安倍元首相の銃撃は「口封じ」だった? 悠仁さま「産み分け」を知る数少ない当事者


「安倍元首相は、第一次安倍政権が発足する以前、小泉政権の官房長官であった時代から秋篠宮ご夫妻とは懇意な関係にあったのですが、一方で、秋篠宮家に関する重大な秘密を知っており、秋篠宮ご夫妻にとっては、大事な味方であると同時に、油断のならない人物でもあったようです。

まさかとは思いますが、今回の事件でも、首相を辞めて政治的な権力を失い用済みとなった上に、下手に暴露などをされても困るという事で、口封じのために消されたのではないかとも噂されています。まあ、殿下も紀子さまも怖いお人ですから」(宮内庁関係者)

「紀子さま第3子は“男の子”!」と題された記事の冒頭には次のように書かれている。

「日本に男子の天皇の跡継ぎが生まれるかもしれない」―。世界的な通信社であるAP通信は、今回の紀子さまのご懐妊をこう打電している。当初は男子と断定して打電という説まで流れた。

「秋篠宮ご夫妻が男女の産み分け法で男の子の出産を目指されたという情報は関係者の間で根強く語られています。おそらくその情報をキャッチしたうえでの書き方ではないでしょうか」(全国紙記者)

『女性自身』2006年2月28日号

安倍さんは演説もうまく、街頭演説を最初から最後まで飽きずに聴かせる話術がありました。

北朝鮮への対決など勇ましい部分に惚れた人は多かったのですが、紀子との間で知ってはいけない秘密を知ってしまった可能性はあります。

いまや典範に違反しない正統なる皇族かどうか、偽皇族となる非嫡出児だったのではないか、美智子上皇后は文仁の伯母なのではないか、とDNA鑑定であっさり決着がつくはずの科学的疑問が呈されています。

美智子は自身と夫の火葬を求め、夫は生前退位へとなると、奈良は解放勢力が強力な暗い土地柄でもあり、ここでご指摘の可能性もないとはいえないと思えてきました。

速報、良記事ありがとうございました。

息子が学校で恥さらしなことばかりしているので、さしもの男系男根派も分裂しはじめてきているから、この事件を○○が指揮していたのではとの話は、噂だけでも愛想を尽かされる結果になると思う。

たとえ最後まで背後の指令者名がでなくても、もし容疑者の”自殺“(限りなく他殺に近い、消される話はよくある通り)などが起きて曖昧にされても、ここの記事にあることはきわめて筋の通る話なので、知りすぎた男への暗殺指令説はいつまでも残り続けるはずだ。

FNNでは安倍昭恵さんまで襲撃されるのではないかと奈良では厳戒しているとのこと。病院の見舞いでは、廊下で銃撃された例もあったと解説。
つまり奈良県警は、いまは単独犯とはみておらず、どこかからの暗殺指令があり、秘密などにつき口封じを目論んでいるとの説も荒唐無稽とはいえない。

的確なる宮内庁関係者のコメントをとって頂き、ありがとうございます。
事件の本質をまさに言い当てている一言ですね。

すでに森友学園の夫妻が使い捨てにされています。あそこはヒソヒソくんの御療育所になるとも言われていたのだけに、あっさりポイされて、刑務所にまで入れられそうになってはちょっと気の毒でなりません。

皇宮警察の不祥事も以前からわかっていたはずなのに、いまになって世に出てきたことをみても、秋家が相当おいつめられていることが窺われ、機を見るに敏な政治家たちの掌返しに苛立つさまは想像に難くありません。

このことがきっかけとなり、口封じによる権力奪取の方向ではなく、怒れる民衆の力で、偽者一家は改易される方向に流れるのではないでしょうか。

だって、辞めた総理を暗殺してみてもいまの政権に打撃を与えることにはならず、何のためなのか、さっぱりわからないですが、ここで書かれているように、暗殺することで利益を得る人は誰なのかと推理すれば、はは~んと答えはみえてくるからです。

3件のコメント

皇室遅報にしては、新しい記事内容。

>すでに森友学園の夫妻が使い捨てにされています。あそこはヒソヒソくんの御療育所になるとも言われていたのだけに、あっさりポイされて、刑務所にまで入れられそうになってはちょっと気の毒でなりません。

ここのところ、皇室問題とは離れるようだが、とても興味深い。
実際、森友問題で大事な部分(安倍晋三が関わったという記述)は読めないようにする指示を出した佐川氏はほぼ無罪放免、退職金全額、天下り先まで用意された。

赤木雅子さんが告訴するや賠償金1億円余りが直ぐに支払われ、裁判にさせないように動いた。
他にも安倍晋三の犯した犯罪疑惑はたくさんあるが、有耶無耶どころか全て「国葬」で「立派な元総理」という美談に。

そういうところが、今の皇室:元皇后・秋篠家に似ているようで 恐ろしい。

篠原常一郎氏のYouTubeによると、文仁さんは酔った勢いで「長男は遺伝子操作で作った。女の受精卵は廃棄した」と話したという。

コムロ母子周辺だけでなく、元皇后・秋篠家周辺には不審死が多い。
海に浮かんだジャーナリスト、砲弾をぶちこまれた出版社社長宅、川島紀子さんの学生時代の事を話した篠沢教授の妻のひき逃げ事件。
篠原氏の生命の危機を感じる。

17

鬼こさんは毎晩のように安倍氏と電話で話をしていたそうですね。その内容は秋さんとの夫婦の関係や私的なことも多かったようです。

相談相手として重要な秘密を話した相手のことを憎むようになるのはよくあることのようです。人を動かし便宜を図ってもらったり忖度されるのが当たり前。少しでも気に要らないことがあると自分の非を認めず人を責めたり憎んだりする。

鬼こさんには女官を使い政治家へ摂待させていた。との話があるようですが、人としての節度を超えてしまっている恐ろしい人です。

16

女官と川嶋紀子で、官僚や、政治家への性接待を繰り返し、宮邸建設費水増しで、やっと今の財をなしたようです。
川嶋紀子の性接待の現場は、赤坂エクセルホテル東急の一室。
川嶋紀子は、合コンと称し、ホテルでの官僚や、政治家への性接待を繰り返した。

川嶋紀子が、官僚や政治家との性接待の現場として、赤坂エクセルホテル東急の一室を選ぶのは、歩く距離が短いために、人目に付きにくいためです。最近は、比較的、政治家との性接触が増え、宮内庁よりも、内閣官房にコネクションが強くなった。

川嶋紀子が、官僚や政治家との性接待の現場として、赤坂エクセルホテル東急の一室を選ぶが利用するのは、スタンダードツインが、多い。警備の都合。

女官からの告発だとしたら、勇気ある女官❓️
それとも、パワハラで退職した方が落ち着いてからの投稿かしら?

17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です