美智子さま「無駄遣い」が内廷費を圧迫 悠仁さまに流れる“愛子さま教育費”


文/宮本タケロウ

天皇家と秋篠宮家の予算の相違点

先日、天皇家(内廷)と秋篠宮家の予算や会計の相違点をまとめた記事を執筆いたしました。

なかなか高評価を頂いた記事でしたが、記事中では、天皇家と秋篠宮家で使用できる予算の金額の差異に触れませんでしたので、両家における以下の点が不明瞭でした。

  1. 天皇家で使えるお金はいくらでどのように使っているのか
  2. 秋篠宮家で使えるお金はいくらでどのように使っているのか

今回は、まず①の点にしぼって、詳しく見ていきたいと思います。

はじめに、両陛下の使えるお金についてですが、これに関して、インターネット上には「美智子さまの浪費により、東宮時代も含め、今上陛下ご一家は年間で500万円しか使えない」という俗説があります。

昔テレビ番組で「皇太子ご一家は家族三人で年500万円の予算しかもらえません」と報じていたといいます。

列外派星くず日記「シャネルなんて買えません。6700万円しかもらえないから…」

「一家の世帯収入が500万円」というのは、一般のサラリーマン家庭よりも少ないですが、果たして本当なのでしょうか…? たしかに侍従の日記などには平成皇室の“派手さ”が懸念されることはあります。はたしてこれは事実なのでしょうか?

令和2年の内廷費は3億2400万円

まず、内廷費の合計は令和2年度で3億2,400万円。これを天皇陛下ご一家と上皇ご夫妻、合計5人が使用します。これは平成時代と変わりません。

では、この3億2400万円はどのように使われるのでしょうか。森暢平『天皇家の財布』にはこうあります(※2003年の書籍なので天皇陛下が「皇太子」と記載されます)。

「内廷費の管理は天皇陛下自身がするのか、皇室でも家計を預かるのは妻である美智子さまなのか」「皇太子夫妻にはどのように家計費が渡るのか」……と疑問がわくだろう。天皇名義の銀行口座があると思う人がいるかも知れないが、そうではない。

内廷費は年四回、8100万円ずつに分けて口座に振り込まれる。口座の名義人は「内廷会計主管」。

森暢平『天皇家の財布』新潮選書、2003年、66頁

天皇家の私費であるのに、官僚によってしっかり管理する体制が採られているのが内廷費ですね。

では、この内訳はどうなるのでしょうか。『天皇家の財布』によると、2003年時点で以下の通りに概算されています。

【内廷費:3億2400万円

人件費:1億1016万円(掌典職や養蚕所の職員、使用人の給料)
物件費:2億1384万円(物件費内訳は①~⑥)

①用度費:5832万円(日常の衣服やメガネ、文房具など)
②食撰費:4212万円(日々の食事や内輪の会食費)
③恩賜金・交際費:2916万円(赤十字への寄付金や神社への幣帛料)
④教養費・旅行費:2268万円(学習院の学費や私的な休養への交通費)
⑤祭祀費:2592万円(宮中祭祀)
⑥その他雑費:3564万円(自由に使えるお金・お小遣い)

同上、67-68頁

これは平成時代の概算ですが、おおよその金額は今とさほど変わらないと思われます。一般人の感覚からして、自由に使えるお金は①の用度費と⑥のその他雑費ということになるでしょうか。

天皇陛下は世帯収入500万円?

さて、ではこの3億2400万円は天皇陛下ご一家と上皇ご夫妻の間でどのように振り分けられているのでしょうか。

上記に紹介した俗説「今上陛下は世帯収入が500万円」説は正しいのでしょうか?

結論から先に言いますと、違うようです。前掲書『天皇家の財布』にはこうあります。

天皇家のメンバーごとに予算が割り当てられ、それぞれに使途が決まっている。

このやり方は現在も引き継がれ、雅子さま用の「皇太子妃費」、愛子さまの「敬宮御養育費」などの項目があるようだ。予算が別だから、お金に関しての嫁姑の苦労はない。戦前から八五年に亡くなるまで毎日新聞の宮内庁担当を務めた藤樫準二氏の「天皇とともに五十年』(七七年)によると、当時、内廷費のうち、昭和天皇夫妻関係が七五%、皇太子夫妻とお子さま関係が二五%だったという。今の天皇、皇太子の予算の区分もほぼこんな感じだろう。

同上、82頁

なるほど。「予算が別だからお金に関して嫁姑の苦労はない」とハッキリ書かれています。

両陛下と皇太子家で内廷費を75%と25%で分け合う形になりますので、内廷費(3億2400万円)の25%と言うと、8100万円となりますね。

よって、平成時代の今上陛下ご一家の世帯収入は8100万円だったとなるでしょう。

では、なぜ上記のインターネット上の俗説「皇太子ご一家は世帯収入が500万円」説が生まれたのでしょうか?恐らくそれは、『天皇家の財布』の以下の記述を曲解したからであろうと思われます。

⑥「その他雑費」(3564万円)には、医薬品代など他の項目に含まれない文字通りの雑費のほか、狭義の「御手元金」、つまり皇室の方々のいわば「お小遣い」が含まれる。私物を買うために使うお金だ。

お小遣いの金額は不明だが、「その他雑費」の7割、2500万円と推定してみると、天皇家五人の成人では一人当たり500万円になる。

同上、74頁

いかがでしょうか。おそらくこの「一人につきお小遣いが500万円」が、伝言ゲームを繰り返して、「皇太子ご一家は500万円の予算しかもらえない」になっていったのではないでしょうか。”お小遣い500万円”と”世帯収入500万円”とでは意味が違います。

世帯収入500万円のサラリーマンのお父さんなら、お小遣いは年間で50万円ももらえるはずがありません。

今上陛下は東宮時代の世帯収入が8100万円(内廷費の25%)でしたが、天皇となった現在は内廷費の75%とすると2億4300万円となります。しかし、天皇となると人件費や祭祀費、恩賜金などの出費も格段に増えるので、実質自由に使えるお小遣いは東宮時代の年間500万円と変わらないか、むしろ少ないのかもしれないと思います。

関係者はかく語りき

しかし内廷皇族といえば「国の象徴」そのものですから、お小遣いが一人当たり500万円であってもそれほど多くはないでしょう。雅子さまや愛子さまの品位を考慮するならば警備費用や衣装代など年1000万円あっても足りないはずです。また物価差を考えると平成時代から増えていないというのも変な話です。また関係者の中には美智子さまが原因で天皇家が清貧を強いられていると断言する人もいます。

「令和となってからも上皇職の数は減らされず、これが最も大きな“無駄遣い”になっており天皇家の予算を圧迫していることは事実です。また、美智子さまが東宮御所での生活を望まれたため、引っ越し代や改修費用も数十億円規模でかかっており、こういった皺寄せが天皇家に来ています。大学生となられた愛子さまの教育費用などもケチらなければならない事態です」(宮内庁関係者)

また、天皇家(内廷皇族)でも予算が大変だというのだから、宮家である秋篠宮家はもっと大変だろうと思ったのですが、そうではないようです。元宮内庁職員の小内誠一さんに話を伺いました

「皇嗣家は予算倍増で年1億円以上が宮内庁のチェックなしに自由に使えます。また公務で謝礼も受け取れますから、天皇家よりも優雅な生活をされているのではないでしょうか? 悠仁さまも昨年総額1億円以上かけてブータン旅行されるなど、教育環境は大変充実しているかと思います。悠仁さまの帝王学に予算が倍増された一方、美智子さまの老後の夢を叶えるために、愛子さまの教育費が削られたままというのが現状です(小内誠一さん)

令和になり愛子さまの人気は国民の間で急上昇中です。「悠仁さまと同水準の環境を愛子さまにも!」と願わずにはいられません。

15件のコメント

次期政権には、皇室会計の改革をぜひして欲しい。1.天皇家と上皇家の財布を別にして、それぞれの支出を管理すること。2.こうしけの支出を管理すること。3.公務を見直し、謝礼金のない公務に厳選すること。とある政党に皇室全体に会計監査を実施するようにメールで要望をだしました。

231

>1.天皇家と上皇家の財布を別にして、それぞれの支出を管理すること。2.こうしけの支出を管理すること。3.公務を見直し、謝礼金のない公務に厳選すること。

自民党では実現不可能な課題ばかりです。

161
2

血税は、会計検査が必要、宮内庁が出来ないなら、宮内庁は解体、DN検査も出来ない、伏魔殿になり、秋一家は偽皇族と、ネット拡散され、令和で終了してほしい、試して乗り、ノーパソ女の嫁か?

154

 宮内庁に力はありません。
政治家には逆らえず、言いなり状態の位置付けです。

85

マコムロのこどもの教育費は、どんな風に迂回させるのでしょうか?今から気になりますね。

102

悠仁さまの教育費は特別な分が必要なので高額になっているのでしょう。お茶の水は国立でお安いはずですからね。そして楽器も運動も特にやっておられるようではありません。
入学工作費とか、各教科の宿題担当家庭教師や、特別の御教育(意味深)とかでしょうかね。

157
1

 天皇一家が、衣食住、教育費に不自由してるとでも?  御料牧場、御料農場を持ち、国民より品質、体に良い物を食べてるではありませんか。
 外交でみじめな思いをさせてますか?
不自由なら、天皇が上皇后に文句を言えばよいのです。 妻娘に不自由させても、優しい天皇は文句を言えないとでも?  そんな夫だったら妻に愛想をつかされますよ!  色々な記事に惑わされる人々の杞憂ではありませんか?
 今でも充分に贅沢な暮らしだと思いますが!
節約して貯蓄にはげんでるかも知れません。 上皇夫妻は、200億円の貯蓄だとの噂。 近い将来、天皇にも遺産が転がり込みますよ、なにが可哀想だ‼️

8
173

宮内庁には、退位後の天皇皇后両陛下を補佐する組織として、新たに「上皇職」を設け、生活のための予算は、新たな天皇皇后と同じ生計を営む形で「内廷費」を充てるとしています。

これは生前譲位の際に決まった事です。つまり上皇上皇后には天皇皇后だった時と
全く変わらない予算が割り当てられているわけです。
いまだに上皇職は65名と高齢のため新たに医療チームが15名加わっています。
今でも年度になると政府は予算案を上皇后(上皇がアレの為)の許可を得ています。
予算配分にまで上皇后が決めているんですよ。恐らくあっちに行くまではこれが続くでしょう。二重権威どころか今でも上皇后支配は続いています。

119

 天皇は、それで良いと思ってるのでは?
不服なら、どうにかするはずです。
 国民が口出すことではありません。

1
76

今上陛下が秋篠宮と同じように「東宮家よりも人員が少ない」「予算が少ない」「お金がない」
そんな事言うはずないでしょ。

81

だから、JKGとあhoけが、政府と癒着してるから、こんなふざけたことが、まかり通るのですよ。天皇陛下を抑えこむように結託してる。すべてが、白日の元に晒されたら、KKも含め、この4者とも破滅です。天皇陛下に責任をなすりつけて、なんとか逃れようとしてるわけです。
あhoは、JKGの言いなりで、ki-koは、JKGと対立している。JKGとki-koの双方から、別々の忖度を要求されるので、政府もメディアも振り回されてるね。

66

汚らわしい女を宮中三殿に参拝させるなんて、秋篠宮のだらしなさに呆れました。
神道の大本のくせに、本当の信仰心などないのですね。
もう、天皇制は廃止でいいと思います。
敬宮様を立太子してほしいと思っていましたが、きっと広い世界でご自分の力で生きて行かれたいだろうから。
皇室にいたいのは贅沢三昧したい人だけ、という状況になりそうだから、もう皇室は不要です。
日本はこれから苦しい時代に入り、苦境を抜け出るには、新しい世代がどう育つかに関わっていると思います。
今の皇室の方々のように、大事に大事に守られて育つ人間では、とうていその象徴とはなり得ないでしょう。

83

12歳以下の子供は1200万人だそうですが、今後もこの調子だと日本人の人口は激減ですよね。当然、税収も激減。それでも一人当たりの税負担は収入の半分を占めるくらいになるでしょう。
その中で皇族を養っていくって大変です。宮内庁も養っていかないといけないわけですし。新たに旧宮家を差し戻して男系維持なんてもう国民の誰も期待しない時代になるんじゃないですかね。

敬宮愛子様が次の天皇になられないなら、令和で皇室制度はやめたほうがいいです。未来の日本人のために。秋篠宮家から天皇なんて必要ないでしょう。良い思い出と共に終わらせたほうがいい。

50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。