元侍従長が、美智子さまの「情報統制」を“告発”「東宮さまの御注文通りになおした」と供述


文/佐藤公子

慈愛に満ちた美智子さま

令和2年4月以降、美智子さまは仙洞仮御所(高輪皇族邸)から一歩も外に出られない生活が続いている。8月6日に定例記者会見で上皇侍従長の河相周夫氏は「コロナ感染などを考慮して」とその理由を発表したが、内情をよく知る関係者によれば「二重権威などを懸念する週刊誌に心痛め、活動する気力が起こらないから」と語る。

また『女性セブン』(2020年9月10日号)は、外出自粛から起こる様々なストレスで5月から原因不明の微熱が続いてられることを報じているが、先の関係者は「ストレスの主原因は、ニュースのコメント欄などで批判が重なるからだろう」と語る。

平成時代の女性週刊誌といえば美智子さまと紀子さま「聖母マリア」のごとく絶賛し、雅子さまを「不適合者」として批判することが常であった。しかし今やその流れは完全に逆転し、かの慈母・美智子さまですらストレスを感じるほどというのは驚くべきことだ。

だが、さるベテラン皇室ジャーナリストは次のように語る。

「美智子さまはメディア操作が大変うまく、必ずしも報道された内容が実像を表してはいません。事実、昭和から平成初期にかけて宮内庁に務めていた侍従たちの日記を紐解くと、美智子さまはむしろ批判の対象です。

侍従長を務めた入江相政氏も、日記の中で『東宮妃が予の書くものについて恨んでいらつしやる』(昭和38年3月22日)などと慈愛・慈悲からかけ離れた美智子さまが描かれています。さすがの入江氏も誠に不愉快であると書くほどです(昭和38年3月23日)」(ベテラン皇室ジャーナリスト)

入江氏は多くの皇室著作を残したが、どうやらそれが美智子さまはお気に召さなかったようだ。しばしば美智子さまは「女優」であると言われるが、果たしてその実像はいかがなものなのか?

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

美智子さまと侍従長の関係

確かに侍従たちの日記や手記では、美智子さまは慈母ではなく修羅というイメージが強い。

まして末端の侍従ではなく、天皇の側近中の側近である侍従長が「不愉快」とまで明言するとは驚きだ。平成に美智子さまの近くにお仕えした小内誠一さん(元宮内庁職員)も「ご難場として知られる秋篠宮家以上に、昭和時代の東宮家は殺伐としていたと聞いていましたが、当時の重鎮らがここまでハッキリ書いていたとは」と驚きを隠せない。

「入江相政氏はオクのトップである侍従長も務められました。いわば昭和天皇が最も信頼した側近の一人です。長年の功績が認められ、勲一等瑞宝章受章を受勲、従二位を追贈されるばかりでなく、イタリア共和国功労勲章カヴァリエーレ・ディ・グラン・クローチェ(cavaliere di gran croce)を受勲するなど重大な功績を残した人物です。また死後に刊行された日記は、戦後史研究の必携書としても名高い。その入江氏が美智子さまをこうも端的に表現していたとは驚きです(小内誠一さん)

美智子さまの「情報統制」

ところで美智子さまは、入江氏の著作物に大変ご不満がああり「恨んでいらっしゃった」ことは既に述べたとおりだ。またさらに興味深いことに、東宮家が「情報統制」をしていたことをこの入江氏が告発していることだ。

鈴木さんが持ってきてくれた原稿「皇室外交」「お写真」を東宮さまの御注文通りになほす。書き直してゐてなんだかうつろな気がする。(昭和38年12月31日)

『入江相政日記』第3巻、1990

美智子さまは、公表される写真などすべてチェックされ、写りの良いものだけを用いられたことはよく知られる。たとえば、宮内庁の嘱託カメラマンを務めた中山俊明さんは「昭和天皇の時代も、写真のクレームといえばたいていは皇太子(現天皇)一家が住む赤坂からやって来た」「クレームがつくのはほとんどの場合、美智子妃と紀宮の写真だった」と当時の状況を指摘している(『紀子妃の右手』情報センター出版局、1991)。

美智子さまの検閲を経たものが「皇室の本当の姿」として報じられた。それが平成時代だった。まさかその事実を侍従長が告白していたとは驚くばかりである。苦難に一言も文句を言わず耐え抜かれた雅子さまこそ、本当の慈母だったのだ。

22件のコメント

平成に代かわりするなり香淳皇后を隅に追い遣り、令和になっても今上両陛下を差し置いてでしゃばったあげく、平成の不始末の責任を今上両陛下に押し付けようとする美智子は最低です。さっさと眞子の問題を片付けてください!

488
1

それもそうかもしれませんが、
私は早く風になってくれることを望みます。

そうすれば写真を見ることもなくなり、不快な気持ちになることもありません。

304

只の駒に過ぎないとミテおりますが、
しでかし続けている事の執拗さを想
えば、あっさり風に成るのは許せない。

其れ相応のムクイを受けさせたいと
思うのは、私だけでしょうか?

123

ミテコさん
国民はあなたが居なくてもご飯は食べていけますが、あなたは国民が居ないとご飯は食べていけないのですよ。
ご存知ですか。

441
1

 ドキッとするほど確信をついたコメントですね。
笑っちゃいました‼️

169

一本眉の皿バアも、かつては美貌の「令嬢」らしく、その裏に隠された修羅にも気付かずたぶらかされたヘイセイテンノー。
なさけなや・・・

この写真見るたびに、右の女性にまでイラっとなるわ。

346

その 写真の「右の女性」
少し前の 皿カッパ様のコメントで、「皇室を裏で牛耳る 影の実力者」と 指摘していたと思うのですが……

203

昭和の頃から美智子女帝は皇室の独裁者だったのですね。報道関係者を操りご自身にとって都合の宜しくない事情は隠蔽し闇へと葬り続けていらしたのですね。昭和天皇、香淳皇后は器が大きく包容力がおありでしたので冷静沈着になさっていたのでしょう。某宮家の妃みたいに取り乱し騒ぎたてる様な事はなさらなかったのでしょうね。それで図に乗った美智子女帝は平成に入り「わたくしの時代が来た」と言わんばかりに、豪遊、贅沢三昧、我が儘放題の悠々自適な生活をなさったのでしょうね。
令和に代替わりしても平成の頃の待遇を忘れられず
隠居される事なくあちらこちらにお出まし、しゃしゃり出てでしゃばっていらっしゃるのですね。
マスコミも政治家も(国民の血税)金銭で釣り、好き放題に生きていらっしゃるのですね。
閻魔大王が時期を見計らって出迎えにいらっしゃるご様子です。終活のご準備をなさって下さいませ。

327

〉「ストレスの主原因は、ニュースのコメント欄などで批判が重なるからだろう」

じゃあ見なきゃいいじゃん(笑)

つーか、元皇后がネットニュースのコメント見てエゴサーチしてるって(笑)(笑)
なんと言うか、レベル低すぎないか?
これじゃまるで芸能人と変わらないよな~~
いや、芸能人でもエゴサーチなんかしない立派な大物タレントいっぱいいるのにね~

やっぱり香淳皇后の仰る通り、美智子さんは自分のことを女優か何かと勘違いしてるんだろうな。。。
美智子さんは何十年経っても「皇族」「国民の象徴」というものがどういうものなのかちっとも分かっていないんだろうね。
だから、紀子みたいな女を平気で皇室に招き入れたり可愛がったり、又小室みたいな輩に平気で裁可を下したり、現在も尚裁可を取り消さないんだろうな。
まぁ、言ってみればこの人が現在の皇室崩壊の元凶であることは間違いないよな・・・
もう少し賢い人だと思ってたから非常に残念だ。

354
1

御用邸があることで有名な那須。
先日、那須の千本松牧場のお土産棟でベーコンとヨーグルトを買うついでに店内をブラブラしていたら、イチゴなんとかというお菓子の棚に、「美智子様もお気に入り」とかなんとかいう宣伝ポップが張ってあって、女優のように表情を作って虚空を見つめ小指を少し立てたポートレート用ポーズでイチゴにふんわりと手を添えるミテコさんの写真が使われていて、腰を抜かせてしまった。
完全に、昭和の女優さんが出演料をもらって商品宣伝している状態そのまんまだった。

やってることが下賤だよね。皇族が特定企業のCMに出演するのって倫理的にもどうなの??

261

「美智子さまのお気に入り」と宣伝しても、雅子皇后陛下&敬宮さまイジメや呆れた贅沢三昧etc.数々の悪事が露見した今、これだけ化けの皮が完全に剥がれてはもう商品の売上は伸びないのでは?? むしろ営業妨害?

「雅子皇后陛下のお気に入り」とした方がよっぽど売上アップすると思うけど、雅子皇后陛下は絶対に自分のポートレート置かせて特定の商品の宣伝なんかしないし、又させないだろうからな~。
皇族は特定の商品や団体、マスコミに肩入れするべきではないからね!
写真が置いてあるってことは、恐らく美智子さんも承知しているだろうから(もしも勝手にやっていたら宮内庁からクレームが入るだろうからね!)、もしかしたら売り上げの何%かが美智子さんの懐に入る契約してたりしてww

こういう所に皇族としては言うまでもなく、その人自身の「品性」が現れるよな~~。
こういうこと紀子も絶対にやりそう(笑)
「紀子さまのお気に入り」ってね!
勿論薄ら笑い浮かべた無気味な写真と一緒に。
何しろ、弟と父親も名刺に紀子の名前を入れて宣伝し、荒稼ぎするような一家だからね、川嶋家は!

あと、小室親子も眞子と結婚したらやりそうな感じww
「圭殿下のお気に入り」「眞子さまの義母、佳代さんのお気に入り」とかね(笑)

155

それに、写真集まで出してた 馬鹿子まで そして大量の売れ残りがその結果です。

26

うううううう。。。
申し訳ないけど、圭殿下はやめてくださいな、冗談でも気持ち悪いし『負』のオーラ出まくりです。

54

>写真が置いてあるってことは、恐らく美智子さんも承知しているだろうから(もしも勝手にやっていたら宮内庁からクレームが入るだろうからね!)

見るからに完全にそのお菓子用に撮った写真でしたね~。商品こそ写っていなかったけれど、不自然にイチゴに触りながらイチゴは見ずに斜め右上の虚空に視線を飛ばしてモデルポーズを取るなんてのは、CM用以外では有り得ない構図ですよ。見ればいっぺんにそれとわかります。さすがに商品を写すのはまずいと思ったのでしょうが。
しかも最近撮ったと思しきヤツなんですよ。ポージングは今どきのモデルならやらないような昔懐かし高度成長期時代によくあった感じで、ナルシスティックなババアが写ってました。

108

>>苦難に一言も文句を言わず耐え抜かれた雅子さまこそ、本当の慈母だったのだ。

今こそ本当にその事が理解できます。
雅子さまこそ聖母という言葉が相応しい方です。
決して平成の方ではありませんでした。

天皇陛下ご一家への理不尽なバッシングが再びおこらないよう、これからも小さな声をあげ続けたいと思います。

338

美智子さんは自分の批判をした出版社に銃弾を撃ち込んだという事に本当に呆れました。普通に反社です。
こんな人は早く皇室から追い出すべきです。

316

30年位前に美智子さまが首謀者として●宮さまの暗殺を試みたようです。●宮さまが致命症となる不自然な傷を多数負って倒れているのが発見されたという不可解な事件がありましたね。又●宮さまの末の弟さんは毒を盛られたという噂もありましたね。活発にスポーツに励んでいて前触れなく倒れて帰らぬ人となってしまいました。こちらはお騒がせ宮家が主犯との噂が出ていましたね。皇室には闇に葬られた不思議な事件、事故が沢山ありますね。

237

>●宮さまが致命症となる不自然な傷を多数負って倒れているのが発見されたという不可解な事件

えっ ショック。
今更初耳です。
倒れていたのですか?
涙 涙
なんて憎いおばあさん。

まだまだ知られていない悪事が沢山あるのでしょうね。
白雪姫の魔法使いのおばあさんを思い出しました。

125

 大皿には、怒りやあきれを通り越して、ある種の才能を評価したくなります。
 大皿が民間の小会社の社長婦人であったら、夫より手腕を振るい、あの手この手裏の手、政治家に裏金を渡し、反社を使い大会社に発展させたかも知れません。 一部の国民には被害があるでしょうが、会社は評価し尊敬するでしょう。 しかし、皇室は、利益追求の企業ではありません。 政治家、財界人、マスコミ、ましてや反社などと取引する人間が居てはならない。 日本国の神聖な結界の張られた処だと思います。 結界とは大げさかも知れませんが。 皇族の中には、皇族としての自覚がなく結界を破り、大皿小皿のような厄をもたらす女を引き入れた輩がいます。
 皇室は、日本国の象徴です、民間企業の影響力とは訳が違います。 大皿小皿が、これまでやってきたことは取り返しがつきませんが、その代償として平民にお戻りください。 そして皇室で培ったノウハウでご活躍ください。 皇室の肩書きを外されたらただのオバサンで、誰も相手にしてくれないと思いますが、コロナ禍で国民は頑張っているのです。
あなたたちも平民として頑張りなさい!

151

インターネットが普及する前までは一般国民は作られた皇族、偽りの皇族の像しか知ることができませんでした。
テレビでの皇室関連番組や女性週刊誌のグラビアを飾る美智子さまに敬愛の視線を送っていたものです。
ご公務でお出ましになった皇族の方々に日の丸を振り手を降ったものです。
民間人はまさか高貴な立場にある方が自らにとって都合が良くない事情を隠蔽し闇に葬っていたとは思いもしませんでした。
しかし小室問題がマスコミを賑わすようになってから、国民が皇室関連のサイトやブログで情報収集、交換をするようになり、実は皇族が報道関係者に圧力を掛け不都合な事実は揉み消していたり、隠蔽していたということが次から次へと明るみに出たのです。
数々の闇に葬られた事件や事故も知り得る事が出来ました。皮肉にも平成爺さんや婆さんが目指していた開かれた皇室となったのです。

85

騙されていた!!!って思っている人はたくさんいると思います。
私もその一人。
皇室を敬っていた度合いが強いほどショックは大きい。
信用を得るのは大変だけど失うのは一瞬。
小室圭さん眞子さん問題も大問題だけど、その元凶がジョーコー夫妻かと思わざるを得ない情報(事柄)が出回っていて、半分ウソでもそれでもショック。
早く逝ってくれ、って思ってしまう自分がいる。それもまた哀しい。
天皇皇后両陛下、敬宮愛子さまに一縷の望みをかけて生きている。

62

過去記事のコメントで美智子さまが小説家の三島由紀夫さんとお見合いして断られたというエピソードを知りました。美智子さまは玉の輿狙いであちらこちらのお金持ちのご子息や有名人とお見合いを重ねていたそうですね。同じくお興入りを狙っていた紀子さまと気が合うのが納得いきました。

19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。