紀子さま、料理人を次々クビに! 美智子さま“苦言”も意に介さぬ独裁ぶり


職員を召使いのように扱われる紀子さま

今月11日、秋篠宮妃紀子さまは54歳の誕生日に合わせ、宮内記者会の質問に文書にて答えられた。

今年も、文書にてご家族の近況などを中心に様々な説明をされ、その他、国民への感謝の気持ちや、秋篠宮殿下と共に天皇皇后両陛下お支えするという決意についても述べられた。

この1年をふり返りますと、まず、即位の礼とそれに関連する諸行事のことが思い起こされます。一連のお行事が無事に執りおこなわれたことを、大変よろこばしく思っております。即位礼正殿の儀をはじめとするお行事に参列された方々や、祝賀御列の儀や一般参賀などに集まられた多くの皆さまから寄せられたお祝いの気持ちに感銘を受けました。これからも宮様とご一緒に天皇、皇后両陛下をお支えできますよう、努めて参りたく存じます。

秋篠宮皇嗣妃殿下お誕生日に際し 宮内記者会の質問に対する文書ご回答 令和2年9月11日(金)宮内庁HPより

美しい表現が散りばめられ、心温まる国民への愛情と思いやりや感謝の気持ちが綴られた文書だが、一方、気がかりなのは、ご一家を支える職員などには一切感謝の気持ちなどが述べられていない点だ。このことに関して、ある宮内庁関係者は次のように語る。

「公式の文書にて、紀子さまが職員らに対して感謝の気持ちを述べられるようなことなど到底考えられませんよ。秋篠宮家に仕える職員のほとんどは官僚などの公務員ですが、紀子さまは召使いか何かのように捉えておられるのでしょう。

これまで、週刊誌などのメディアで繰り返し紀子さまの秋篠宮邸内での横暴ぶりは報じられてきましたが、あたかも独裁者のように振る舞われるそのご様子から、職員の中には、秋篠宮家を“川嶋王朝”などと呼んで揶揄する者もいるほどです」(宮内庁関係者)

お誕生日文書の中で、紀子さまは医療関係者のために作った手作りガウンについても触れ「私たち家族と有志の職員とで防護服を作りました。」と述べられたが、先日発売された『週刊現代』(2020年9月26日号)では、この防護服作成にまつわる裏話が暴露されている。

なんと、その報道によると、紀子さまは防護服の作成作業を職員にも頼まれる際に、同じ仕事を複数の職員に振って、それを競わせ、「手作りガウン」を作る作業が遅い者や、出来が悪い者には容赦なく叱責されるのだという。

あたかもブラック企業の経営者のような横暴ぶりであるが、実際に『週刊文春』(2015年7月9日号)にて、料理番の職員が、秋篠宮邸の職場環境について、「一言で申し上げるならブラックバイト」であるとの告発を行っている。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

告発の続く秋篠宮家のブラック職場ぶり

過去には、侍女長を就任後わずか1週間余りで出勤不能のノイローゼに追い込まれたこともある(『週刊新潮』2011年8月11日・18日号)紀子さまだが、料理に対する強いこだわりと情熱を持たれているためか、料理番に対しては、とりわけ厳しい態度で接しておられるという。

『週刊文春』(2015年7月9日号)では、料理番を務める職員が、秋篠宮邸での勤務の内情を赤裸々に暴露しているが、その内容は凄まじく、この告発記事は当時大変な議論を呼んだ。

秋篠宮家の料理番はこれを読み、自嘲の笑みを浮かべながら話すのだ。

 「(秋篠宮家の)宮仕えを一言で申し上げるならブラックバイトのようなものですよ。口幅ったいことを申し上げるようですが、一流の料理人が務める場所じゃない。

この25年の間、『奥』では実に多くの職員が宮家(秋篠宮家)を去りました。単なる人事異動ではなく、心身のバランスを崩すケースも多々あったのです。」

『週刊文春』(2015年7月9日号)

この料理番は、秋篠宮家での勤務の過酷さ、特に料理番に対する紀子さまの姿勢の厳しさを示す根拠として「定年まで務め上げた料理人が未だかつていない」という事実を挙げている。

「紀子さまは、過去には気に入らない料理を作った料理人をクビにされたり、うつ状態に追い込み、移動させたりと、ほとんどやりたい放題の状態です。

おそらく、職員を取り換え可能なパーツか何かと勘違いされているのでしょう。実際に、次々と料理番などの職員を精神的に追い込んでは、新たな職員を補充させるのですが、その度に宮内庁は人材探しに奔走することになります。

秋篠宮家のブラックぶりは、各省庁の間で、すっかり周知のこととなっているため、その労力は並大抵ではありません。それほど苦労して探した人材を数カ月程度、あるいは早い場合には数週間で勤務不能の状態に追い込まれることもあるのですから、宮内庁の職員の中には、呆れるといった感情を超えて、怒りや敵意を抱く者すら少なくないようです」(前出の宮内庁関係者)

美智子さまも苦言も聞き入れず

こうした職員らの惨状を見かねてか、ある時美智子さまが、「もっと職員らを大切に扱うように」と苦言を呈されることもあったという。しかし、残念ながら、そうした美智子さまのお言葉も紀子さまの心には響かなかったようだ。

「職員らに対して、高圧的に振る舞われる紀子さまに対して、美智子さまは“宮家を支える職員らに対して、もっと感謝と愛情の気持ちを持って接するように”と、また“常に、職員らに感謝の気持ちを伝え、一人一人を皇室を支えるかけがえのない人材として尊重すること”などをアドバイスされたこともあります。

こうした美智子さまのお言葉に多くの職員は大変感銘を受け、“さすがは慈愛の皇后陛下である”と改めて深い敬意を抱いたそうです。それと同時に、”なんとか紀子さまがこうした助言を聞き入れて下されば”とも考えたようですが、残念ながら、こうしたお言葉が紀子さまに聞き入れられることはありませんでした。

紀子さまは、美智子さまの前では、こうした助言に深く感動し、素直に聞き入れられるような素振りを見せられましたが、美智子さまが去られた後では、不満げな表情を見せられながら、“あの人はいつまで自分が一番偉いと思っているのでしょうね?”と嘲笑交じりの皮肉を口にされたようです」(同前)

かつては、美智子さまを深く尊敬されていた紀子さまであるが、平成の時代の終わりごろには、美智子さまのお言葉もほとんど聞き流すようになられていたという。

今後、皇室典範が改正されなければ、今上陛下が退位された後に秋篠宮家に皇位が移ることとなるが、宮内庁の職員の中からは、このように職員らに対して横暴な振る舞いを見せられる紀子さまが皇后陛下となった場合、皇室全体がブラック企業のような体質になってしまうのではないかと懸念する声も上がっているという。

紀子さまは、ご家族に対しては深い愛情を抱かれており、特に長男悠仁さまに対しては、世間のどんな親にも負けないほどの愛情と慈しみを持って接しておられることは、多くの関係者らが認めるところである。

出来ることなら、そうしたご家族に対して抱かれているのと同様の愛情と思いやりのお気持ちを職員らにも向けられれば良いのであるが。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

20件のコメント

他人が働いてくれる家に育った人との違いですね。お店の人に威張ったりする人と同じで、お育ちですね

134

まず「平民の皆さんは起立、直立不動の姿勢で謹聴するように」というテロップが流れる訳ですね。

69

このように美しいお手本のような文章の作成にはお父様である川島教授か関わって来られたのではないですか?

「これからも宮様とご一緒に天皇、皇后両陛下をお支えできますよう、努めて参りたく存じます。」

≫これからも宮様とこ一緒に天皇、皇后両陛下を妨害し策略に陥れるよう、努めて参りたく存じます。

79
1

料理人さまへ
狐子にはキムチだけ食べさせておけば上等です
和食を作っても和食の味も綺麗な食器の良さも何も分かりません
あちらの国はラーメンも鍋のまま食べるのですから…

90

煩くしつこく性格が悪く、手練手管を使える人物が出世レースを勝ち抜き上のポストに着いている。
この人こそ上司になっていただきたいと思う人物は早めに消えて行く。

日本のいじめ体質いじめ文化は外からはなかなか見えにくい。いじめ隠蔽日本の象徴秋家を何とかしてください。

71

>週刊誌などのメディアで 繰り返し紀子さまの秋篠宮邸内での横暴ぶりは 報じられてきましたが、あたかも 独裁者のように振る舞われるそのご様子から、職員の中には、秋篠宮家を“川嶋王朝”などと呼んで揶揄する者もいるほどです。

正田王朝・川島王朝・小室(角田)王朝……日本はどうなるのでしょう⁉️

過去に何度か読んだ記事ですが、何度読んでも 怖ろしい人が皇族になったんだ!と 驚きます。
ぜひ、このこと(他の事も)を、新聞やテレビで報道してほしいものです。

83

片田珠美さんら識者の方々に詳細に分析していただき、テレビで特集して貰いたいですね。

57

私の周り親類縁者には、このような人は見当たらない。これが次期皇后とは恥ずかしく、不可解で、ここはと万葉集に代表される国なのに、K国の悪女の如き、振る舞いは未だに信じられない情報です。

62

人に作って貰った食事は美味しいですよね
自分で作ると疲れるから・・・

奇行さんは成長過程でこのような経験をしたことがないのでしょうか
文句を言って難癖付けるのは身に染み付いたコリアン文化なんですかね
両親も不平不満を口にする毎日だったので連鎖しているのでしょうか

一食でも作って貰う幸福感
感謝をして頂きなさい
「明日に礼拝昼は汗、夜は感謝に眠りましょう」
と床につくのです

52

キコは自分で作った事無いようだから、料理人の苦労は理解出来ないでしょうね。

小和田家は海外赴任が多かったので、日本的な物事の習得に熱心な家庭。
外国人ゲストを和食でおもてなしできるように、
外交官志望だった雅子陛下も早くから和食修行している。
嫁いだ後は、時々、厨房に入って質問したりメモを取ったりなさるとか。
そのレシピノートは、フランス料理ならフランス語、という風に、マルチリンガルの書き込みなんだそうです。
何事にも研究熱心な性格が出ている。

キコはただギャーギャー文句言うだけ。

皿はたぶん簡単な料理を何回か作った事があるだけだと思うよ。
あちこち出歩いてばかりだから忙しいし、
何かをじっくり極めようとする性格じゃないもん。
ピアノもちょっと弾けるだけ。
上手くなろうと練習することより、
エプロン姿やピアノ弾いてるところの写真を撮られたい。
ハープを弾く真似の写真を撮らせたりとか、本当にあたおか。

60

 美智子さまの上げ記事も入ってますね。
キコさまをけなし、美智子さまの名誉回復が狙いでしょうか。
 こんな世論であの世に逝かれたら哀れで、皇室の権威失墜ですもんね。 今後、あの手この手の記事が出ることでしょう。
 一切表に出ず、カレンダーにも載らず、おとなしく隠居してるのが一番なんですけどね。
 浅知恵の記事など反発をかうだけなのに。

62

自分があんな妖怪じみた老婆になったら、
もう写真を撮られるの嫌だわ。

女優ですら、後期高齢者になってからも、カレンダー出すとか無いよね。

55

碍児の♂を産んだくらいで、ちやほやしてきた日本会議も悪い。
皇室に入る前の身体検査である出自調査を拒否してきた時点で、全力で追い出すべきだったが、アーヤも偽皇族だから弱みを掴まれっぱなしといえる関係。

48

菊のカーテンの記事を読んでいて、「この話、ホンマかいな?」と思う事がよくあるが、キコ卑は多くの職員達を敵に回しているから、結構真実に近い事がわかった。
内部告発が一番怖いことを、頭が悪いからわかっていない。
この女の倅が筑付→東大なんて不可能なことは、小学生だってわかる。

46

秋家で働いている職員はやりがいもなく虚しい毎日でしょうね。
状況を訴えても我慢するか退職するかしかなく、改善される事がない。
そんな強権的な輩が皇統を握ろうとしているのに、宮内庁も政府も従うばかり。
皇室だけでなく、日本国も混乱や滅亡に向かっているんだろうか?

34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。