紀子さまも逃げ出した「お妃教育」の厳しさとは 元侍従が残した「苦言」


文/佐藤公子

厳しきお妃教育

お妃さまとなる以上は「握手の仕方、歩き方、話し方、椅子の座り方ひとつとっても、皇族としての完全なマナーができてなければならない」といわれるくらい厳しいのが当たり前。このほかにも、皇室のしきたりや歴史などもしっかり学ぶ必要がある。

大学では「サークルでテニスやゴルフをしたり、スキーやディスコにも行かなくっちゃならないし〜、いそがしくって勉強どころじゃないのよネ!」などと、声高に叫ぶお嬢さまがたには、とても耐えられるものではないのです。

では、戦後お妃さまになられた方々の場合は、どのようなお妃教育を受けられたのだろうか?

テニスを楽しまれる麗しき紀子さま。国民へのサービスなのだろうか?

お妃教育の基本

昭和天皇の妻・香淳皇后(良子さま)の場合はもともと皇族であり、幼少のころからお妃候補として教育を受けられたため、戦前まではお妃教育というものはなかった。今のように定着したのは美智子さまからである。美智子さまは民間のご出身、しかもミッション系の教育を受けていたということから、「納采の儀」の行われた昭和34年1月14日の前日から3か月間、週6日で延べ97時間もの講義を受けられた。

その主な内容は、

  • 書道(講師/藤岡保子)
  • 和歌(講師/五島美代子)
  • 英語(講師/エスター・B・ローズ)
  • フランス語(講師/前田陽一)
  • 礼儀作法(講師/松平信子)
  • 宮内庁制度(講師/瓜生順良)
  • お心得(講師/小泉信三)
  • 宮中祭祀(講師/甘露寺受長)
  • 宮中慣習(講師/入江相政)
  • 宮中行事および一般行事(講師/吉川重国)
  • 宮中儀礼(講師/保科武子、高木多都雄)

となっている。これらの講義はすべて1対1。

そうそうたる顔ぶれが講師に名を連ねていたこともあり、皇后さまは息を抜く暇もなくノート持参で宮内庁分室に通われた。華子さまの場合、旧津軽藩出身の元伯爵令嬢ということもあり、お妃教育は週5日、計2ヵ月にわたり、8課目の講義を受けられた。

紀子さま28時間、雅子さま50時間

この揺るぎない「お妃教育」の系譜を、大幅に簡略化させたのが他でもない秋篠宮妃となった紀子さまである。紀子さまの場合は、外国生活が長いということもあり、英語は省かれ8課目で合計28時間。日本歴史と和歌に重点がおかれそれぞれ6時間ずつ割り当てられ、ほかの講義も簡略化された…と発表されたが実像は別にあったようだ。

紀子さまは『国民に寄り添う皇室を目指しているのであれば、お妃教育は不要』と主張されたこともあり、お妃教育らしい教育は受けられていません。英語が話せるという自己申告を信じたばかりにこの講義は省かれましたが、紀子さまがあまり英語がお得意ではないのは近頃の海外公務を見れば明らかでしょう。お妃教育の厳しさのあまり『逃げ出した』というのが正確な表現です。

当時、紀子さまは秋篠宮殿下が天皇になること、つまりご自身が皇后になる可能性など全く考えずに、ミーハー気分で嫁いでこられたのです。今にしてみれば、後悔先に立たずです」(宮内庁重鎮)

昭和天皇の侍従を長く務めた小林忍さんは、当時の日記に紀子さまのファッションセンスを次のように記している。

平成5年6月22日(火曜日) 秋篠宮邸前を通ったが、門前の車庫前に同宮妃殿下がお子さんをつれ運転手とお話ししておられたので、おじぎをした。全く普段着のスラックスにTシャツという姿で、最初は妃殿下とは気づかないほどだった。

小林忍『最後の侍従日記』

紀子さまに「礼儀作法」や「お心得」といったお妃教育は不毛に終わったようだ。

ところで雅子さまの場合も、英語、フランス語はご堪能なので省かれたが、紀子さまよりもはるかに厳しく8課目、延べ50時間となり、見事にすべて完了された。

10件のコメント

結婚当時はよく出てた写真ですね。
いや~、今巷に溢れてる情報とあわさって生々しい。
この写真、前からパ〇ツ丸出しのもありますよね。
これじゃ、娘達も言うこと聞かないわけだ。

388
6

そりゃ、比べるのが間違ってます。
もともとの素養が月とスッポン、心構えからして天と地ほどに違うのですから。

398
1

悠仁様の教育、どうするつもりなんでしょうか?
将来が不安だらけなんですが。

322

ヒサヒトさんの心配は要りません。
いずれ「任にあらず」と辞退になると思います。
ズルばかりの人生を送ってきた方が、天皇に成れるわけありません。

313
1

>紀子さまは『国民に寄り添う皇室を目指しているのであれば、お妃教育は不要』と主張されたこともあり、お妃教育らしい教育は受けられていません。
お妃教育の厳しさのあまり『逃げ出した』
 ↑
こんな小娘狐のうちから、呆れました。なんて図々しい人なのでしょう!
それが、まかり通ってしまう事がおかしい。

174

お勉強が嫌いなんでしょう。
華子さまがご指導しようとして拒んだ方ですし。
他の方の意見を聞きたくないのはお姑さんと一緒かと。
見習ったのかな。

185

「皇族になりたい、皇室に入りたいという気持ちで近寄って来る様な女性では困りますね。」
「海外に行ってブランド物を買い漁る様な金銭感覚の持ち主では困りますね。」
かつて浩宮さまがお妃選びの質問に対してこのようにおっしゃっていましたね。その女性はこの方の事だったのでしょうか?

143

まず、母親の所業を見て疑問を持ち、弟夫婦の所業を見て、こうなってはいけないと危機感を持った結果ではないでしょうか。
お妃教育を逃げ出した時点で、紀子は皇室にいれていけないと気づくべきでしたね。

119

それだけではなく、暗に母上のことも含んでのことだと思いますよ。

89

>国民に寄り添うのにお妃教育は不要

何を勘違いしてるんだか…。

>秋篠宮が天皇、自分が皇后になることなど考えてなかった。

いやいや、それは違うでしょう。
最初は天皇陛下狙ってたんだから。

やるべき義務は果たさずに、高い地位と金、国民からチヤホヤされることだけを望んでいたのです。

この人が入ってから、皇室はおかしくなった。
あっ、その前に上皇后がいましたね。

天皇皇后両陛下と敬宮様が、国民の希望です。

86

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。