秋篠宮さまは“テープカットの宮様”なのか 宮家の経済活動の実際


文/小内誠一

テープカットの宮様

直接お会いしたことがあまりない皇族方のことをとやかく言うのは憚れるが、昭和天皇の二人の弟、高松宮宣仁親王(1905-1987)と三笠宮崇仁親王(1915-2016)の戦後のご活躍は、時として「テープカットの宮様」と陰で言われていた。昭和天皇があまりにも偉大過ぎたがためにその陰影は目に入りにくいものの色濃く残ってしまう。

その中でも高松宮殿下はご活躍は宮内庁でもしばしば話題になった。大先輩の侍従職らの話では「高松の宮殿下は若いころは志高く、求めるところは少ない立派な方だったんだけどなぁ。敗戦を迎えて“やる気”を失ってしまったのかもしれない」と語っていたのが思い出される。私生活の方も、喜久子さまとの間に子はなく、家庭内に隙間風が吹いていることは公然の秘密だった。外での女性関係に悶々とした思いの捌け口を求め、それを維持するために“テープカット”に勤しんだいたとしても不思議ではない。

テープカット技術の頂点に君臨するのは三笠宮寬仁親王(1946-2012)であることに異存はない。「本職は仕立屋」と絶賛されたほどだ。寬仁親王といえば昭和57年に突然「皇籍離脱宣言」をして周囲を驚かせたり色々とお騒がせ者だったことでもよく知られる。高松宮殿下と同じく家庭には隙間風が吹いており、信子さまとは別居状態で離婚寸前であった。原因は性格不一致により寬仁親王が信子さまにDVを働いていたことによるのだが、娘の彬子さまと瑶子さまは父を支持し、公然と母を非難している。事情は複雑なようだ。宮務課の知人に「あの家では何が起きているのか?」と聞いたことがあるが「複雑すぎて理解が及ばない」とだけ返ってきた。

1995年に「高松宮家と寬仁親王家の両家は、競輪・競艇などに名義貸しをして毎年1000万円近くの謝礼を受けていた」ことが国会で問題視された。当時の藤森昭一宮内庁長官は、あわてて「宮家で使う金としてではなく、公共のために寄付するご意向だった」と発表したが、宮内庁内ですらこの発表を真に受ける人はいなかった。

(高松宮宣仁親王)

宮家の経済活動はグレーゾーン

高松宮家と三笠宮崇仁親王家の場合は、極端な例だが、宮家の経済活動は禁止されているわけではない。皇室経済法が審議される際、宮内府は「宮家の経費の75%をカバーする皇族費が「年金」として支給され、残りの25%は所有地を貸すとか、勤めに出るなど独自に稼ぐ」という立場を示している。

また戦後混乱期の皇族費はかなり安く、品位ある生活を維持するために“テープカット”に勤しむのは致しなかった面がある。さすがにマズいと思ったのか、宮内庁の努力もあり皇族費は、初年度の定額20万円から、現在の3050万円まで252.5倍にまで増額されている。一方の内廷費は800万円から3億2400万円まで40.5倍の増額にとどまっている。

このように順次、皇族費は増額され、公的お勤めも多くなり、現在では実質的に内廷皇族とかわらないような扱いを受けているが、それでも宮家の経済活動はグレーゾーンのままだ。宮内庁は「公務やテープカット、総裁職などで皇族方が謝礼を頂くことはない」という建前を昔も今も繰り返しているが、“お車代”などの名目で多額のお金が動くのは事実だ。たとえば、最近読んだ本に次のようなエピソードが載っていた。

週刊誌『アエラ』(1995年10月23日号)は、ある団体が国際見本市を開き、テープカットに皇族を招いた際、「年輩の宮様なら『六〇万円』といわれ、『格下』の宮様を招いたところ、一〇万〜二〇万円ほど安く済んだ」とのエピソードを紹介している。

森暢平『天皇家の財布』新潮社、2003

この二人の宮さまとは誰だろうか? 実は高松宮殿下と三笠宮寬仁親王のお二人だったことを昨日、皇室ジャーナリストの宮本タケロウさんから教えてもらった。これと全く同じ状況が、別の本にも載っているのだ。

かつてある業界が晴海埠頭で展示ショーを行なったとき、招請を高松宮から三笠宮(寬仁親王)に切り換えたことがあったという。高松宮では四、五十万円包まねばならぬが、三笠宮なら四十万以下ですむからだったそうだ。

河原敏明『愛と哀愁の「皇室」秘史』講談社、2006

恐るべき一致に身震いした。

(三笠宮寬仁親王)

秋篠宮殿下は“テープカットの宮様”になるのか?

“テープカットの宮様”は過去のものなのだろうか? 実はそうではない。1995年に国会で問題になった後にも、高額の報酬を得ていた事案は度々報道されている。1997年12月、桂宮殿下が「大日本農会」「大日本山林会」の総裁についていることに対し、それぞれ50万円の役員報酬を受け取っていたことが判明した。宮さまは両団体の表彰式に出席しており、その対価と考えることもできたが、宮内庁は「返却してほしい」とアドバイスし、決着させた。

ところで、現在の「大日本農会」「大日本山林会」の総裁と言えば、他でもない秋篠宮殿下だ。

大日本山林会
大日本農会

また秋篠宮家は、皇嗣家となった後も、内廷皇族ではなく宮家として独立することを望まれた。その理由の一つに、自由に経済活動ができることがあったに違いない。まして秋篠宮殿下よりも紀子さまの方が“テープカット”に積極的だと聞く。宮家の名をつかって営利を企み、宮家も承知のうえで乗っかるという狐と狸の化かしあいが続いているが、秋篠宮家が“テープカットの宮様”どころか“テープカットの宮妃様”まで排出する時代が来てしまった。

17件のコメント

>秋篠宮家が“テープカットの宮様”どころか“テープカットの宮妃様”まで排出する時代が来てしまった。

今更始まった訳ではないがキコって本当に卑しいね!!
生まれ・育ちが本当に良く出ているわ。

さすがに贅沢がしたくて、体を使いアホのあーやに近づいただけあるわ。
3回も堕台を繰り返す。

最初は今上陛下を狙っていたけど失敗に終わった。

これも全て川嶋の親の教え!

307
1

栂の宮の総裁職代は、何千万‼️いくつも総裁をやらせた皿婆さん❗️公務は100万以下は、しないと豪語するホーチキ‼️娘は 公務先で車代を!と手を出す始末‼️最早、皇族の品格も無い‼️分かりもしないのに、国土交通の説明を聞く❓(その公務は、天皇陛下へ依頼があったのを横取り⁉️)オリンピック閉会式を横取りしたように?水のはなしの専門家は、天皇陛下です!ぼわ〜っとさんに説明してもなんになる!嫁は、千葉大停電の時に自分の誕生会をして国民の大顰蹙をかったね‼️
コロナ禍で、企業のテープカットも無くなり栂の宮家も崩壊すれば国民は豊かになるね‼️

264

うーん、細かいことはよく分かりませんが、団体から招請とやらがかかってお出ましになり、それに対してお金が払われるのは、高松宮家も三笠宮家も団体側もお互い利益になるなら許容範囲のような気もします、、、ちょっと敬愛する皇室像からはイメージしにくいですが(国民として知りたくなかった気もしますが)。
しかしA家は別です。こっちは自分から出席や訪問を要求、ごり押しして、お金や特産物を請求要求、もはや来られても迷惑なだけ、来られた方が世間から白い目で見られ、そこの品位が下がり何も有り難くない、マイナスになるだけ。それを国内のみならず海外でもやっているから驚き。
だから、テープカットの宮さまでも少し質が違う気がします。あっ、A家は託卵始まりの実は一般人だから、そもそもテープカットすら本来は出来ないのか!

224

てかこの冒頭の写真、見れば見るほど気分が悪くなるショットだけれども、明治天皇にも大正天皇にも貞明皇后にも昭和天皇にも香淳皇后にも上皇にも常陸宮様にも、上皇の姉様たちやその御子達にも、そして秩父・高松・三笠宮ご兄弟とその御子達にも、全っ然似てないよね~!
見ようによっては今上天皇と鼻だけ似てるような気もするけど、従兄弟って結構似ることもあるしね!
そっくりな民間人の爺さんがいるのは何故だろう??

243

私は、まことちゃんにしか見えないです。
貧相で脳天気な輩が皇族なのが嘆かわしい。

115

-実は高松宮殿下と三笠宮寬仁親王のお二人だったことを昨日、皇室ジャーナリストの宮本タケロウさんから教えてもらった。-

この一文が気になるのは、私だけでしょうか。

132
1

サムネイルの秋篠宮さまのお顔。やはり美智子さまの妹さんのご主人の安西さんに似ていらっしゃいますね。顔の輪郭、おでこの型、鼻、顎とまるで親子の様に似ていますね。
美智子さまが子宮の病気で子どもを授かる事が難しくなって妹夫婦から養子迎い入れたって噂話は真実だったのだろうな。

191
3

モノクロの正田家族の写真に佳子さまが写っていたのにはびっくりしました。瓜二つ。
若かりし頃の正田恵美子だとは。
ここまではっきりした証拠見せておきながら、堂々としたものですね。
秋家支持者は怪しすぎる。

203
1

プラス、安西のぶてるに眞子さまそっくりなのもね。
なんであちらのひい祖父さんの顔に似てるんだか。
動かぬ証拠。

188

安西のふてるの娘、三木睦子も眞子さまそっくりですよね。ネット時代全てバレバレ。

170
1

今回、東京オリンピック女子選手がポーランドに亡命した事で有名になった国、ベラルーシ。

そのベラルーシを独裁する「ルカシェンコ大統領」の顔が秋篠宮ソックリ!

テレビをジッと見てたら気持ち悪いほど似ている。

万が一、秋篠宮が次期天皇になったら恐ろしい独裁者となり、紀子は前皇后と同じ衣装を作りまくって川島一族がのさばり、贅を尽くした挙げ句、海外の要人からは嫌われ、日本は終わる事を想像して寒気がした。

169
1

 戦中戦後の皇室の方々に不自由な生活をさせてしまった名残の、今で言う御車代。
 私としては、日本国民の誰よりも恵まれた衣食住を血税で守って差し上げて、どのような公務でも無償で行って頂きたいと思いますが、国政では、どうなっているのでしょう。 決まった年額のほかに、眞子さんの小室圭を伴った旅行(いらぬこと!)など国民に知らされない大金の支出、国政は何を根拠に血税を秋篠宮家に垂れ流すのですか?
 平成爺婆の資産は200億円とか。 代々コツコツと貯めた資産かも知れません。 血税で、これだけ貯められるのですから、たとえ皇室解体となっても平民以上の生活ができます。 国政も皇族の方々の品位を尊重し、平民から金銭など受け取らないように配慮すべきでは? 血税では足りない卑しい皇族などいりません。

144
1

秋篠宮家は、皇嗣家となった後も、内廷皇族ではなく宮家として独立することを望まれた。その理由の一つに、自由に経済活動ができることがあったに違いない。
これが秋篠宮家の本心なのでしょうね。国民に寄り添う皇族ではなくて国民の血税で悠々自適な生活を送りたい。全てが金銭目当てでマスコミに注目されたい、目立ちたい。
頭を使うような難しい話が絡む公務には出たくない何故ならふさわしいコメントを述べられるほどの頭脳を持ち合わせてはいらっしゃらない様だから。
テープカットならば、マスコミの取材が来て報道されて注目を浴びることができるし、難しい作法がない。ご当地キャラクターや地元の学生の隣に並んでいればいいことなので。
お手振り、観光まがいの展示会の映画鑑賞、テープカットとお手軽に謝礼がいただける公務には何処の宮家よりも積極的に参加なさっていますものね。

85

宮家の経済活動がグレーなのは、かつての皇族。
秋家は、次期天皇家 + KK問題。完全にブラックとしか思えません。
釈明は、誰もが納得できるものどころか、疑惑が深まるばかり。

67

どうにか引き合いを出して、悪い印象を薄めたいようですが、完全に無理ですよね。
KK問題は、ほんの入口。そこから芋ヅル式に出てくる事に驚くばかり。
血税の使い道ばかりか、血筋まで怪しいなんてありえないでしょ。
同類同士としか思えない。いや、それ以上。

65

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。