雅子さま、愛子さまが語られた「東宮バッシング」とは 「過去のことを申し訳なく思っている」の真意


文/木下聡

ユーモア溢れ、笑顔の絶えない天皇ご一家

12月1日、19歳のお誕生日を迎えられた天皇皇后両陛下の長女・愛子さま。当日には、お誕生日のご近影が公開された。中でも注目を集めたのは、2009年に、生後二ヶ月で譲り受けた保護犬「由莉」とのツーショットだ。

「雅子さまは1998年のお誕生日記者会見で、由莉の先代の愛犬“まり”と“ピッピ”について『今、犬がおりますけれども、この、犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく“夫婦喧嘩は犬も食わぬ”と申しますけれども喧嘩の種は割とよく拾って食べてくれるような気がいたします』とお話されたことがあります。

また陛下も、犬のリードを腰に繋いでジョギングしていた際に『運悪く犬が猫を見つけてしまった暁には、大変、引っ張られることがございます』ととてもユーモラスに語られています。本来とても朗らかで楽しく、笑いの絶えないご家庭である天皇家を、実によく表していると思います」(宮内庁OB小内誠一氏)

愛子さまは12歳の頃、学習院初等科の卒業文集に「動物たちの大切な命」という作文を寄せられ、その中で次のようなメッセージを綴られている。

《私はこのような、人と動物の絆の素晴らしさや、命の大切さを広く伝えていかれたらよいと思います。そして、犬も猫も殺処分されない世の中の実現に向けて、たくさんの人に動物の良さが理解され、人も動物も大切にされるようになることを願っています》

「愛子さまにとって12歳の頃は、お母様のことや報道のことで、最も大きな壁にぶつかっていた頃でした。お辛いときでもユーモアを忘れすに、笑顔で朗らかにご成長された背景には、動物たちとのふれあいにより学ばれた、生きとし生けるものすべてへの敬意という、深い洞察があったように思います」(同前)

愛子さまと愛犬の『由莉ちゃん』

東宮バッシングの思い出

素晴らしい絆と愛で結ばれていた天皇ご一家が長い冬の時代に入ったのは、2003年12月頃のこと。雅子さまが帯状疱疹を患われたことをきっかけにしてだった。帯状疱疹の主な原因は疲労やストレス、加齢などによる免疫力の低下で、雅子さまはこの時公務を春頃までお休みすることになった。

「当時の皇太子一家は、宮内庁内部や上皇両陛下などからの「お世継ぎづくり」の圧力に苛まれておられました。愛子さまのご誕生という、陛下と雅子さまにとってはこの上ない喜びも、皇室内ではむしろ『早く男児を出産しなければ』という声を高めるきっかけになりました。

初めての育児、本来味方であるはずの、皇室内部からの心無い声、美智子さまの視線、雅子さまが次第に追い詰められていったことは明白です。そして、体調が安定せず、長期療養せざるを得なくなりました。それから、週刊誌などを中心にいわゆる“雅子さまバッシング”が激化し、そのあおりは娘の愛子さまにまで飛び火することになったのです」(同前)

数ある週刊誌報道の中でも、特に雅子さまが傷つかれたのが『週刊新潮』(平成22年6月10日号)に掲載された「イジメっ子対策で「給食に向精神薬を混ぜては」と提案した「東宮」」との記事だ。東宮時代のご一家に仕えた元職員のAさんはこう話す。

「陛下と雅子さまは、当時から一般生徒の父兄とも親しく交流されていらっしゃいました。それだけに、この記事をご覧になった際にはとても驚かれて『一体誰がこのような話を…』と絶句されていました。その事をよく覚えています。本来雅子さまはとてもまっすぐなお方で、人を疑ってかかるということをなさりません。長年に渡る苦しい境遇が、雅子さまを追い詰めてしまったのでしょう」(Aさん)

愛子さまの慈悲深いお心

このような冬の時代は実に15年近く続いた。一方で、幼かった愛子さまが聡明で素晴らしい皇女として成長されていることは誰の目にも明らかで、次第に東宮バッシングは勢いを失っていった。2018年5月に「令和」が始まると、雅子さまは早速、外交官としてのご経験と、元々のお優しくユーモアあふれるお人柄を存分に発揮され、皇后として輝かしいご活躍を見せられた。すでにご一家を阻むものは何もなく、人々は次第に平成時代の報道の異常性を認知していった。

雅子さまと愛子さまは今、過去の事をどのように思われているのだろうか。天皇家の内情に通じる皇室ジャーナリストは次のように話す。

「ご一家は、過去のつらい経験を振り返られることが殆どないようです。正確には、過去を思い出して悲観されるようなことがない、と申しましょうか。雅子さまは即位礼関連行事で何度か涙を拭われる場面がありましたが、そのどの場面でも、恨みつらみといった感情が一切みられない、美しく澄んだ眼差しでいらっしゃいました。どんなご経験も、全てを糧にされる強さと清廉さを持っておられるのです

雅子さまも愛子さまも『いろいろな人が過去の事を心配して、未だに声をかけてくれる。それはとてもうれしくてありがたい』と思われているようです。一方で、『自分たちが可哀想な思いをした人たちだと思われ続けることで、今も傷つく人がいるのではないか。それが申し訳ない』と懸念されていらっしゃるのです。このように、常に周囲の人の気持ちを第一にお考えになる愛子さまのお人柄は、12歳の頃に知られた動物愛護の精神、つまり生きとし生けるもの全てへの慈悲の心に通じるように思います」(皇室ジャーナリスト)

《学び舎の冬日あかるき窓の辺に集へる友の影重なりて》

これは、2020年末に発行された学習院女子中・高等科の同窓会「常磐会」の機関誌「ふかみどり」に掲載された愛子さまの御歌である。楽しかった女子中等科、高等科時代の事を読まれた御歌だ。

「この歌にも、愛子さまが如何に周囲の人に感謝し、愛を持って接してこられたかがよく現れているように思います。愛子さまは来年成年皇族となられますが、今からそのご活躍が楽しみでなりません」(同前)

17件のコメント

本当に皇后様は素晴らしい方です!!
両陛下の敬宮様の育て方も素晴らしいです。
陛下は本当に人を見る目がありますね。
キコの皇室入りを反対した昭和天皇の血をさすがに受け継いでいますね。
このご一家は本当に尊敬に値します。

>自分たちが可哀想な思いをした人たちだと思われ続けることで、今も傷つく人がいるのではないか。それが申し訳ない』

これは美智子やキコ他達の事でしょうか??
こんな悪党どもの事まで配慮するとは・・・・
マネの出来る事ではありません。自分だったら恨みつらみがず~と残ります。

187
4

>自分たちが可哀想な思いをした人たちだと思われ続けることで、今も傷つく人がいるのではないか。それが申し訳ない

お優しい雅子さまのお言葉。

でも私は、秋家関連のニュースを見るたびに不快ですが、
ミテコがやったこと、秋篠が過去・現在・未来でやらかすこと、
両目をしっかり開いて見届けます。

それにしても、単なる宮家の内親王にすぎない馬子に、
なぜにこんなにも国を挙げて忖度するの?

わたし、とっても不思議。
次々期天皇予定者に卵を提供した人だから?

172

そういえばボッたまって、
前天の妹・島津貴子さんに似てますよね。

昭和天皇も面長でしたが、貴子さんも一重で面長で・・・。

秋篠もキコ碑も面長というよりは、四角と丸。

親に似てないって、わたし不思議。

60
1

私もマコがどうしてこれ程、忖度されるのか、黒田清子さんと比較しても不思議に思っていました。
宮内庁長官を呼びつけて自由に要望も出来る特別待遇、何でも思い通り自動ドアのように物事が展開して行くさまは尋常ではありません。
やはり噂はホント?!
カコの場合はどういう扱いになるのか注目して行きたいと思います。

65

>>《学び舎の冬日あかるき窓の辺に集へる友の影重なりて》

愛子ちゃんの和歌は既にマサコさまを凌駕しているンだっぱ

45

どんなご経験も、全てを糧にされる強さと清廉さを持っておられるのです。

お母様の雅子様から類い希なる聡明さとお優しさを受け継いでいらっしゃる愛子様。

以前、福島の女性が、雅子様から励ましを受けて看護師になる決意を固められ現在看護学校で学んでおられるとの記事を読みました。このコロナ渦でより一層その大切が認識される看護師というお仕事です。頭脳も肉体も極限まで使う看護師さんたちの医療の職場環境が整備され、以前小内様が書いていらっしゃったように「癒しながら癒される」職場環境になりますようにと祈らずにいられません。

愛子様をお手本として日本人の霊性が整えられ、日本列島からパワハラや虐めがなくなりますように。

愛子様のお幸せご健康を心よりお祈りさせていただきたいです。

139

ミチコキコの見てくれ建て前第一主義とメディアによる印象操作が、平成30年間日本列島に積もりに積もったパワハラ虐めの根源だと思っています。日本人のお手本がこんなんじゃ本当に困ります!

132

愛子様の和歌、素敵ですね。
いつもお友達に囲まれて楽しく過ごされたのでしょうね。

76

川辰の息がかかった苛め男児の給食に「向精神薬を混ぜてはどうか」と言う記事は私もよく覚えています。それぞれ雅子さまをここまで悪者にして貶めるつもりなのか?と驚きもしたし、こうまで容赦ない、ありとあらゆるネタを造っては「叩く」からには、やはり当時の皇太子さまの「人格否定発言」は相当根が深い、深刻なんだなと思った次第です。つまり、ここまでのバッシング記事を「書かせている権力者」が「人格否定の張本人」なんだろうとよく解る記事でした。
だからお願い、本コラムのライターさんも「雅子さまは人を疑う方ではない」に留まらず、「雅子さまが(向精神薬だなんて)そんな提案をなさる訳が無い」と言うところまでキッチリとペンを進めて欲しかったです。この書き方ではまるで、当時の東宮御所内では向精神薬を混ぜる話が持ち上がってて、それが外部に洩れた事がショックだったかの様な誤解を与え、雅子さまの印象ミスリードになります。当時の川辰の弟子の孫だか息子だかの苛め主犯格の児童は、実際ADHDの問題を抱えており、愛子さま意外の子も金属製の定規で顔を叩かれ頬を切る怪我をさせられています。事は楽観視出来ない状況だったので学年主任と担任が、保護者に「小児精神科への受診」を勧めていますが、親は「ウチの子は問題ありません!」と蹴っています。
なので、件の苛め男児に何らかの薬剤投与などの精神科医療は必要だったと思いますが、薬をどうするか与えるかなどの話は医者が決める事で、医学的素人が口を挟む問題ではありません。キコミテコなら「その権利の有無」すら解らないパーですが、聡明な雅子さまは「やって良い事と悪い事」をよくご存知なので、そんな越権発言をなさる筈が無いのです。
ドサクサ紛れに雅子さまの崇高な精神性をそのへんの粉屋や駅南民の成り上がり妃とマゼコゼにするのは止めて頂きたい。

69

上皇后より愛子さまへの鬼畜のお言葉『母親と一緒にを皇室を出て行け‼』どう虐めをしても考え付かないお言葉です、、、以前雅子様の治療をなさっていた医師のお言葉『雅子様より治療すべき人は他に居る‼』

サイコパスは先天性なのでまだ今は治療方法が無い様です。天皇家は賢く忠恕の御心をお持ちのご家族なので、、、寧ろサイコパス・ミテコを『可哀想な病人』として忠恕の御心で思って居るのでは、、肉親ですし。しかし国民はサイコパスがご病気の理由とは言え忘れるわけにはまいりません。

天皇ご一家が素晴らしい御心をお持ちの方々なので有難く思っております。

11

敬宮愛子様の折々の作文・短歌・学力等を知るに付け、この方こそ『国民によりそう次期天皇』と思わざるを得ません。12/5日の『成年の行事』を心より楽しみにしております。

12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。