紀子さまと川嶋教授を悩ませた秋篠宮殿下の“サイコパス”的気質 共感欠如に悲鳴も


文/木下聡

秋篠宮ご夫妻の過去と皇嗣家の現在

当サイトでは、先日から皇室における一種の都市伝説とでも言うべき、秋篠宮ご夫妻の過去の問題について言及している。

その理由はいくつかあるが、一つはこれらの問題が起きたのが皇室報道の規制が強化される以前の出来事であるためだ。記者クラブの弊害などもあり現在では、週刊誌メディア等における皇室問題に関する報道も自由に行うことが難しくなっている。

最近では、雑誌メディアの皇室報道に関する規制が厳しくなり、優秀なジャーナリストの一部がネットメディアに情報をリークするケースも珍しくない。玉石混淆であるが、皇室関連サイトの乱立の裏にはそういった事情もある。

とはいえ、そういったサイトの情報の中には眉唾物の情報が含まれていることも事実だ。そのため、近年における一部皇族の資質の劣化に伴う問題の深刻さについて考察する上で、比較的精度の高い情報を得るには、報道規制が強化される以前の情報にアクセスすることが重要であると筆者は考えている。

それから、もう一つは秋篠宮家の過去と現在を巡る奇妙な因果について考察が可能となる点だ。30年前にご夫妻が結婚された当初から、現在に至るまで、「紀子さまは皇族になりたくて秋篠宮さまに近づいた」といった噂は絶えない。

しかし、これは平民や一般庶民との結婚が許されることとなった現在の皇室において必然であるともいえる。この点において、上皇陛下が平民の身分であった美智子さまと結婚された瞬間から現在の「皇室の劣化」は運命づけられていたともいえる。

眞子さまのご結婚問題に関しては、婚約内定者の小室圭さんの野心の強さが問題となるが、こうした野心家の青年が一種のステップアップの手段として皇族との恋愛や結婚を活用するというケースは今後も必ず起こるだろう。

こうした問題を考察する上で、全く庶民的な家庭で生まれ育った紀子さまと秋篠宮殿下との結婚や、その後の生活について知っておくことは重要であるように思える。

幸せとは言い難い秋篠宮ご夫妻の結婚生活

多くの国民からの反対を押し切り結婚を強行された秋篠宮ご夫妻だが、その結婚生活は決して順風満帆とも幸福とも言い難いものだったようだ。

現在、眞子さまと小室圭さんのご結婚問題のトラブルにより、秋篠宮家が世間からの批判に晒される中、複数の週刊誌メディアがご夫妻の不仲についても報じている。

しかし、実はお二方の不仲は今に始まったことではない。1996年に発行された『週刊新潮』の記事においても、秋篠宮殿下が大声で紀子さまを怒鳴りつけるような激しい夫婦喧嘩を繰り返していたこと、さらに紀子さまがしばしばご実家に里帰りされていたことなども報じられている。

さるベテラン皇室記者が語るには、

「このままでは秋篠宮ご夫妻の仲が、ますますギクシャクしていくのではないか、という話は宮内庁職員や他の宮家でも、かなり以前から語られていることです。

巷間、言われているような秋篠宮殿下の浮気が原因かどうかはわかりませんが、とにかくあのお宅は、家の前を通ると、殿下が紀子さまに向かって、外に漏れるぐらいの大声で“お前は何も分かってない。もう出て行け”という怒鳴り声が聞こえるほどだそうです。

紀子さまもたびたびお里帰りをされていますが、このままでは英国王室の二の舞になりかねない、という声すら出ています」

(『週刊新潮』1996年6月20日号)

以前、『週刊文春』が、秋篠宮殿下が佳子さまの幼少期に教育と称して手を上げられていたことを報じているが、若い頃の殿下は大変激しい気性の持ち主であったようだ。

紀子さまと川嶋教授を悩ませた秋篠宮殿下のサイコパス的性質

また当時、紀子さまを悩ませていたのはこうした激しい気性だけではない、秋篠宮殿下は常識では考えられないようなサイコパス的気質を持たれていたようである。

1996年に秋篠宮殿下がタイの愛人との密会疑惑を報じられた際、紀子さまの父親である川嶋教授が御所を訪れ上皇陛下に説明を求め激しく迫ったという「川島教授、御所怒鳴り込み事件」については当サイトでも紹介させてもらったが、この時、なんと秋篠宮殿下は反省するどころか平然とした調子で周囲の者たちに「僕はボクにはタイに彼女がいるんだよ」と公言されたという。

川嶋家に近い事情通はこう語る。

「四月二十一日の件にしても辰彦さん(紀子さまの父親)が心配されて、“秋篠宮さまについて、こういう報道があるが、どういうことなのでしょうか”と陛下にお尋ねになったと聞いています。

いくら皇室に差し上げたお子様とはいえ、それは父親として当然のことでしょう。にもかかわらず、秋篠宮さまご本人はまったく気にしていらっしゃらないのか、その後もご友人とのお酒の席で “ ああ、ボクにはタイに彼女がいるんだよ ” と公言されたという話も伝わっています。」

(同前)

父親が決死の覚悟で、上皇陛下に談判を行ったにも関わらず、当事者である秋篠宮殿下がこのような調子では、紀子さまが心を病まれて里帰りされたことも已む無しと言うべきかもしれない。

また、この事件の後に上皇陛下は体調を崩され、ご静養されたそうだが、こうしたあまりにも非常識な息子夫婦とその親族らと「関わりたくない」とお考えになり逃げるようにご静養先へ行かれたのかもしれない。

また、御所へと怒鳴り込みを行ったにも関わらず、当の秋篠宮殿下がこうであるのだから川嶋教授も面食らったことだろう。

これまで、紀子さまと川嶋教授の問題について述べてきたが、皆が大騒ぎし、心身を病まれる中、友人と酒を酌み交わしながら平然と愛人について語る秋篠宮殿下のご性格も少々常軌を逸しているようだ。

20件のコメント

秋篠宮殿下は自由奔放に生きたいのですよ。
誰にも縛られず、指図されず。煩わしい事には関わりたくなかったんですよ。本当は結婚だってしたくなかった。まだまだ沢山の女性と交わりたかった。父親になって子育てとか責任を取りたくなかった。心は永遠の冒険少年だったんですよ。
ご自身が暫定次期天皇という責任のある立場になり逃げたくても逃げられない。最近の覇気がないお顔自信無さげのお声から伺えます。

266
2

この記事を読むと如何にキコが被害者で川嶋の父親が”娘を心配する”親のように見えるがが、親だってまともな人間ではないし、アホの夫婦もどっちもどっちでしょう!!

二人とも無教養で非常識・超我儘で性格も悪い、お似合いのバカップルです。

398

 そのとおりです❗
「紀子さまと川嶋教授を悩ませた~」
 何を今更悩んでるのですか? 三度も堕胎する期間に秋篠宮の性格などお見通しだったのではありませんか? そんな秋篠宮に娘をねじ込んだのは、川嶋夫婦でしょう!
 そんな娘のおかげで、血税を無駄遣いされ、恥をかかされ悩んでいるのは国民です! 川嶋親子が悩むのは自業自得です。 今度は国民が、川嶋親子にねじ込みましょうか? 因果応報です。

97

一説には、教育者の娘の性教育もせずに何回も堕胎させて胎児のホルマリン漬けを持ち野中広務さんと怒鳴り込んだパラサイト川島❗️貴方だって同盟の女性に手を出して海外へ左遷させられてんじゃないの❓パラサイト川島も栂の宮もどっちもどっちだよ‼️里帰り❓同じ建物なんだから移動しただけじゃない笑笑社会的に常識の無い夫婦だから、未だに眞子丼の始末もつけられない‼️

132

>なんと秋篠宮殿下は反省するどころか平然とした調子で周囲の者たちに「僕はボクにはタイに彼女がいるんだよ」と公言されたという。

そういえばお茶刃物事件の時も、ミテコさんに「とりあえず国民(お茶の児童)に謝りなさい」と諭されて、「こっちが被害者なのに何で謝らなきゃならないんだ。」と突っぱねてシカトした、という話がありましたね。

274
1

サイコパスて(笑)。
じゃ、令和の次はサイコパス天皇ですか?
有り得ませんよね。そんな未来は願い下げです。

一方のカワシマ父娘の気性だって相当強烈ではないですか? 要するに、

◆我の強い者同士が相手を支え労れるわけがない
◆秋篠宮が火病持ちのボンクラに育ったのは、ミテコ婆さんが甘やかせたから。紀子のヒステリーは、直ぐ皇居に乗り込んじゃうカワシマ父の短慮が遺伝として入ったから

だと個人的には思ってます。

さて、国民の祝福なき結婚の末路がどうなるか。
現在の秋篠宮家を見るとなるほど家庭内一家離散!!
前例の未来=現在相当ボロクソな展開ばかりで、いい話がひとつも無いというのも稀有(褒めてない)

ゆえに最後にもう一度。
サイコパス天皇なぞ要らぬ。
つか、秋篠宮家が丸々要らぬ。
これに尽きる。

356

腹に力の入っていない声でコビッドナインティーンと誇らしげに話す秋篠宮の馬鹿さ加減には驚くばかり。自分がどう見えるのか感じる感覚が全く欠如している。

それは紀子さんも同じ。ガサツない歩き方で、秋篠宮を追い抜かそうとしたり、高速カーテシーで海外の王族に挨拶。恥ずかしいったらありゃしない。

眞子さんは眞子さんで、タカリ屋のホストと結婚したいと言って聞かない。

佳子さんは腹出してクネクネ色っぽいダンスを一日中踊っていたい皇族。有り得ない。

悠仁くんは正体不明だが、刃物事件の時はなぜか長野に一人で行っていたとか、地方の国民の作文コンクールに突進して、佳作を国民からもぎ取る有り様。

人からどう見えるかなんて、お構い無しのエセ皇族。

全員、皇族がなんたるかを深く考える頭も持たないで特権だけ享受することしか考えていない。サイコパスもあるかもしれないが、ボーダーな人達じゃないんでしょうか。そうとしか思えない言動が多過ぎる。

302
2

秋篠宮の愛人宅はタイでは有名で
タクシーも案内してあげるというくらいツアーコースのようですよ。川島親子が押しかけ皇室入りして何も言える立場ではないでしょう。帰国子女と嘘までつき経歴産まれも隠蔽だらけ。秋篠宮はタイで暮らせば問題はおこらない。身の丈にあう暮らしをするべきです。秋篠宮家などと名前をつくり前例のないコウシなど不必要です。税金泥棒といわれてもこの宮家は納得です。早く離脱して出ていきなさい。

319

木下さん
紀子さんもその父親もコーシもどっちもどっち、目くそ鼻くそだな~というのが感想です。
コーシは我が儘放題に育てられ、ジャーナリストの篠原さんの情報(正しいとして)でもあちこち飲み歩いてはお口が軽かったとありましたから、タイの彼女に関してもそんなものでしょう。それにまだ90年代なら、コーシの方が立場も強そうですし(想像ですけど)。
紀子さんと父親に関しては、だから可哀想だったとは全く思いませんね。それも込みでのシンデレラストーリーだと思いますよ。現在聞こえて来る紀子さんや実家の話は(正しいとして)凄まじいものがありますし。
ところでひとつ質問があります、。
紀子さんが度々実家へ帰った時、どこへ帰ったんですか?学習院のアパート?まだあそこはあったんですか?まだあそこに住んでたんですか?それとも別の場所?それとも皇居内の別の部屋?
よろしくお願いします。

255

あの職員住宅が取り壊されるまで住んでいたと読んだことがありますよ。ドケチですからね。

その後は紀子さんから迂回させた資金で、マンションや別荘を買ったんじゃないですか?別荘のカーテンだけで2000万とか読みましたが? 
でも母親は悠仁くんの子守り、弟は赤坂御用地に住む動物を調べるという口実で、長く秋篠宮邸に居たみたいですね。もともとは皇族共用邸だった赤坂東邸まで自分の宮邸にしてしまっていたとか。改装やら改築を何度も何度もして貰って拡大していった秋篠宮邸。

251

そうなんですか!
ありがとうございます。
赤坂からいい車に乗せて貰って、あのお嫁入り時に散々撮されたアパートに横付け、階段をカンカン上がって鉄扉をギーと開け、実家で旦那の浮気を嘆いたのですね(想像ですが)。うーん、庶民的・・・(アパートをバカにしているのではありません。これが皇族、に疑問符をもつだけ)。
まあしかし体を張って0円婚に漕ぎ着けたわけですから、旦那に誠実さまで求めるのは虫が良すぎると思います。皇后陛下のように何度も願われてお嫁入りしたわけじゃないですし。
とにかく、タイの愛人や佳子ちゃんへの暴力、2000万のカーテンに実家の赤坂住み着き疑惑、
破れ鍋に綴蓋の夫婦ですね。

212
1

なるほど。”謝らない男小室圭”は、秋篠宮の身の丈に合った人選だったということだね。

197

小室圭は秋篠宮一家には似つかわしくはある。嘘で塗り固めた宮家には詐欺師が似つかわしいということだったんだろう。

秋篠宮家に集う新聞記者やジャーナリストもどきや学者達も、虚飾を盛り上げるだけの、似たようなエセ者ばかりに違いない。

上皇夫婦のお取り巻きもね。

191
1

「紀子さまと川嶋教授を悩ませた秋篠宮殿下の“サイコパス”的気質 共感欠如に悲鳴も」って(笑)

皇室に「ホルマリン漬け」を持ち込んで天皇陛下を恫喝したり、何度も中絶を繰り返す等命を平気で粗末にするような親子も相当な「サイコパス気質」だと思うけどね(笑)

要するに、単にサイコパス同士が引かれ合って夫婦になっただけのことじゃないの?

共感欠如?? 紀子も職員イビりをして何人もの職員を病ませたり退職に追いやったりしてる訳だからこちらの方もかなり「共感欠如」してるよね?
おまけに雅子さまの気持ちも考えずに平気で男の子作ってドヤ顔したり、こっちの方も秋篠宮に負けず劣らず相当人格酷いよね?
まあ、秋篠宮からしたら元々紀子は兄のことを狙うなど完全な皇室狙いで自分のこと本当に愛してた訳ではないんだから、別によそに女作っても問題ないよな?ってことだったんじゃないの?
望み通り皇族にしてやって、川島家家族もろとも全員贅沢三昧させてやってるんだから、こっちも好き勝手にやらせてもらう、浮気ぐらいでイチイチ文句言うな!ってことでしょうね。

夫婦二人揃ってサイコパスで他人への思いやり皆無の「共感欠如型」人間なんだから、とーぜん子供も全員サイコパスで共感欠如型に育つのは当たり前!
現在の小室問題は起こるべくして起きた問題だと思うよ!

151
1

激しく同意します。
どっちもどっちですが、川島一族の方がサイコパスかも。
だって命を野心の道具にしてますから。
何度も堕胎出来る神経も凄いですし、それをネタに結婚を迫る父親にしたって、娘を野心の道具にしています。普通の父親だったら、娘を何度も妊娠させ堕胎させるような不誠実な男に大切な娘を出せません。しかもその堕胎を繰り返した娘は、今度は野心のために倫理違反を犯して子供を製造するのですから人の心は持ち合わせていません。
川島家にとっては子供は「手段」なのでしょう。
おー怖い怖い((( ;゚Д゚)))

126
1

同感です。

そもそも、家の中に沢山の剥製があるのもなんか不気味。
生き物は嫌いなのかな?
川辰も、いくら何でも一応、自分の孫に当たる赤子のホルマリン漬けを作ると言う発想が考えられない。
そのくせ、自宅を若い二人の為にホテル替わりに開放するなんて…

124
2

秋篠宮家では昔大型犬をペットに飼っていて、悠仁君が毎朝お世話をしていた?みたいな記事も載っていたのに、いつの間にかその記事が消えてしまった(笑)

あの犬一体どうなったんだろーね?
もしかして剥製??

83

そうだ!秋篠宮家には「ディーセント」って名前の犬がいたんだよね。

ひさくんが3歳になった時に(2009年の時)、

【 飼い犬のラブラドルレトリバー「ディーセント」に餌をやるのが朝夕の日課で、悠仁さまは「ディー」と呼んでかわいがっている】って、アチコチの新聞記事に載ってたのに、何故か2016年末の女性誌には、

【 実は、秋篠宮さまと悠仁さまは大型犬を飼われたいと望まれているのですが、紀子さまに“大きな犬だと悠仁が引っ張られて危ない”と反対され、未だ夢は叶っていないそうです」(秋篠宮家関係者)】

と掲載され、何故か7年前に飼ってた筈の「ディーセント」の存在が無かったことにされてるんだよね!
まだ小さい3歳の時には餌やりをさせていたくらいなのに、10歳位になったら「危ない!」っていうのも???

しかもこのディーセント君の載った記事は今どこを探してもネットに出てこない(笑)
よっぽど秋篠宮家にとって都合の悪い記事みたいね!

その後ディーセント君の身に一体何が起こったのだろう?
今頃部屋の中に剥製として飾られてるのだろうか・・・?

ホントてんじくねずみの件といい、水子といい、秋篠宮と紀子は生き物の命を粗末に扱うよな❗

70

そう言えば、清子さんの犬(チヨ)を訓練所に預けたらいなくなり『自分で出て行ったので、探さなくていいです‼️と言ったのですよね。無責任な兄妹だね❗️

77
1

過去の週刊誌報道などを掘り起こしていただいて感謝。
まだまだ知らないこと、沢山ありそう。
色々つなぎ合わせると別の角度から見えることもある。

87
1

平民です へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。