紀子さま“皇室入り”を、唯一認めた「美智子さま」の慈愛 眞子さま結婚も後押しへ


文/佐藤公子

紀子さまも苦しめた嫉妬とやっかみ

現在、恋人の眞子さまを日本に残し、ニューヨークのフォーダム大学にて留学を続ける婚約内定者の小室圭さん。両者の結婚の意思は固いと報じられているものの、いまだ多くの国民が反対しており、先行きの見えない状態が続いている。

多くの国民が結婚に反対している最大の理由は、母親の佳代さんが抱える400万円の借金トラブルであるが、その他にも、小室圭さんの剥き出しの野心や上昇志向も関係しているようだ。

「これまで週刊誌等の取材により、小室圭さんの学生時代の友人の証言などから、小室圭さんが“野心家で非常に上昇志向の強い人物”であることが明らかになりました。

もちろん、一般的な20代の若者であれば問題ありませんが、女性皇族の結婚相手として“あまりビジネス志向の強い人物は如何なものか”といった不信感が国民の間にあるようです。

また、一部では“小室圭さんは眞子さまと結婚した際に得られる一時金を目当てにしているのではないか”あるいは“将来、女性宮家が創設されることを目論んで皇族入りを目指しているのではないか”などと噂になることもあり、いまだ十分な信頼を得られていません」(全国紙社会部記者)

これは一種の嫉妬ややっかみであるともいえる。つまり、一般庶民で家族が借金問題まで抱えている小室圭さんと皇族である眞子さまとはでは「釣り合わない」というわけだ。

実は、世間のこうした反応は30年前に紀子さまが秋篠宮殿下と結婚された際にも見られた。秋篠宮殿下(当時は礼宮文仁親王殿下と呼ばれていた)と学者一家であった紀子さまのご実家の川嶋家では財力が家柄が全く違っていたためだ。

ご結婚前の世間やメディアの反応に関しては『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて――「お嬢さま」と呼ばれたい‼』(ブレーン出版、1990)や、高清水有子『秋篠宮さまと紀子さまの愛の十二章』(学習研究社、1991)などに詳しく書かれている。

紀子さまの皇室入りを歓迎された美智子さま

歴史を振り返ると、美智子さまのご結婚がそうであったように、慶事あっても回りすべてが歓迎ムードになるわけではない。美智子さまのご実家は資産家であったにしても平民の出であったため、発表当初、「本当に皇室に馴染めるのか?」「不釣合いだ」と周囲から危惧の声があった。その筆頭は香淳皇后(美智子さまの姑)であり「東宮さまの御縁談について平民からとは怪しからん」と結婚に反対していた(『入江相政侍従日記』昭和33年10月11日)。そもそも当時は「平民が皇室入りする」という概念がなかったのだ。

歴史は繰り返す。1989(平成元)年8月、秋篠宮殿下(礼宮)と紀子さまの結婚内定報道の時も、多くの国民とメディアが、お二人の結婚に疑問の声をあげた。もはや平民/華族というような区別意識は無くなっていたが、資産家でもなく中産階級の出だった紀子さまは、美智子さま以上に同じ苦労し、皇室に馴染めるはずがないというのである。当時は「礼宮さまが望まれても川嶋家は固辞する」と言い切る記者もいたようだ(『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて』ブレーン出版)。

また、当初は上皇陛下(当時は天皇陛下)もこの結婚に反対していたという。その理由は明らかではない。もしかしたら美智子さまの苦労を最も近くで見られていた陛下の心中には「紀子さんに同じ苦労をさせたくない」という想いがあったのかもしれない。だが、そうした中、周囲の反対を押し切り、お二方のご結婚を強力に後押しされたのが他ならぬ美智子さまであった。

「皇室内での様々な苦労に耐えながら、皇室改革に取り組まれてきた美智子さまにとって、秋篠宮殿下と紀子さまの想いが旧習により阻まれるのは見るに忍びなかったのでしょう。

結婚前に、上皇ご夫妻と川嶋家の紀子さまのご両親が会談された際、その詳細は分かりませんが、一説によると最後まで逡巡されていた紀子さまのご両親に対して、美智子さまが熱心に結婚するよう説得されたそうです」(前出の社会部記者)

この面談の際、美智子さまは、なんと「経済面で川嶋家に苦労をかけさせない」という主旨の事まで仰られたそうだ(前掲書)。このようなエピソードからも美智子さまが如何にお二人の結婚の実現のためにご尽力されたかが伺われる。

眞子さまのご結婚を容認される紀子さま

このように、紀子さまと秋篠宮殿下のご結婚は、多くの国民やメディアから反対を受けていたことや、それでもなんとか結婚を実現しようという固い意志を持っていることなど、現在の眞子さまと小室圭さんとの結婚問題との共通点も多い。

これまで、小室圭さんや母親の佳代さんに対して不信感を持たれ、結婚に関して強硬に反対され続けてきた紀子さまであるが、複数の週刊誌等が伝えるところによると、最近ではそのような姿勢も軟化されているという(女性セブン 2020年7月2日号)。また過去の経緯を見れば、美智子さまもこの結婚を後押ししたという気持ちでいっぱいであろう。元宮内庁職員の小内誠一さんはこの状況を次のように推察する。

「内部から漏れ伝わる声を総合すると、秋篠宮家から宮内庁への連絡は一切なし。ですが、紀子さまは疲弊してしまい早期決着をつけたいと考えているようです。あとは父・秋篠宮殿下次第といったところでしょうが、殿下ご自身も周りの反対を押し切って結婚していますから、今さら娘に強く言えないのでしょう。まして『結婚するな』と強制することは憲法の精神に反しますし。秋篠宮ご夫妻は難しい選択を迫られています」(小内誠一さん)

その心中は想像するしかないが、もしかすると、ご自身が若い頃に周囲の反対を押し切り想いを遂げられたように、多くの国民に反対されながらも愛を貫き通そうとする眞子さまと小室圭さんに過去のご自身と秋篠宮殿下の姿を投影されているのかもしれない。

36件のコメント

みてこさま、キーコさま、この二人が元凶。

今の皇室の状況は二人が引き起こしたこと。

皇室に要らない存在。

323
2

眞子ドンの結婚問題はミテコから紀子さんも平民から皇室に入った訳だから、眞子ドンの結婚も賛成するしか無い立場ですよね。
国民はこれ以上皇室に恥の上塗りされる事を危惧している訳です。
平民じゃないですよ〜皇室の結婚です。
これ以上血が汚されては国民は耐えられません。
どうしても小室さんと結婚したければ、庶民になってから結婚して下さい。
皇族とは金輪際関わらないで、自立自尊で生きて下さい。
宮中晩餐会とかには、いっさい出てこないで下さい。もう庶民なのですから〜秋篠宮とは無関係で生きて。秋篠宮家も皇室特権乱用しないでください。
娘と会ってたりしたら、国民は許しませんよ
秋篠宮家も皇室特権剥奪されて、皇室から出て行く子供になりますよ。

17
2

そして美智子様を娶った上皇様はもっと悪い。
すでに別の方に決まりかけていた、と聞いたこともある。

280
2

せっかく旧華族だか皇族だかのお妃候補がいて、一時はその相手にほぼ決まりかけていたのに、明仁の教育係?だったかの小泉信三が「血が濃くなる」とかの理由で、急遽ミテコを見つけてきて明仁に紹介したのだとか。。。

いやいやいくら民間人でも他にもっと良いのがいなかったの?? 小泉さんは正田家、特に母親のルーツやミテコの見合い歴等全く調査もせずに未来の天皇陛下となる明仁にミテコを紹介したのだろうか??
いくら何でもちょっと軽率過ぎはしないだろうか?
謂わば全ての元凶はミテコを紹介したこの小泉信三といっても過言ではないかもしれないな。

まぁ、例え小泉がどんなにミテコをオススメしようが今上陛下みたいに皇太子としての立場がよく分かっていれば絶対にミテコのような女は選ばない筈だろうから、やっぱり明仁こそが元凶なのかな…?

それにしても明仁と秋篠宮って血は繋がっていないのに、女好きで人を見る目がないところだけはしっかりと親子として受け継いでいるんだよな~。
そして、それは見事眞子にも引き継がれたという訳か…
この分だと佳子と悠仁も・・・

132

紀子さまの結婚は貴賎婚の失敗例でしょうね。更に言えば美智子さまの結婚も、今となっては貴賎婚の失敗でしたね。当時の皇族や華族が猛反対したのも納得です。

美智子様が平民だからではなく、美智子様に問題があったからです。色々な問題が起こりましたが、紀子様を皇族に引き入れたことも、美智子様の被差別意識のゆえに生じた大問題でした。

その結果として、今の眞子様の問題が生じてきている。美智子様→紀子様→小室圭と劣化の一途。

そこに楔を打ち込んで下さったのが今上天皇陛下。皇族とも深い関係がある由緒ある家柄から妃を娶られました。上流のマナーとノブレスオブリージュを弁えた妃殿下であり、その方が今は皇后陛下です。

華子様は元華族、信子様も久子様も皇室と関係のあるお家柄。全くの無関係だったのは美智子様と紀子様のみ。その方々が劣等感を募らせて、より格下の人間を望むから、今の大問題に繋がったのです。

皇室を大切に思う方々は、秋篠宮一家を切り捨てるようにという意見に傾いておられます。それが最良の結論でしょう。
秋篠宮も眞子さま佳子さまも自由になります。紀子さまと悠仁さまは「天皇」という呪縛かれ解き放たれます。

333

>最後まで逡巡されていた紀子さまのご両親に対して、美智子さまが熱心に結婚するよう説得された
・これはどうなんでしょうね、紀子さまのご両親、特にお父様はバリバリ乗り気だったと思いますが。

>殿下ご自身も周りの反対を押し切って結婚していますから、今さら娘に強く言えないのでしょう
・その通り。強くも言えないし、眞子様だって会話したくないはず。
「自分たちは良くて私には反対?おかしいわ!あんなに気に入ってリークしたくせに!」ってとこでしょう。

美智子様を入内させてしまった罪は大きい。
その罪がどんどん広がっている。
破談になどできない状況なら皇嗣をまず辞退してから。最低条件。

279

常に「あたくしが一番」と思っていらっしゃる美智子さまにとっては、紀子さまの妃入りは大歓迎だったのでしょうね。
美智子さまの前までに皇室に入られた女性皇族の方々は旧華族・旧財閥や旧宮家と繋がりがあるの身分の高い方でしたので平民出身の美智子さまは同じく平民出身の紀子さまに同士の様な感情を持たれたのでしょうね。
また紀子さまも美智子さまを尊敬されていて話し方、振る舞い等を真似される位でしたからね。美智子さまが気を良くされたのでしょう。このお嬢さまとは波長が合うと感じたのでしょうね。

225
1

キコさんは美智子さんを真似たファッション、仕草、話し方されていました。
それが答えですね。
皇室の歴史を勉強もせずにひたすら姑に習った結果、大惨事です。
そのツケを国民が、、、許されざる者、ですよ。

179

やっかみではありません。
現に、高円宮家の絢子さまと守谷さんの結婚には誰も反対していません。
小室親子が犯罪めいたことをしており、その尻拭いに国民の税金を投入するから国民は反対するのです。小室は、身の丈に合わないことをしていますよね。
眞子がどうしても結婚するというなら、秋篠宮一家は皇室離脱、裸一貫になったうえでなさってください。国民の税金を無駄遣いしないでください。
皇族費を大切に使い、被災地に寄付をされる今上両陛下を見習ってください。

286

貴賤婚の元祖からしたら、自分よりも卑しい出自の平民が必要だったのでしょう。
それがいつの間にか自分に都合のよい慈愛に脳内変換して、
さらに卑しいコムロとの結婚を後押しするおバカなミテコ。

もっとおバカなのは、そんな女房に何もいえない夫・前天ですけどね。

秋篠一家が皇室離脱し、愛子さまが天皇にならないのであれば、
天皇制度は令和で終わりでよいです。

孫の代まで税金の無駄遣いはさせられません。

263
1

 また、佐藤公子さんの、大皿小皿の、上げ上げ記事ですか。

 皇室の内で、小皿が皇室に入る前は、大皿の家柄、血筋が一番低かったのですよね。
 大皿は、自分の上に立つ人は許せないとばかり卑しい根性で小皿を入れ、血筋がナンボのもんよ!と秋篠宮一家と共に皇室を貶めてきたのですよね。 それでも足りなくて小室母子を引き入れたいのですよね。 平民出身の上皇后が皇室破壊者とは、恥ずかしい限りです。 平民の風下にも置けません。
 あなたが風になる時、お金や国民からの尊敬、慕情などは持って行けませんよ。 蔑み、哀れみは持って行けますけど。
 今まで上げ記事を書いている人たちも、どんな記事を書いてくれることやら。
 楽しみにしてなさい。

208

どーせ、カワタツから秋篠宮の「出自」について脅迫を受けたんでしょ?
妊娠中絶くらいで紀子との結婚を認める等、天下の皇室は有り得ないと思う。
歌舞伎界だってそんな理由くらいで結婚させないのに…
単に多額の慰謝料(税金からだけど…)相手に払えば済むことなんだしさ!

でも、流石に「紀子と結婚させないなら秋篠宮の本当の父親は一体誰なのか?」を国民にバラすぞ!と脅されたら、言いなりになるしかないよね~。
もしバレたら美智子も明仁も天皇皇后になるどころか、皇室にいられなくなる程の大変なスキャンダルになっちゃうしね~。

明仁が最初反対していたのは、やっぱり川嶋家の「出自」が原因なんじゃないの?
もしかしたら昭和天皇からも色々と川嶋家のルーツについて聞かされていたのかもしれないし・・・
いくら次男とはいえ、やっぱりお隣の国のしかもほぼ100%の血筋から妃を受け入れるのはちょっとね~~。
しかも一応秋篠宮は皇位継承にも関わってくる立場に有るしね~。

まぁ、要するに美智子も明仁も自分達の保身の為に紀子との結婚を認めただけでしょ?
秋篠宮と紀子 ー 双方とも「出自」に問題が有る者同士が結婚することになるとはね!
やはり夫婦は似た者同士がくっつくんだな・・・

でも、最初は渋々だったのかもしれないけど、その後紀子とカワタツとは随分と仲良しになったんだから(勿論雅子皇后陛下への当てつけもあるだろうが)、結局美智子と明仁も川嶋家と同じムジナ、似た者同士だったってことなんじゃないの?
秋篠宮家と小室家が凄くお似合いの似た者一家であるようにさ!

で、今度は秋篠宮家=川嶋家が小室家から「眞子と結婚させないと、秋篠宮の出自と悠仁の正体をバラすぞ!」と脅迫されてるんだろうから、まさしく因果応報、自業自得という訳だね(笑)❗

こんな自分達の保身と野望実現の為だけに皇室を破壊し、税金無駄遣いするのはいい加減やめてもらいたいもんだわ❗❗

207
1

前天皇明仁は本当にオメデタイ人間だわ。
自分の子供でもない”次男”に皇統を移そうとしているのだから・・・
美智子の浮気の子を。つまり”不義の子”をかばい、なんと実の息子夫婦と孫を長年虐めて虐め抜いてきた・・・
明仁の頭の中を覗いてみたい

147

明仁は今や 痴呆が入り 責任追及出来ないのが悔しい!

本来なら 眞子と小室圭との婚約内定も当時の天皇として裁可を降した
現 上皇が裁可取り消しを行うべきところを…

若い頃から美智子の言いなりになり、今や恍惚の人となりつつある上皇、
最後の最後まで情けない明仁 !!

22

明仁さんのことは昔は昼行灯と、陰で親(大正生まれ)が言っていたのを覚えています。当時の人の認識はそんな感じだったのでしょう。

秋篠宮は知能に多少ご障害があるのか、なぜこんな事態になったか、ちゃんと理解されていないんじゃないですか。なぜ傘を投げ渡してはいけないのか、から始まり、なぜ娘の婿に自分達の皇族費で箔をつけてやってはいけなかったのかも分かっておられない。憲法にあるように皇族も好きな男と自由に結婚できると思い込んでおられたくらいですから。

秋篠宮家から天皇を出してはいけません。それどころか、皇族である限り、何をしでかすか分かったもんじゃありません。なにせ法を犯してまで男児を作ったのではないかと疑われるような人物なのですから。
昔もタイのソープに社会見学に行かれていたという話もありましたからね。タイでは悪い意味で有名人物です。皇族なのに。

135

ミテコの結婚のときから仏頂面していた、母親の富美さん。
珍しく、
「(昭和天皇)陛下がよく赦してくださって・・・」とへりくだったのは、
不義の子の秋篠を、
昭和天皇が次男として受け入れてくれたことを指しているとか。

だから秋篠の印は「栂(ツガ。罪の子」。

さぞさぞ明仁に失望し、将来を案じられたことでしょう。
だからこそ浩宮さまに入江侍従をつけて帝王教育をなさいました。

愚妻と一緒に実の息子家族をいじめたのは、
明仁の根深い嫉妬心からと推測します。

ほんとにどうしようもない平成天皇負債です。

127

入江侍従ではなく、浜尾侍従でした。

たいへん申し訳ありませんでした。

54

「川島某不快なり。」
昭和天皇は嫌がっておられましたよね。
上皇が反対するのは無理ありません。

上皇后は、自分の格下と味方が欲しかったのかも。
ご自身の目的を達成するための。

180

粉やの娘よりもっと格下の表現をされる仲間を得て
粉やから解放されたかったのでしょう
その思惑通りになったと思います
ゼロ円婚、バラック出身、3DK、ミニミニ団地、北の出自
自分を揶揄する粉や、上海夫人から解放されたと思いきや
当時の皇太子殿下が完璧妃殿下雅子さまを選ばれてからは
またしても比較が始まり
キコサンとは雅子さまを苛め倒すためにスクラムをガッチリ組まれたのでしょう

147

美智子様、紀子様に対する国民感情は「妬みと僻み」と言うよりは「戸惑いと疑問。そして不安」だと思います。

現天皇皇后両陛下のように統治者の場所に相応しいお方がその座に着いて下さっていれば国民は心から尊敬し発せられるお言葉に安心して耳を傾け、そのご判断について文句を言うこともありません。

メディアコントロールなど知ることもなかった昭和の時代には
お美しく華ある美智子様のお姿を、国民の誰もが無言のうちに褒め讃えていたと思いますが、その尊敬が週刊誌などメディアにより作成された偶像崇拝の強要であつたことが晩年を迎えられた今明らかにされつつあります。
「経済面で川島家に苦労をかけさせない」とおっしゃられたそうですが、この言葉を発せられた時、美智子様の頭の中に生活苦の中から税金を払っている国民一人一人の姿などなかったのではないでしょうか?この不用意な約束により美智子様からの寵愛の確信を得た紀子様のメディアコントロールによる事実のねつ造、皇室特権乱用など非常識極まりなくモンスター化していることが、国民の不安の原因です。

原在の皇后陛下雅子様の「国民一人一人がかけがえのない大切な存在」とのお言葉を発せられる雅子様の現実感覚があるから国民は安堵できるのです。

176

その通りです。
なんの考えもない、皇族とはなんぞやも知らずのセレブ気取りの美智子さまや紀子さま。
みんなもう『様』もつけたくないほど嫌悪感でいっぱいです。
いくら神輿は軽い方が良いとはいえ、マコムロ問題に端を発し、秋篠宮に皇統が移った瞬間に皇室の存在意義が失われるのです。
天皇制反対の人にとって好都合の事態。
それすらもわからない秋篠宮家一家にどれだけ国民は絶望しているか。
国民の支持がなければご自分たちの足元が揺らぐことすらわからない?
呆れてしまうのです。

151

>「妬みと僻み」と言うよりは「戸惑いと疑問。そして不安」だと思います。

白砂青松様の おっしゃる通りだと思います。自分に非があると それを隠すために必死のマウンティング。
ミチコさんの戸惑い・不安は、自身の出自や捏造した過去と現在の自分から生じたもの。
素直に精進し努力する人であれば、出自や学歴など 問題にしないのに…

「才色兼備の日本一素晴らしい女性」が入内されたことに、日本国民はとても嬉しく思いました。

雅子様を妬むお2人にとっては、それが許せず
、国民を騙し報道を自分達の都合のいいように操作し、雅子様を貶めることで ご自分達を高めるしかなかったのですよね。

結局 罪を重ね、恥の上塗り。その結果、コムロ母子に嗅ぎ付けれ、暴露本で脅されて、コムロシを「素晴らしい人」に仕立て、圭与サンの犯罪さえも隠蔽し 政治にも介入して大金を流用……そして、皇室そのものを瀆してしまった … ただただ、とても残念です。

>皇后陛下雅子様の「国民一人一人がかけがえのない大切な存在」とのお言葉を発せられる雅子様の現実感覚があるから国民は安堵できる┅素直な気持ちでそう思えることが幸せであり、雅子様が皇后陛下で居てくださることが 日本人のほこりです。

白砂青松様、理路整然としたコメント、ありがとうございました。
私は何の力もありませんが、令和の世が永く続きますようにと お祈りしています。

116

美智子さまには重大な隠し事がおありですね。
妹さん夫婦も共謀されていらっしゃいますよね。
小説家の三●由紀夫とお見合いして振られた事や、夜な夜な出歩いて明仁以外の紳士と交わった事など表に出したくない事情が数多くあったのでしょう?出自の怪しいお嬢様をお妃入れする事によって黒歴史をカモフラージュしたかったようですね。

147

22;19 様
お気持ちは解りますが、
ウッカリ間違える事は誰にも起こり得る事だと思いますので
もう少し優しくご指摘なさってあげて下さいます様にと お願い致します。

22

ご指摘、ありがとうございます。

そうでした、浜尾侍従でした。
たいへん失礼いたしました。

39

いつも皆様の的確なコメントには感心させられますが、特にこの今回の記事に寄せられたコメント、すごく的を射たものばかりで感動しました。
本当に皆様のおっしゃる通り、素晴らしい。
直接会ったこともない私達がここまで分析出来るのに、当の本人達がまだ懲りずに国民を騙せると思ってること、片腹痛いです。

78

ふと、思ったのですが…
ミテコ&キコが入内前、それぞれに新聞記者が関わっていたのは何故なのでしょうか?
ミテコには小泉信三
キコには岩井記者
しかも、ミテコの部屋まで自由に入れたとか?

63

小泉信三は新聞記者ではなく慶應義塾長をしていた人物。戦後、上皇の教育係をしていた。小泉信三の父親も慶應義塾長をしており、東京銀行の前身である横浜正金銀行の頭取をしていたこともある。

美智子様の結婚前から正田家に出入りをしていたのは、朝日新聞の佐伯晋という記者です。

54

佐伯記者と岩井記者は、同じ朝日新聞記者なら、知り合いの可能性が有りますよね。

52

岩井記者も何を目的にしているのか。
根っこの部分が気になります。
皆が立ち上がり、君が代斉唱する中、堂々と座ったまま腕組みって普通じゃない。
皇室壊そうとしてる?
そう思われても仕方ない行動よ!!
こんな人がどうして皇室に関わってる???

48

民間出身という理由だけでは無く、婚約時は学生で一度もお勤めされる事なく社会経験無しで世間知らずのまま嫁入りされると共通点があったから親近感を得たのでしょうね。

17

当時の礼宮に相当手こずっていた美智子。
時代は平成になり、だれの遠慮もいらず自分が注目を浴びることを謳歌するには、
はちゃめちゃすぎる礼宮は足かせだった。
ならば、一層のこと礼宮の希望どおり紀子と結婚させて面倒見てもらおう。
そして、平成のミテ子劇場がはじまったのだとさ。

16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。