小室家「借金地獄」の新事実 眞子さまも知らない財政事情


文/編集部

上昇精神の小室家

近隣住民は当時の小室家の生活を次のように証言する。

「佳代さんは息子さんにピアノとバイオリンを習わせ、アウディを乗り回していました。敏勝さんは地方公務員と聞いていましたので『どこからお金が出てるの?』と当時から疑問ではありました。

引っ越したてのころ(編集部注:1994年ごろ)、スキー場が混むから『苗場にリゾートマンションを買って、寝かせて売れば儲かる!』とか吹聴していましたよ。 いまだにバブル期かーって感じ(笑)」(近隣住民)

バブル期の不動産投機熱とスキーブームは、身分不相応なリゾートマンションを乱立させた。だが不景気に入り地価は暴落、スキーブームも過ぎ去り、負動産だけが残った。

小室家が実際にリゾートマンションを買ったかどうかは確認できなかったが、身分不相応なセレブ生活に憧れる“上昇精神”だけは昔も今も変わらないようだ。

小室家の懐事情

しかし“上昇精神”だけで懐が温まるはずもない。小室家は横浜の自宅マンションを購入すにあたり、相当額の借金をしている。

  1. 富士銀行(住宅金融公庫) 2,450万円(利息:1,250万円に年3.60%、1,200万円の年3.75%)
  2. 横浜市建築助成公社 1,180万円(利息:当初10年3.60%、11年目以降3.75%)
  3. 日本ハウジングローン 200万円(利息:年5%)

合計すれば3,830万円の借金だ。当時30歳だった敏勝さんは手堅い公務員で手取りは400万円ほどと推測されるから、返せない金額ではない。だが、返済は一向に進んでいなかったようだ。小室家の近縁者は語る。

「自殺する1年ほど前から敏勝さんは金策に走っていました。ご両親と本家にお金の無心をしたそうですが、『佳代さんとの離婚が先』と断られたそうです。『何に使うのか?』と聞いたところ、具体的な金額は言いませんでしたが『実はローンで首が回らなくて…』と肩を落としていました」(小室家の近縁者)

小室家がローンで首が回らなかったのは事実のようだ。借入❸「200万円、利息:年5%」を弁済し終えたのは、2001年12月12日あり、借り入れから7年半(90か月)もかかっている。総額では240万円弱ほどの金額を返済したと考えれる。

残る❶❷の債務についても❸と同額弱(最も金利が高いものから優先して返済していたと考えられる)ほど弁済していたとするならば、7年半(90カ月)ほどかけて700万円程度(一月あたり8万円弱程度)しか返せていなかったことになる。1年目の利息が142万円だったことを考えると、小室家の借入総額は7年半前からほとんど減っていなかったと推測される。

小室家の必要経費

小室家の借金はどうして減らなかったのか? それは分不相応な生活にその原因があると言わざるを得ない。

圭さんが通っていた国立音楽大学付属小学校は初年度976,500円、二年目からは596,500円がかかる。また圭さんは通学用のマンションを近く借りていたことが明らかになっているが、こちらの家賃を(国立周辺の平均的金額)月8万円とすれば年間で100万円ほどになる。学費と合わせれば初年度は200万円、二年目以降は160万円ほどになる。

もちろん教育熱心なことは褒めるべきことであるが、これに加えて3,830万円の借金返済はかなり厳しいものがあったろう。事実、近隣住民からも次のような声が聞かれた。

「圭くんが3年生くらいの頃にはアウディは手放していましたよ。またピアノやバイオリンの習い事も小学校高学年までには辞めていたと思います。今から思えば生活が苦しかったのかもしれませんね」(同前、近隣住民)

資金集めに奔走する敏勝さん

マンションのローン返済に苦しんでいた敏勝さん。さらには圭さんの教育費にも多大な費用がかかっていた。しかし、これだけでなく、さらにお金を必要としてたという。かつての同僚が次のように証言してくれた。

「佳代さんのご両親を横浜のマンションに引き取るかどうかで、色々揉めていたそうです。『(今の横浜のマンションは)50平米程度だから、さすがに5人暮らしは厳しいよ。だから向こうの両親のために家を建ててあげなきゃいけないんだ』って言っていました。

『お前(敏勝さん)、長男じゃなかっけ? 両親怒らないの?』と聞くと、 (自分の)両親はカンカンだよ。でも嫁(佳代さん)から“自分は長女で、弟は頼りないから、こっちの両親の世話をするのが常識だ”って責められて…』と返ってきました。さらに、『はやく向こうの両親のために家を建ててあげて解放されたいよ。でもなかなか金策がうまくいかなくて』と力ない返答が…。こういった重圧が敏勝さんを自殺に追い込んだのかもしれません」(敏勝さんの職場同僚)

徐々に見えてきた敏勝さんの自殺の状況――。このどす黒い暗闇が明らかになっても、眞子さまの愛は冷めないのだろうか?

小室家の借金地獄は、奇しくも、敏勝さんの自殺によって解放された。住宅ローンは債務者が死亡するとチャラになるからだ。そして一人いなくなった横浜のマンションに佳代さんのご両親が引っ越してきた。佳代さんの希望通りに――。

17件のコメント

息子は父親と祖父母の最期を知ってもなお、母親を庇い続けるのでしょうか。
それならば母親と同じ思考の人間と思われてもしょうがないですよね。
眞子さんも佳代さんの元婚約者様を貶めたことで、すでに小室家の一員と化しているようです。
もし結婚して三人で何かしでかしても、秋パワーで全て闇に葬られるのでしょうか。
日本の未来は暗いものになりますね。
実際、悪いことをしている自覚が全く無いところが恐ろしい。

357
1

小室は親子揃ってタカリ体質。眞子が小室にたかられても、自分の懐が痛まないから違和感を感じないのでしょう。ま、親が社会人経験がないこともあり、お金の大変さをわかっていないのできちんと教育できないでしょうね。
このような宮家を野放しにする宮内庁、いい加減にしてください!

321
2

おっしゃる通り!
秋篠宮家、美智子さん、どなたも社会人経験がありませんよね。だからお金を稼ぐ大変さも価値も分からないし懐もいたまないから、税金を散財するんでしょう。
眞子さんだって一応働いてるもん、とかいいそうですけど、お膳立てされた運転手つき、週2、3回の数時間の仕事じゃあね。試験や面接や倍率をくぐり抜けて勝ち取ったもんじゃありませんもんね。
今の皇室を見ていると、社会人経験があるか(皇后陛下・久子さま・信子さま)、生まれ自体が高いクラス(百合子さま・華子さま・皇后陛下・久子さま・信子さま)じゃないと、務まらないんだなと思いました。民間からお嫁入りって言ったって、民間一括りではいけないんだな、と。
ちなみに私は超のつくド庶民です。

255

本当に!
秋篠宮一族は皆「お金なんて いくらでも湧いて出てくる」
とでも思っているのでしょうか !?

「類は友を呼ぶ」とは よくぞ言ったもので
文仁が「紀子」を連れてきて、紀子が「眞子」「佳子」「悠仁」を産み、
紀子の「親」と「弟家族」が住み着き、

眞子が「小室親子」を引き寄せ、
揃いも揃って 皇族に在るまじき振る舞いの数々、
一体 秋篠宮一族の頭の中はどうなっているのだろうか?

今上天皇御一家 及び 他の宮家の方々に対しても恥ずかしくは無いのだろうか?
「恥」と云う概念が無く、今上天皇皇后陛下と敬宮愛子様を苦しめる
秋篠一族は 皇室から消えて いなくなって欲しい と願わずには居られない。

122

お金が湧いて出ると思ってますよ!
会計監査しないから、やりたい放題!!

今上陛下が皇太子時代、会計監査をと仰られたそうですが、検索が下手なのか、記事が見つかりません。当時の美智子前や秋篠宮の反応も見つかりません。

会計監査しないなら皇賊(盗賊)と呼びたいです。

92

 佳代さんのご主人が亡くなり、家のローンは完済、幾ばくかの保険金が入ったでしょう。 ご主人の父親も亡くなり、結構な遺産も入ったのですよね? それでも借金ですか? 何に使ったのですか? 何かのお礼、口止めに使ったとか?
 圭さんが真っ当に働き、借金を返していけば良いのです。 女にたかり、親子して楽しようなどヒモですね。 秋篠宮一家も皇族の資格もないくせに国民のヒモです。 

242

アホ家はキモいつくり笑顔とお手降りが仕事だと勘違いしてます。ミテが教えた唯一の事
集り。

190

横に逸れますが・・・女性セブン9月2日号より
→職員らで荷物を運んでいるようですが、最終的なチェックは雅子さまが担当されているそう。その作業が連日続き、大きな負担となっているのかもしれません(別の宮内庁関係者)

ん?これ、jokogoとやらの引っ越しの時に書かれてた文言じゃありません?また皇后陛下にスライドで、世論を誘導しようとしてます?
そもそも、jokogoの引っ越しは皇居を出たくないからタダをこねて言い訳つけて1年半も引き伸ばした挙げ句の引っ越し。
天皇御一家の引っ越しはそのせいで遅れたいわばトバッチリ。しかも皇后陛下は思いやりのある温かな頭の良い方ですから、今さら引っ越しどうのこうので、準備で疲れたなんてないでしょうよ(笑)。きっとjokogoとやらの本来の引っ越し完了日に合わせて、天皇御一家の引っ越し準備はとっくに終わってると思いますよ、必要最低限なものは残して。

他にもワクチンについてどうのこうのとか、女性セブン、またjokogoから圧力・要請ありました?

193

やることが姑息ですね。
古いやり方に固執している辺り、やはりお年召したんですね。

かなり焦ってらっしゃるのでしょうか。

このサイトにも味方と見せ掛けて、よく読むとってのありますね。
注意。注意。

正田王朝への野望が最後のお仕事でしょうか。
ってことは、ぼっちゃまは、普通にあーやとキーコの子なんでしょうね。

113
2

産んだのは紀子ですが、◯◯と◯◯は別人のもので創作したので
ぼっちゃまは「あーやとキーコの子」では無いと思われます。

47

じゃなんで、-悠仁さまに芽生える“天皇の自覚”!美智子さまから受け継がれた「慰霊のバトン」-てなるの。

事実はシンプルかと。

大体、書くとしたら、上皇や天皇からじゃないと可笑しいけどね。
なんで元一般人の美智子さまからなの?(笑)

49

美智子は雅子様憎しのあまり、愛子様や今上天皇までも憎み
にくむだけでは足りなくて、自分にとって かわいい文仁家に皇統を移すことが
残りの人生をかけての目標、生きがいになっているのではないでしょうか。

49

敏勝さん、草葉の陰で泣いてらっしゃることでしょう。
そして昭和天皇・香淳皇后も。

65

利勝さんの死亡保険金が降りるまで7年かかったそうですが、金額はいくらだったのでしょうか?
動画に1億というコメントがありました。
普通のサラリーマンがそんなに入れるのかと思います。

44

何故あんな胡散臭い一家が皇室の一員になるのか?
しかも公費が一定額が出る。警護もつく。
国民は承認していません。
詐取したお金で、大学迄行き皇女と結婚。
愛情は無く、欲しかったのは地位とお金。

アル中アーヤ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。