国民から祝福されなかった“悠仁さま御誕生”「愛子さまが天皇のはずでは?」の声多く


安倍政権退陣で加熱する皇位継承議論

先月8月28日、安倍首相は記者会見にて、持病が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を表明した。

安定的な皇位継承策をめぐる議論の本格的な開始を前にして、保守派の政治家として男系皇統の維持に強いこだわりを見せていた安倍首相の辞任が決まったことで、皇位継承に関する議論が盛り上がりを見せているようだ。

「多くの国民が女性・女系天皇の容認を望む中、安倍首相は男系皇統の維持に強いこだわりをみせ、それが皇位継承議論を先延ばしにする原因ともなっていました。

ですが、現在の皇位継承順位の維持を目指していた安倍政権の退陣が決まったことで今後は、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正の議論が一気に進展する可能性もあります。

特に、以前から女性・女系天皇容認について言及していた石破氏が首相となった場合には、世論の後押しも得て、一気に女性・女系天皇容認の方向へ議論が進んでいくのではないでしょうか」(全国紙社会部記者)

悠仁さまは皇統断絶の危機を救う救世主か

現在の皇位継承議論は、一言で言ってしまえば、次の世代の天皇を天皇ご一家の長女愛子さまとするのか、秋篠宮家の男子である悠仁さまとするのか、という問題に集約される。

悠仁さまがお生まれになる以前には、天皇家にも秋篠宮家にも男子がおらず、天皇ご一家の長女である愛子さまが天皇陛下(当時は皇太子殿下)の次の天皇になると考えられており、実際、小泉政権時代には愛子さまの皇位継承が可能となるよう、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案が国会に提出されようとしていた。

悠仁さまがお生まれになったのは、まさに多くの国民の間で「愛子さまが将来の天皇に」という期待が高まっていたタイミングであった。

そのため、男系皇統の維持にこだわる一部の保守派からは、紀子さまの第三子ご懐妊の報は大変喜ばれ、「紀子さまの第三子が男子であった場合のために」として、女性・女系天皇を容認する皇室典範改正案は凍結となった。

また、メディアでは、紀子さまの第三子ご懐妊の報道に関して異様な盛り上がりを見せ、中には、第三子の性別が判明する前から「皇太子家不要論」を声高に唱える評論家まで現れた。

おまけに、こうした論者の一部は、「皇室に残ることは雅子さまにとっても不幸である」として、あたかも雅子さまを想いやるかのような調子で「皇太子家不要論」を唱えるという極めて不敬かつ偽善的な論を展開する者もいたのだ。とはいえ、多くの国民は、こうしたマスコミのバッシングや世論誘導に惑わされることはなく、雅子さまや愛子さまへの敬意や愛情が失われることもなかったようだ。

「マスコミによる皇太子一家バッシングとは裏腹に、実は、悠仁さまがお生まれになった時点で、国民の中には愛子さまのファンもかなり多くおりました。

男系男子による皇位継承の維持にこだわる一部の保守派からは、悠仁さまは皇統断絶の危機から皇室を救う救世主のごとくに見られていましたが、一方で、多くの国民からは、愛子さまから皇位継承資格を奪う皇統の簒奪者のように見られていたようです」(前出の社会部記者)

現在、皇位継承議論の盛り上がりに関して「愛子さま派と、悠仁さま派で国民を二分するのか!?」などといった批判的な意見も述べる評論家もいるが、実は、こうした対立は、今に始まったことではなく、紀子さまの第三子ご懐妊が明らかになった時点から現在まで長きにわたって続いているのが現実のようだ。

国民からさほど祝福を受けられなかった悠仁さまのご誕生

紀子さまの第三子ご懐妊が発覚した後には、マスコミ各社は大々的に報じ、国民的慶事であるかのように大変な盛り上がりを見せたが、一方で、国民の受け止め方は反応はそれとは違った。悠仁さま誕生後には、テレビ各局がこぞって特番を組んだが、視聴率は思ったほど伸びなかったようだ。

テレビ各局は、歴史的な男児誕生の日の朝から、宮内庁や病院前での中継を行い、特別番組を編成するなど異例の態勢を取った。だが視聴率は、期待していた以上には、伸びなかったという。

『愛子さまと悠仁さま―本家のプリンセスと分家のプリンス―』大島真生著(新潮新書)

「多くの国民が待ち望んだ40年9カ月ぶりの皇族男子の誕生は大変な祝福を受けるはず」そのような紀子さまの期待は見事に打ち砕かれ、TV局各社も、あまりに期待外れな特番の視聴率に対し、ほとんど肩透かしを食らったような気分になったという。

どうやら、紀子さまも大手マスコミ各社も、雅子さまや愛子さまがどれほど多くの国民から愛されていたのかを理解出来ていなかったようだ。

悠仁さま誕生まで、過去、五年にわたって愛子さまの成長を見守ってきた国民の中には、愛子さまのファンも、かなり多いとみたれている。平成一四年四月、愛子さまの誕生に伴う一連の行事が終了したのを受けて、雅子さまは出産後初めての記者会見に臨んだ。「本当に生まれてきてありがとう、という気持ちで一杯になりました」と涙ぐんだシーンは、多くの国民の心をとらえた。

そういったファンの人たちの中には、「これで愛子さまが天皇になれなくなる」といったとらえ方をする人も少なくなかった。視聴率が伸びなかった背景には、こうしたことも影響したのかもしれない。

同前

現在では、これまでにないほど、雅子さまと愛子さまに対する人気や支持は強く、多くの国民が「是非とも次の天皇は愛子さまに」といった想いを抱いている。

今後、皇位継承議論がどのような方向へ進んでいくかは分からないが、次の政権が、こうした国民の切なる願いに率直に耳を傾けてくれることを願いたい。

10件のコメント

少なくともズルばっかりの人間に天皇は全く相応しくない。
素質も器も感じられない。
国民の総意に全く基づかない。

故に愛子天皇一択でしょう。

138
1

坊ちゃんの人間形成を阻むキーコ❗️無理矢理入った筑附でもモンペ炸裂で警備員が木の影や校舎で見張り!同行したスケさん、カクさんも毎日の報告をするチクリ!スパイ!と生徒に言われる始末!部活は、体験でフットサルをやったがボールを回してもらえずにバトミントンなら楽勝?手な具合で入部したけれど新入生だから始めはシャトル拾いとラケット磨き!それを聞いたモンペキーコは筑附の職員室に怒鳴り込み未来の天皇に雑用をやらせるな❗️と云う事で男女一緒の練習に参加する事になりましたとさ!バトミントン部には、生徒に人気のある女生徒が居てヒーくんいやらしい目で見て女性部員からクレームが出ているらしい?がくせいのうちに相手を❗️を実戦するつもり?暇があるなら勉強しろ❗️部活のルール守れ❗️

90
1

カヨはパパ活で学費を調達したモンペ。
キコは税金で裏口代警備代捏造作文代を調達したモンペ。

こんな宮家から次期天皇、次々期天皇が出るのでは
「日本で子ども産めない。育てられない。」とまともな人は思うだろう。

76
1

出自不詳のアホのアーヤとノーパンの家の子で、上の姉は角田圭の女房で下の姉は臍出しの税金泥棒御一家。
これがショーライのテンノウと言われても、国民は困惑するばかりなのであります。

80

小泉政権時
皇室典範の見直しを検討し次の天皇は敬宮さまとほぼ決定していた
そこへ紀子が男子を身籠もっていると
安倍が左手かざして発表
 誰がどう見ても妊娠テロだと思ってしまう状況
男子か女子かも分からぬ日数の時なんで男子と言い切れるのか
これを境に秋篠宮家はぐちゃぐちゃの好き放題が許され
今や崩壊の危機に

77

ファンの多さで天皇決めるのか?バカも休み休み言えよ こんな記事書いて恥ずかしいと思わないのか?ファンが多くいるからとか 悠仁さまが天皇になるに決まっているだろ 男系男子が継承するんですよ 愛子さまは男子か?違うだろうが

男系男子のみが天皇になる⁉️

文仁さんは、皇統のお血筋じゃない上に 女系男子❗️
しかも、学習院始まって以来の馬鹿者。それが、も1つ低能の化け物を皇室に連れてきた❗️

H仁⁉️ 文仁さんより出自が怪しい❗️
父親はダレ⁉️ 母親はアレ⁉️

57

「女系」とは皇族の女性から生まれた人という意味だから、文仁は「女系男子」ではなくて、「一般人」です。

17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。