籍離脱すれば、一時金が支給されます』と答えました。すると小室佳代さんは大変喜んだ様子で『お調べいただきありがとうございました』と。

小室圭さんも佳代さんも、眞子さまの一時金が目当てなのは明白です。この度の秋篠宮殿下の『結婚容認』発言を受け、さらに眞子さまが皇室追放になっても1億5000万円が手に入ると知って、小室圭さんは『大勝利!』と叫ばれているのではないでしょうか?」(宮内庁職員)

ネット上では「一時金の受け取りを辞退すべき」という声も多い。だが元宮内庁職員の小内誠一さんは「結婚後の警備代など必要経費もここから出ます。これを完全にカットしてしまうと、お金欲しさに小室家が“皇室利用”をはじめる可能性があります。やはり後顧の憂いを絶つために、破談が一番なのですが…」と語る。

秋篠宮殿下の誕生日会見の仔細は11月30日に解禁される。

15件のコメント

一時金の受け取りを辞退したけど、大統領の年収が数百万円というパラグアイから 勲章と副賞1億5000万円を貰った…のが、不思議です。
まるで、マーチン奨学金みたい。
実際は、授業料全額免除のマーチン奨学金というものは無くて、通常のマーチン奨学金は 留学生は対象外。実は、M基金だと。

ブラジルからも 同額出てましたね。

それに、日本政府は住居や警備費などにいくら費やしたのでしょうか、日本領事館を通して、外務省を通して、何億も流用しているんですよね❗

72

辞退したことによってNY領事館を通じて特権は確保できたわけで
まさに損して得とれなンだわ

45
1

もはや秋篠組。
怪しい出来事も「そんな事実は無い」で終了。
敬愛に当たる資質がひとつもないという一家が、
何故か自由気ままに宮内庁をあやつり、国税を使い贅沢三昧。
この状況を誰が終わらせるのか?

53

皇室の黒歴史

道鏡とコムロッチ

中身はちょっと違うけど。

小室ッちの妻の方は・・八百屋お七なみのクレージーだしね。

そうだ。噂の安西家って;

安西家が新潟県の阿賀野川で第二水俣病を引き起こした第二水俣病加害企業である昭和電工の経営の一族

雅子妃をみて子が水俣病の犯罪者と愛子様に言ったらしいけど、みて子の妹も関係あんじゃんか。よく言うわ。

15

圭母がアンポンタン息子をカイザー圭と言ったらしいけどね、

新聞取る気もないのに勧誘員に米もってこいと言ったんだね。

だから、カイザーではなく・・・米びつのカイザー圭と命名したわ。ぴったりでしょう?

なんでも欲しがる・・・〇〇母子。  命までとったんだしね。おお恐い。

人間ですか?妖怪ですか?悪魔ですか?

逮捕してよね。この親子。母は○○師で息子はさお師らしいからね。

ケイは整形までして国際○○師きどりだし。笑える。

22

ベンチャー企業の社長にしろだって?何いってんだか。この税金泥棒。

精々 母がやってたベンチャー企業の年より騙す奴。後妻業 これならできるでしょう。

19

ご主人の方は、真面目に出社してないような
ことあるYouTubeで聞きました。
働く気ないのなら物価の安い開発途上国に
移り住んだ方が良いのでは?
お金いっぱい持ってればアメリカよりも
簡単に永住できるんじゃないですかね、
このままでいくとビザ5月にはきれるそう
ですね、
外務省にベンチャー設立して、自分を社長に
しろですって!
どこまで図々しいの、よく言えるね、
ロイヤルニート!ヒモ!
真面目に働け!

20

「降嫁一時金には結婚後の警備費も含まれます」って、そうなの…?
初めて知りました。
では、典子さんも絢子さんも、17年前のサーヤさんもその「降嫁一時金」から警備費を賄っておられましたかね?w
大体、結婚後も過剰な警備を付けさせたのもサーヤだけだったじゃないですか、それも一定期間だけでした。
「皇室関係者」と思われたくてテキトーな事言ってんじゃないわシロートがw

そもそも「一時金には結婚後の警備費も含まれる」なんて出鱈目吹いて「だ~か~ら~ぁ、一時金あげようよ?マコさまオカワイソウでしょ?」な流れに持っていきたかっただけなくせして何を尤もらしい事書いてるの?
果たして「欲深くなく愛を貫かれた」テイのマコさま()は
イメージ戦略通りに「表向きの一時金」は辞退して、
「裏向きの結婚祝い金」やら「裏金の副賞」やら「在米邦人VIPの保護活動費」やらをミテコさまからパラグアイから外務省からたっぷり貰ってますわ。勿論、あの二人が結婚後の「警備費」なんて、別枠で計上されてて、1年で1億五千万で間に合うのかどうかw
いずれにせよKK夫妻が出すものなんか1つも無い。

つまりはマコさんにとっては「は?降嫁で1億五千万?ばからしい!んなもんで足りる訳ないでしょ!」ってことですよ。1億五千万は「ハシタ金」。
なのに「あげなきゃ可哀想」と世論を煽った上で「でも純愛なので辞退します」的に「麗しい謙虚さ」を演出したこの一家。
「沢山欲しい」「いくらでも欲しい」くせに批判も批難もされたくないだけじゃなく、
同情されて謙虚だと思われたい、と言う
「何一つ捨てる気の無い貪欲さ」が大嫌いです。

とっとと一家丸ごと廃○されてくれ。

15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。